フード

【満腹感サポート】メリットデメリット、評判、最安値の購入法まとめ

【公開日:2021年1月21日】

 

飼い主さん
「満腹感サポート」っていうフードに興味があるんだけど・・・

メリット・デメリットとか口コミを知っておきたいな!

 

このような疑問を持つ方に向けて、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

満腹感サポートとは?

満腹感サポートは、ロイヤルカナンの療法食です。

20年近い販売の歴史があるフードで、安心して使うことができます。

具体的には、以下のような病気のときに使用するフードです。

満腹感サポートの適応

  • 肥満時の減量(ダイエット)
  • 体重維持
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 関節疾患(減量によって改善が期待されるとき)
  • 一過性の下痢

これらの病気は、「低脂肪」「低カロリー」「高食物繊維」のものを与えると改善しやすいものです。
満腹感サポートは、ぴったりあてはまります。

また上記以外に、「胆泥症」や「クッシング症候群」に使われることもあります。

参考記事:【ペット栄養士が厳選!】胆泥症の犬におすすめのフード7選。

 

なお満腹感サポートには、以下の2種類があります。

  • 満腹感サポート
  • 満腹感サポート 小型犬用

袋に描かれている犬種の違いで区別できます

 

栄養バランスはほとんど同じですが、粒のサイズや原産国などが違います。
詳しい違いは、順次解説しています。

 

成分

くり返しですが、満腹感サポートは、以下の特徴を持つフードです。

  • 低脂肪
  • 低カロリー
  • 高食物繊維

実際の栄養バランスは、以下のようになっています。(満腹感サポート小型犬用の成分を記載)

 

【満腹感サポートの成分】

成分
たんぱく質 44.5 g
脂質 14.8 g
炭水化物 41.7g
食物繊維 40.8 g
灰分 10.1 g
水分 14.1 g
カルシウム 1.4 g
カリウム 1.19 g
リン 1.13 g
マグネシウム 0.18 g
18.7 mg
2.23 mg
亜鉛 25.5 mg
ナトリウム 1.04 g
EPA+DHA 445 mg
タウリン 0.30 g
アルギニン 2.33 g
ビタミンE 120.2 mg
ビタミンC 49.0 mg
ビタミンB群 59.03 mg
L-カルニチン 48.2㎎
カロリー 270kcal/100g

※400kcalあたりの栄養素量

 

とくに目立つのはカロリーの低さです。
私の知る限り、療法食の中でいちばんの低カロリーです。一方、タンパク質は高いです。

上記より、ダイエットのフードとしてかなり期待できます。

 

サイズと価格

満腹感サポートは、ドライフード、ウェットタイプがあります。

それぞれのサイズと、メーカー希望小売価格(税抜)をまとめてました。

 

【満腹感サポートの希望小売価格】

満腹感サポート
小型犬用
1㎏ 2,568円
3㎏ 6,345円
満腹感サポート

1㎏ 2,333円
3㎏ 5,757円
8㎏ 11,941円
缶詰
200g×12缶 3,600円

 

Amazonや楽天市場などの通販サイトであれば、上記より10%~30%安く販売されています。(詳しくはこちら

 

粒の形

満腹感サポート小型犬用の粒は、丸い形をしています。

満腹感サポート小型犬用の粒

 

一方、満腹感サポートの粒は、ブーメランのような形をしています。

満腹感サポートの粒

 

原材料

満腹感サポートの原材料は、以下の通りです。

満腹感サポート小型犬用

肉類(鶏、七面鳥)、植物性繊維、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、タピオカ、チコリー、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、小麦、コーン、コーングルテン、動物性油脂、サイリウム、魚油、脂肪酸塩、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、グルコサミン、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Cl、Na、K、Ca、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

満腹感サポート

植物性繊維、肉類(鶏、七面鳥、ダック)、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、タピオカ、コーングルテン、小麦、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、ビートパルプ、コーン、動物性油脂、魚油、サイリウム、大豆油、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-リジン、タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン、L-トリプトファン)、ミネラル類(Cl、K、Na、Ca、P、Zn、Mg、Mn、Fe、Cu、Se、I)、ビタミン類(コリン、E、C、A、ナイアシン、葉酸、ビオチン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、D3、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

缶詰

豚肉、鶏肉、コーンフラワー、セルロース、ビートパルプ、魚油、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、増粘安定剤(増粘多糖類)、ゼオライト、ミネラル類(Ca、K、Cl、Zn、Fe、キレート亜鉛(Zn)、Cu、Mn、キレートマンガン(Mn)、キレート銅(Cu)、I)、ビタミン類(D3、E、C、B1、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)

 

原産国

満腹感サポートの原産国は、以下のようになっています。

【満腹感サポートの原産国】

満腹感サポート小型犬用

フランス
満腹感サポート

韓国
缶詰

オーストリア

 

