フード 病気

【ペット栄養士が厳選!】胆泥症の犬におすすめのフード7選。

【作成日】2019年4月16日

【更新日】2020年5月26日

 

飼い主さん
うちの犬が胆泥症になっちゃって・・・

治るのかな?どんなフードをあげればいいのかな?

できることしてあげたいです。

 

上記のような不安や疑問について、

ペット栄養管理士の筆者が解説させていただきます!

 

胆泥症とは

犬の体には「胆のう」という臓器があります。

そして胆のうの中には、「胆汁」という脂肪の消化を助ける酵素が貯まっています。

この胆汁が泥のように粘り気を増した状態を「胆泥症」といいます。

 

胆泥症は、超音波検査で発見されます。

また血液検査をすると

  • ALP
  • AST
  • GPT
  • GOT

などの項目が上昇していることもあります。

 

参考

胆泥症は異常な所見だけれども、病気とは言えない、というのが獣医療での考えです。

「胆泥症を放置すると、胆のう粘液脳腫※になる」という説もありますが、因果関係は確実ではないです。

ただ、胆泥の粘り気が強すぎたり、大量になった時には「胆のう炎」になる可能性があります。


※胆のう粘液嚢種
胆汁の粘り気がとても強い状態で、胆のう破裂につながることがある。

 

 

胆泥症の原因

なぜ胆汁が泥のようになるのか、について明確な原因はまだ分かっていません

ただし、以下のようなポイントが指摘されています。

  • 高齢犬に多い。
  • 高脂血症と関連がある。
  • クッシング症候群と関連がある。
  • 甲状腺機能低下症と関連がある。

 

 

胆泥症の治療方法

 

胆泥症になったときには、大きく3つの治療を行うことが多いです。

  1. 手術
  2. フード

順に解説していきます。

 

ウルソデオキシコール酸(通称ウルソ)という薬を使うのが一般的です。

ウルソは、胆汁の流れを改善する、という作用があります。

 

ただし、どの犬でも100%効くとはいいきれません。

ただ副作用が少ないため、胆泥症の時に使われることが多いです。

 

 

手術

上では以下の考え方は誤り、と書きました。

「胆泥症を放置すると胆のう粘液脳腫になる」

 

ただこれを信じている獣医師は、すぐに「胆のうの摘出手術」をすすめることがあります。

しかし最新の研究で、

「手術はやりすぎである」と考えられています。

 

ただし、以下の場合は手術を検討しなければいけないケースもあります

  • 胆汁の粘り気が強い
  • 胆汁の量がかなり多い

 

フード

「胆泥症はフードで必ず改善する」という病気ではありません。

ただし繰り返しですが、胆泥症については次のようにも指摘されています。

 

  • 高脂血症は、関連がある。
  • クッシング症候群は、関連がある。
  • 甲状腺機能低下症は、関連がある。

 

高脂血症やクッシング症候群、甲状腺機能低下症は総称して「脂質代謝異常症」と呼ばれます。

つまり胆泥症の時には、脂質代謝異常症でフードをあげるのがベストと考えられています。

 

脂質代謝異常症の時には、以下のようなバランスがおすすめです。

  • 消化がいい。
  • 脂肪分が低い。
  • カロリーが低い。(肥満は脂質代謝異常の原因)

 

ピー子センパイ
フードの効果は必ず出るとは言えないですが、あげて損もありません。

薬と違い、副作用がないからです。

 

 

胆泥症におすすめのフード7選

ということで、

胆泥症に使えるフードを7つ、まとめてみました。

 

消化器サポート低脂肪(ロイヤルカナン)

1kg・3kg・8㎏

消化器サポート低脂肪は、ロイヤルカナンの療法食です。

この記事で紹介するフードの中でいちばん販売歴が長いです。

それにともない、治療実績も十分あります。

 

製品の重要なポイントは、以下の通りです。

ポイント

  • 脂肪分は、かなり低い
  • 消化率も高いので、便の量が少ない
  • カロリーは低くないので、「やせてて胆泥がある子」に向いている

 

脂肪 7.0%
カロリー(/100g) 346kcal

 

 

粒は四角い形で、やや大きめです。

チキン味です。

粒のサイズが、小型犬にはネックになるかもしれません。

 

 

消化器サポート低脂肪は販売歴が長く、ネット上で口コミも多数出てきます。

一部を引用します。

 

 

我が家の4匹のチワワのうち、胆泥症の子が2匹。その子たちのために毎回購入しています。
胆泥症がわかってから2年弱。その後のエコー検査でも悪化はしていないようですのでこのまま続けようと思います。
ただ・・チワワにはこの粒は大きくて食べずらいので小粒サイズがあれば本当にうれしいです。

