病気

【犬の胆泥症】ささみをあげると危険?おすすめおやつも含めて解説

 

うちの犬が胆泥症になっちゃったんだけど、ささみをあげても大丈夫なのかな?

ささみが大好物だから、できればあげたいんだけど・・・

 

胆泥症の際には、おやつを含めた食事療法を行うことがあります。

この記事ではペット栄養管理士の筆者が、以下のポイントで解説しています。

  • 胆泥症の犬に、ささみをあげて大丈夫?
  • ささみをあげる時の注意点は?
  • 胆泥症の犬におすすめのおやつは?

※本記事はあくまで参考情報を提供するものです。
具体的な診断などは変化する可能性がありますので、かかりつけ病院などの判断も参考にすることをおすすめします。

 

犬の胆泥症とは

体の中には「胆のう」という臓器があります。胆のうには「胆汁(たんじゅう)」という消化酵素が貯まっており、主に脂肪の消化・吸収に使われています。

この胆汁はサラサラの液体ですが、何らかの原因でドロドロになってしまうことがあります。

この「胆汁がドロドロになった状態」を胆泥症といいます。

 

検査

胆泥症のときに血液検査をすると、以下の数値が上昇していることが多いです。

  • ALT
  • ALP
  • コレステロール
  • トリグリセリド

 

そしてエコー検査(超音波検査)をして、胆のうの状態を確認すると、胆汁がドロドロになっていることがあります。これで「胆泥症」という診断が下されます。

 エコー検査のイメージ

 

原因

胆泥症のはっきりとした原因は、まだ解明されていません。ですが、2つの傾向があります。

1つ目は「犬種」です。以下の犬種は、胆泥症になりやすいといわれています。

胆泥症が多い犬種

  • ミニチュア・シュナウザー
  • トイ・プードル
  • ヨークシャー・テリア
  • シェットランド・シープドック
  • コッカ―スパニエル

 

2つ目は「他の病気の存在」です。胆泥症の犬は、以下の病気も一緒に持っていることが多いです。

胆泥症の背景によくある病気

  • 高脂血症
  • 甲状腺機能低下症
  • 副腎皮質機能亢進症
  • 肥満

 

胆泥症を含め、これらは「脂質代謝異常」ともいわれます。つまり体内で「脂肪の代謝がうまくいっていない」という意味です。

この脂肪代謝の低下が、胆泥症の原因なのかもしれません。

 

症状

食欲不振や元気がない、といった症状が出ることもありますが、症状が出ないことも多いです。

健康診断をしたら、たまたま胆泥症が見つかったというのもよくあるケースです。

健康診断イメージ

 

危険性

胆汁がドロドロの状態=即座に危険、というわけではありません。いつの間にかサラサラの胆汁に戻っていたということもあります。

ですが状態が悪化すると、以下のような病気につながることがあるという説もあります。

胆泥症が悪化すると起こる病気

  • 胆管炎
  • 胆管閉塞・胆管破裂
  • 胆のう粘液脳腫

 

よって胆泥症が見つかったら、早めに治療を始めたほうが安心です。

治療は「内服薬」がメインになるでしょう。

また必須ではないですが、ケースによっては食事療法を行うこともあります。

参考:

【ペット栄養士が厳選!】犬の胆泥症ケアにおすすめのフード7選。

続きを見る

 

胆泥症の犬にささみをあげても大丈夫?

くり返しですが、胆汁は「脂肪の消化吸収に使われる消化酵素」です。

つまり胆泥症は「脂肪の消化・吸収がスムーズに行いにくい状態である」可能性があります。

よって、以下の栄養バランスのものを与えるのがおすすめです。

胆泥ケアの栄養バランス

  • 消化が良い
  • 低脂肪である

 

この条件で行くと、ささみは、上記に当てはまる食材です。

よって胆泥症の犬にささみをあげることは、多くの場合、問題ないでしょう。※あげる時の注意点はこちら

犬はささみを問題なく消化できますし、アミノ酸バランスもよい食材です。

また、同じ肉類の中でも圧倒的に低脂肪です。実際に比較してみます。(脂肪は赤色のグラフで表示。食品成分データベースより数値を引用。)

 

【牛肉の脂肪量】

 

【豚肉の脂肪量】

 

【鶏肉(ささみ)の脂肪量】

 

鶏のささみが、いかに脂肪量が少ないかが分かります。

ただし、上記はあくまで人間の食品としてのささみです。

ペット用おやつとして作られたものは、成分バランスが異なる可能性があります。

また、ささみをあげる時にも注意すべきポイントが2つあります。

 