満腹感サポートのメリット・デメリット

メリット

満腹感サポートのメリットは、大きく3つあります。

  • バリエーションが豊富
  • 販売実績No.1
  • 複数の病気に対応できる

 

【バリエーションが豊富】

ドライタイプか缶詰かで選ぶことができます。かつドライフードは粒のサイズを選べます。

ダイエットフードを与えたい愛犬の中にも、粒や味にこだわりを持つ子もいるでしょう。
そんな時に、満腹感サポートなら複数の選択肢から選ぶことができます。

参考資料として筆者が作成

ダイエット用の療法食でも、「缶詰がない」「粒サイズが1種類しかない」というのはザラにあります。
そういった意味で、満腹感サポートは希少価値の高いフードと言えます。

 

【複数の病気に対応できる】

くり返しになりますが、満腹感サポートはダイエット以外に、以下の病気に対応しています。

  • 糖尿病
  • 関節疾患
  • 高脂血症
  • 一過性の下痢

 

たとえば「太っていて、かつ糖尿病」「太っていて、かつ高脂血症」というケースでも使えるということです。

それが「ダイエットには使えるが、高脂血症には対応していない」というフードだと、そうはいきません。別途、フード以外に薬などが必要になるかもしれません。

上記の病気は、太っている犬に併発しやすい病気でもあります。よって複数の病気をケアできるのは、とてもコスパの高いことなのです。

 

【販売実績No.1】

満腹感サポートは、ダイエットに使える療法食の中で、一番の使用実績があります。上記のメリットを考えると当然かもしれません。

販売量が多い=実際にダイエットをたくさん成功させてきたことも意味します。
よって愛犬のダイエットへ本気度の高い方には使いやすいと言えます。

また、口コミも多数見つかります。
読者の皆さんの中には、「療法食を初めて使う」という方もいるかと思いますので、「十分に口コミを確認できる」というのも大きなメリットと言えます。(口コミを見る

 

デメリット

一方、満腹感サポートのデメリットは3つあります。

  • 塩分やタンパク質が高め
  • 酸化防止剤にBHAが使用されている
  • 原産国に不安をもたれることがある

 

【塩分とタンパク質が高め】

シニア期には、塩分(ナトリウム)とタンパク質を控えたフードを与える必要があります。
それらは高齢で弱ってくる「腎臓」「心臓」に負担をかけるからです。

そんななか、満腹感サポートの塩分量(ナトリウム)は、ダイエットフードの中で高めです。
よって、シニア犬には満腹感サポートを長期で使うのは、あまりおススメできません。

 

【ダイエットフードの比較】

満腹感サポート小型犬

 

メタボリックス

 

ウェイト&ジョイントケア

タンパク質 30.0% 25.3% 24.1%
ナトリウム 0.7% 0.34% 0.37%

 

【酸化防止剤にBHAが使用】

満腹感サポートの酸化防止剤には、以下の2つが使われています。

  • BHA
  • 没食子酸プロピル

※酸化防止剤とは、フード中の油の酸化を防ぐために使われる。

BHAは規定量を守って使われれば、なんの問題のない食品添加物です。(もちろんロイヤルカナンも規定量を遵守)
ただ規定量を超えた時に、マウスで発がん性が指摘されているのも事実です。

BHA自体を使っていることを嫌がる飼い主さんにとって、これは大きなデメリットと言えるでしょう。

BHAについては、以下の記事で解説しています。

ロイヤルカナンが使う酸化防止剤「BHA」はどれだけ危険なのか?

続きを見る

 

もし「腎臓や心臓が悪くなっている」という場合には、より低塩分のフードを使うほうがよいでしょう。

表中の「メタボリックス」については、以下の記事で解説しています。

【ヒルズ】メタボリックスの効果やメリット・デメリットを栄養士が解説

続きを見る

 

【原産国に不安をもたれることがある】

満腹感サポート(小型犬用ではないほう)は、原産国が韓国です。

「韓国産=悪」と決めつけるわけではないですが、それを嫌がるオーナーさんが多いのも事実です。(安全性や犬食文化などの理由で)
よって韓国産を不安に感じる読者さんには、満腹感サポートはおススメしにくいフードです。

ロイヤルカナンの療法食は、以前はフランス産メインでした。
しかし2018年ころを境に、いくつかのフードが韓国産になっています。

韓国産のフードについては、以下の記事で解説しています。

ロイヤルカナンの韓国工場は安全?代替品も解説。【内情暴露つき】

続きを見る

 

スポンサーリンク

満腹感サポートの口コミ

ネット上での、満腹感サポートの口コミを集めてみました。

 