 

粒サイズを気にしなければ、安心してトライできるフードといえます。

 

 

 

i/d ローファット(ヒルズ)

1㎏・3㎏・7.5㎏

 

i/d ローファットは、ヒルズの療法食です。

上記の「消化器サポート低脂肪」と似たコンセプトです。

 

ただ消化器サポート低脂肪より塩分が1/4くらい少ないため、よりシニア犬向けといえます。

また「自然の酸化防止剤を使っていること」も違いです。

 

栄養面でのポイントは、以下の通りです。

ポイント

  • 脂肪分は、かなり低い
  • 消化率も高いので、便の量が少ない
  • カロリーは低くないので、「やせてて胆泥がある子」に向いている

 

脂肪 7.9%
カロリー(/100g) 336kcal

 

 

 

粒は少しいびつな三角形で、決して小粒とは言えません。

チキン味です。

 

 

 

愛犬(トイプードル)の胆泥症が改善されました。
匂いもいいし、美味しそうに食べます。

 

こちらも粒サイズにこだわらない方であれば、安心して使えます。

 

 

消化器サポート低脂肪とi/dローファットのくわしい違いは、以下でも紹介しています。

 

 

i/d コンフォート(ヒルズ)

1kg・3kg

 

i/d コンフォートは、ヒルズの療法食です。

i/dローファットとほぼ同じ栄養バランスですが、2点大きな違いがあります。

 

  1. 小粒タイプである
  2. ストレスケア成分を配合している

ストレスケア成分

加水分解ミルクプロテインを配合。

おなかがゆるくなりやすい、環境の変化に弱い、など神経質な面がある犬への有効性が証明されている。

 

よて、i/d ローファットより「小型犬向け」「繊細な面がある犬向け」といえます。

 

栄養バランスのポイントは、以下の通りです。

ポイント

  • 脂肪分は、かなり低い
  • 消化率も高いので、便の量が少ない
  • カロリーは低くないので、「やせてて胆泥がある子」に向いている
  • ストレスケア成分を配合。

 

脂肪 7.7%
カロリー(/100g) 335kcal

 

粒は丸い形をしています。

チキン味です。

 

 

 

 

 

犬心 糖&脂コントロール

 1kg

糖&脂コントロールは、犬心シリーズの療法食です。

動物病院では取扱いがないですが、使用者は多いフードです。

 

製品名の通り、脂質が大きくカットされています。

それにより、7つの脂質代謝異常症をカバーできることが明記されています。

 

  1. 胆泥症・胆のう粘液脳腫
  2. 高脂血症
  3. クッシング症候群
  4. 甲状腺機能低下症
  5. メタボ・肥満
  6. 膵炎
  7. 糖尿病

 

製品のポイントは以下の通りです。

ポイント

  • 脂肪がかなり低い。
  • 数少ないナチュラル療法食。
  • 胆泥以外にも、7つの疾患をケア。
  • 200gの事前サンプル(送料無料)があるので、気楽に試せる。(後述)

 

粗脂肪 5~9%
カロリー(/100g) 325kcal

 

 

粒は細長い形です。

ビーフ、チキン、馬肉を使っています。

 

 

 

広く病状をカバーでき、無料サンプルもあるので、どれを使えばいいか悩んでいる方には使いやすいと言えます。

 

 

犬心は公式サイトから購入できます。

Amazonや楽天市場では売っていません。

 

公式サイトでは、200gのサンプルがもらえます

 

  1. 通常購入(1袋買う)
  2. まとめ買い
  3. 定期コース

の3パターンの購入方法のうち、2と3で事前サンプルがもらえます。

 

サンプル申込の流れは以下です。

公式サイトにアクセス

 

サンプル申込みはコチラ

 

糖&脂コントロールの口コミや特徴など、さらに詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

 

 

メタボリックス

1㎏・3㎏・7.5㎏

メタボリックスは、ヒルズの療法食です。

「フードの中の脂肪を少なくする」ではなく、「体内の健康的な脂肪代謝をサポートする」コンセプトです。

他のフードとは少し毛色が違うと言えます。

 

ですが、「60日間で13%の減量に役立つ」ことが証明されている、科学的な根拠があるフードです。

また、メーカーのパンフレットでも「胆泥症」「高脂血症」に対応していることが明記されています。

 

ポイント

  • 脂肪の量は少し多い。
  • ただ「多少脂肪分があったほうが、胆汁が排泄されやすくなる」という研究者もいる。
  • 太っていて胆泥がある子」に向いている。

 

脂肪 11.5%
カロリー(/100g) 310kcal

 

 

粒はいびつな形ですが小粒です。

チキン味です。

 

 