スポンサーリンク

ささみを与える時の注意ポイント

ささみを与える時の注意点は、「ゆでること」「与える量は、1日のカロリーの10%まで」です。

詳しく解説していきます。

ゆでて与える

本来、犬は人間よりも「生肉」を食べることに向いています。

ただ現代の「ペット」として飼われている犬は、生肉に付着しているウイルスや細菌への耐性が低下し、下痢や嘔吐を起こすこともあります。

ほとんどの細菌やウイルスは、70℃以上に加熱すると死滅します。

よって、必ずゆでてから与えるようにしましょう。あるいはレンジでチンするのもよいでしょう。

油を使って焼くのはNGです。せっかくの低脂肪のバランスが台無しになってしまいます。

 

与える量は、1日のカロリーの10%が目安

いくら消化が良くて低脂肪でも、与えすぎはNGです。

上記の円グラフを見ても分かるように、ささみはタンパク質が豊富です。また表示はしていませんが、リンも豊富です。

タンパク質やリンの過剰がつづくと、腎臓に負担をかける可能性があります。特にシニア期には要注意です。

よって、ささみを与える量は「1日に摂るべきカロリーの10%くらいまで」にしましょう。

犬の体重ごとに「1日に与えていい、ささみの量(いちばん右の列)」をまとめてみました。

 

体重(kg) 1日のカロリー
(kcal)
1日カロリーの10%
(kcal)
ささみに換算
(g)
2 141 14 11
4 238 24 18
6 322 32 24
8 400 40 30
10 472 47 35
15 640 64 48
20 794 79 59
25 939 94 70

※一般的に、ささみ1本は50gくらいです。

 

スポンサーリンク

高消化・低脂肪のおやつ3選

また参考までに、ささみ以外の「消化が良くて、低脂肪のおやつ」を知っておくと、毎日のおやつタイムをより楽しくできます。

そこで、ペット栄養管理士から見ても安心できる「療法食タイプのおやつ」を3つ紹介していきます。

 

消化器サポート低脂肪 トリーツ

消化器サポート低脂肪・トリーツ(150g)

消化器サポート低脂肪・トリーツは、ロイヤルカナンから発売されています。

消化器サポート 低脂肪は、数ある療法食の中でもトップレベルの脂肪の低さです。

主食の「消化器サポート 低脂肪」

よって、そのおやつタイプである「消化器サポート 低脂肪トリーツ」も、使いやすいです。

商品パッケージには、以下のように記載されています。

脂肪や食物繊維などの量を調整し、超消化性の高い原材料を使用しています。

 

花びら型の小さなクッキータイプで、厚みはあまりありません。

1袋(150g)にたくさんの粒が入っています。

動物病院でのみ購入できます。大手の通販サイトでは購入できないようになっています。

消化器サポート低脂肪については、以下の記事でも解説しています。

【消化器サポート低脂肪】メリットや口コミ、最安値の購入法を解説!

続きを見る

 

メタボリックス ビスケット

メタボリックス ビスケット(80g)

メタボリックス ビスケットは、ヒルズから発売されているおやつです。

ヒルズのメタボリックスシリーズは、健康的な代謝にアプローチしますが、そのおやつタイプです

メタボリックスについて、公式サイトでは以下のように記載されています。

本来の健康的な代謝を保ち、低カロリー*1 で減量に役立つことが科学的に証明された療法食です。

 

骨型のクッキータイプで、1袋(80g)に40粒くらい入っています。

固くないので、簡単に割れます。

Amazon、楽天市場などの通販サイトや、動物病院で購入できます。

 

メタボリックスシリーズについては、以下の記事でも解説しています。興味のある方は読んでみてください。

【ヒルズ】メタボリックスの中身やメリット・デメリットを栄養士が解説

続きを見る

【ヒルズ】メタボリックス・シチューの価格や中味、評判を徹底調査!

続きを見る

 

ぺティッツライト

ぺティッツライト(85g)

ぺティッツライトは、動物用サプリメントの会社である(株)QIXから発売されています。

低脂肪であることはもちろん、主要アレルゲン35品目を使っていない「アレルギー配慮のおやつ」です。

「低脂肪で、かつアレルギー配慮」のおやつはほとんどないので、大変貴重な存在です。

主要アレルゲン35品目

牛肉、羊肉、鶏肉、豚肉、七面鳥肉、あひる肉、さけ、 たら、なまず、ししゃも、卵、乳、大豆、小麦、とうもろこし、米、じゃがいも、かつお、いわし、さば、まぐろ、にしん、あじ、かれい、大麦、ライ麦、オーツ麦、エンドウ豆、落花生、りんご、にんじん、かぼちゃ、ホウレンソウ、トマト、キャベツ

 

セミモイストのスティックタイプで、やや甘味があります。

1袋(85g)に、35本くらい入っています。

購入は、楽天市場か動物病院で可能です。(記事作成時点では、Amazon、ヤフーショッピングで出品がありませんでした)

楽天市場で探してみる

 

「胆泥症の犬にささみをあげても大丈夫?」の記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, 病気

Copyright© ペットのモノシリ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.