よい口コミ

よい口コミとしては「体重が怖いくらい減る」「おいしく食べる」「便の状態がいい」などがありました。

 

以前に首と腰のヘルニアになり、かかりつけの獣医に勧められダイエットに成功し、今では体重測定も週1でかかさずしています。
餌の量も毎回測ってます。再発は避けたいのでこのまま愛用します。

Amazonレビューより

 

どんなに調整しても痩せなかったのに、ほんとに恐ろしいくらい、減っていくので、逆に心配しましたが、身軽になって、とても元気に走り回ってるので、1袋で止めようと決めて食べきりました。
1袋で1.7キロ痩せました。
半年で500g落とす感じで!と指導されてたので、ワンコの100gは人間の1キロと言われるので、危険かと不安ながらも、食べてるだけで減るので使い切りました。
満腹感を得られると書いてありますが、やはりお腹が空くのか?盗み食いまでするようになり困りました。
でも、おやつを与えても、減ってました。
我が家は問題なく使えましたが、減り方が恐ろしいので、やはり注意事項通り、獣医師さんと連携して使用するのが良いと思います。
小型犬は心配です。

Amazonレビューより

 

かなりの肥満でこちらのドライフードタイプをあげているんですが月数回だけですがこちらも与えています。
お高いので、何故か愛犬はお高いドライフードは食い付きがかなり良く、食後すぐお代わりの要求をするほどです。
満腹感サポートシリーズはこれだけを、適量与えたら確実に痩せると思います。
内科的な病気がない状態で痩せない場合は散歩が足りないのではなく、与え過ぎてるので。
愛犬のことを想うなら気をつけてあげていきましょう。
わたしもこれからはより一層気を付けて行こうと思います。

Amazonレビューより

 

素晴らしいうんちが大量に出て笑✌️
スッキリ❗️家族の食事中におねだりする癖も治りました。もっと早くあげたかったなと!感謝です!

Amazonレビューより

 

いまいちな口コミ

一方、ネガティブなコメントもあります。
多くは韓国産になったこと(満腹感サポートのみ)による、不安や不満でした。

原産国が韓国になるようなので、もー買う事はありません! 個人的な考えですが 残念です!
12年も 食べさせてもらいましたが……

Amazonレビューより

 

前回と同じショップで同じものを買ったのですが、比べてみると違う。
粒の色が明らかに薄くなっている。段ボールみたいな色。臭いもきつめ。
原産国が原産国だけに、非常に不安。食べさせても大丈夫なのだろうか?
ほかに食餌療法用のご飯がないので、これにしてましたが、なんか怖いです。

Amazonレビューより

 

フランス産から韓国産に変わり、魚醤の強い匂いで、いっさい食べなくなりました。ショックです。また、違うメーカーで探すしかありません。

Amazonレビューより

 

我が家の犬が、気管虚脱になってしまい、病院の先生のご指導で、少し体重を減らすために、こちらを使用しておりました。
しかし今回お知らせが付いており、拝見しましたところ、原産国が秋から【フランス→韓国】に変わるそうです。
残念ながら、信頼性に不信感しかなくなってしまうので、フードを変えようと思います。

Amazonレビューより

 

販売歴も長い分、口コミはたくさん存在しています。
さらに知りたい方は「満腹感サポート 口コミ」などで検索してみましょう。

 

スポンサーリンク

満腹感サポートの最安値の購入法

満腹感サポートは、「Amazonなどの大手通販サイト」または「動物病院」で購入できます。

くり返しですが、通販サイトのほうが価格は10~30%ほど安いことが多いです。

 

満腹感サポート小型犬用を探す ↓

 

満腹感サポートを探す ↓

 

缶詰を探す ↓

 

通販サイトで購入される方で、「さらにお得に買いたい方」はポイントサイトも使いましょう。

個人的には、種類の多さから「モッピー」というサイトをおすすめしています。

モッピー経由で楽天市場やAmazonにアクセスして商品を買うと、ショッピングサイトのポイントとは別に、モッピー内でポイントがたまるからです。

 

 

モッピー経由だと、以下の利率でポイントがたまります。(利率はキャンペーンなどで変動あり)

  • 楽天市場:1% ※1
  • Yahoo!ショッピング:1%
  • Amazon:0.5% ※2

※1. 2021年1月末まで、5%にUPするキャンペーン中
※2 . Amazonは決済方法に指定あり。

 

たまったポイントは、1ポイント=1円で、現金や電子マネー、マイル、プリカなどに交換できます。ポイント交換の詳細を見る

満腹感サポートを「最安値で一番おトクに購入する」方法まとめ

  • モッピー経由で、通販サイトにアクセス
  • 通販サイト上で価格順に並べ替えて、最安値のものを購入

ぜひ試してみてください。

満腹感サポートのレビュー記事は、以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

-, フード

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.