小粒タイプで、サイズも豊富です(1㎏・3㎏・7.5㎏)。

太っている犬には使いやすいフードといえます。

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥9,764 (2020/10/27 08:48:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

また「尿石ケア」「関節ケア」を同時にできるタイプもあります。

 

メタボリックス+尿石ケア ↓↓

 

メタボリックス+関節ケア ↓↓

 

 

満腹感サポート 小型犬用(ロイヤルカナン)

1kg・3㎏

 

満腹感サポート 小型犬用は、ロイヤルカナンの療法食です。

7つのフードでいちばん低カロリーなので、肥満犬におすすめです。

動物病院での改善事例も複数報告されています。

ポイント

  • 脂肪はいちばん少なく、獣医師がすすめることも多い
  • カロリーも低く、ダイエットにも効果的
  • 食物繊維が多いため、便の量が増える

 

脂肪 9.5%
カロリー(/100g) 267kcal

 

粒は丸い形でちいさめです。

チキン味です。

※満腹感サポート小型犬用は、もともと「満腹感サポートスペシャル」という名前でした。

 

ただ塩分量が高めなので、7歳以上のシニア犬には使わないほうが無難です。

また合成の酸化防止剤が使われていることや、原産国が韓国になるなど、何かと不安点も指摘されているのも事実です。

 

これらが「即危険」というつもりはまったくありません。

ただ不安な方は、以下の記事で解説していますので、納得の上で検討するといいですね。

 

ロイヤルカナンの韓国工場は安全?代替品も解説。【内情暴露つき】

続きを見る

ロイヤルカナンが使う酸化防止剤「BHA」はどれだけ危険なのか?

続きを見る

 

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥5,880 (2020/10/27 16:08:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

KA(自然の森製薬)

1㎏

 

KAは、自然の森製薬が製造している療法食です。

アガリクスやハタビラタケなど、 51種類の薬膳原材料を使用した、他のフードとは違うアプローチができます。

また着色料や酸化防止剤も使われていません。

 

それでいて、7つのフードでいちばん低脂肪になっています。

HPには、胆泥症を含めた病気への対応が明記されています。

 

肝臓疾患(高ALP、高ALT)、胆のう疾患(胆泥症)、肝臓癌等のために調合された特別療法食です。

 

栄養バランスのポイントは以下の通りです。

ポイント

  • 脂肪分は、7つの中でいちばん低い
  • 7つの中で唯一、「薬膳」でアプローチ。
  • オメガ―3脂肪酸など、脂肪の種類にもこだわり。

 

脂肪 4.5%
カロリー(/100g) 327kcal

 

粒は小さな円柱状です。

鹿肉、魚をミックスした味です。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

⁂ 一旦良くなった 肝臓の数値が また少し上がりました 中タンパクの“シニア用”から 低タンパクの“肝臓用”へ変更 ・ ゴハン歴 カリカリ6年→手作り6年→カリカリ1年 最初の頃よりフードが進化していてビックリ! 浦島太郎状態 ・ 特に嫌がることなく テーブルの上のゴハンを待つサニーさん🤤 ・ ・ #シニアのみんなが穏やかに過ごせますように #病気のお友達が穏やかに過ごせます様に #みらいのドッグフード #ダックス13歳 #シニア犬13歳 #ダックスゴールド #ドックフード #サニーさんはたからもの

まいにちサニー日和(@a.s.n.h.3762)がシェアした投稿 -

 

KAは「薬膳」という、一般的な療法食にはないコンセプトです。

他の療法食で効果を感じられなかった方に向いているといえます。

ただ1㎏サイズしかないので、大型犬には不向きです。

 

KAは大手サイトだと、楽天市場のみ販売されています。

 

ただし、楽天市場だと値段が高いです。

一方、公式サイトだと最大40%安く購入できます。

 

公式サイトには、2種類の購入方法があります。

  1. 通常購入
  2. 定期購入

 

定期購入だと楽天市場や通常購入より、20%~40%安くなります

 

 

定期購入とはいえ、

  • 「1袋だけ頼む、1回でやめる」がOK
  • 最低購入回数の縛りがない
  • 送料無料(通常購入は送料かかる)

 

です。

定価が高い(1㎏で5,000円)ので、少しでもコストを抑えたい方は、定期購入をうまく使うといいですね。

 

公式サイトを見てみる

 

 

まとめ

最後に記事の内容を、ポイントでまとめます。

  • 胆泥症とは「胆汁が粘り気を増した状態」。
  • 原因は不明。高齢、高脂血症と関連があるかも?
  • 軽度なら手術はやりすぎ。フードやウルソを試すほうがいい。

 

胆泥症に関する記事は、以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード, 病気

Copyright© 療法食チャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.