フード

【i/dローファット】メリットや口コミ、最安値の購入法まとめ

 

「i/dローファット」っていうフードに興味があるんだけど・・・

メリット・デメリットとか口コミを知っておきたいな!

 

このような疑問を持つ方に向けて、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

i/dローファットとは?

i/dローファットは、ヒルズの療法食です。

i/dは「消化ケア」のシリーズで3種類があります。(i/d、i/dローファット、i/dコンフォート)

その中でi/dローファットは、以下の特徴をもっています。

i/dローファットとは

お腹の健康とより良い生活をサポートするために、優れた消化性低脂肪食を必要とする犬のための特別な栄養組成となっています。

公式サイトより

 

 

成分

くり返しですが、i/dローファットは、以下の特徴を持つフードです。

  • 優れた消化性
  • 低脂肪

「高消化性」は数値で表しにくいですが、「低脂肪」は数値でわかるものです。

実際の栄養バランスは、以下のようになっています。

 

【i/dローファットの成分】

成分
たんぱく質 23.3%
脂質 7.9%
炭水化物(NFE) 53.5%
粗繊維 1.5%
可溶性繊維 1.3%
不溶性繊維 4.7%
カルシウム 0.74%
リン 0.57%
ナトリウム 0.33%
カリウム 0.87%
クロライド 0.88%
マグネシウム 0.084%
オメガ―3脂肪酸 0.82%
カロリー 336kcal

 

上記の分析方法で、脂肪が「10%未満」であれば、かなり低脂肪といえる部類です。

脂肪10%未満のフードはかなり少なく、i/dローファットは希少価値の高いフードと言えます。

低脂肪という点以外には、以下のようなことも分かります。

  • カロリーはそこまで低くない
  • オメガ―脂肪酸を含有

 

サイズと価格

ドライフードと2種類の缶詰があります。

2種類の缶詰

  • ローフ缶:固めのパテ状のタイプ
  • シチュー缶:野菜や肉が入ったとろみタイプ

上がローフ缶、下がシチュー缶

 

それぞれのサイズと、記事公開時のAmazon価格をまとめてました。

 

【i/dローファットのラインナップ】

ドライフード

1㎏ 2,245円
3㎏ 5,910円
7.5㎏ 9,958円
ローフ缶
370g×12缶 8,500円
シチュー缶
156g×24缶 6,777円

 

 

粒の形

i/dローファットの粒は、三角形で少し厚みのある粒です。

小型犬にとっては食べにくいと言えます。(後述)

i/dローファットの粒

 

原材料

i/dローファットの原材料は、以下の通りです。

ドライ

米、コーンスターチ、小麦、コーングルテン、トリ肉(チキン、ターキー)、チキンエキス、亜麻仁、ビートパルプ、動物性油脂、大麦、オート麦、ショウガ、ポークエキス、植物性油脂、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、マグネシウム、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)、カルニチン

缶詰

米、ポーク、ターキー、トウモロコシ、卵白、亜麻仁、ビートパルプ、セルロース、チキンエキス、全卵、植物性油脂、ショウガ、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン)、カルニチン

シチュー缶

ポーク、米、コーンスターチ、スクロース、グルコース、チキン、チキンエキス、亜麻仁、ビートパルプ、卵白、セルロース、植物性油脂、ニンジン、ショウガ、魚油、小麦、ミネラル類、増粘多糖類、ビタミン類(ビタミンE、ビタミンC、ベータカロテン、他)、アミノ酸類(タウリン)、カルニチン

 

ドライは「チキンがベース」、缶詰は「ポークがベース」になっています。

どちらも、食物アレルギーへの配慮などはありません。

 

原産国

i/dローファットの原産国は、以下のようになっています。

【i/dローファットの原産国】

ドライフード
オランダ
ローフ缶
アメリカ
シチュー缶
アメリカ

 

i/dローファットのメリット・デメリット

メリット

i/dローファットのメリットは、大きく2つあります。

  • 缶詰がグルメタイプでおいしい
  • ネット通販で買える

 

【缶詰がグルメタイプでおいしい】

上でも紹介しましたが、i/dローファットには「シチュー缶」というタイプがあります。

シチュー缶には、野菜や肉のかたまりがゴロゴロ入っており、とろみが付けられています。

よって、「よく食べる」という評判が多いです。口コミを見る

シチュー缶の中身イメージ

 

シチュー缶の使い方の例

  • ドライに缶詰をトッピングし、味変する
  • 薬をシチュー缶に混ぜて与える
  • たまのごほうびに、シチュー缶だけをごはんで与える

 

【ネット通販で買える】

i/dローファットは、大手ネット通販で購入できます。

 

最近の療法食では「動物病院じゃないと買えない」というものも増えています。そういった場合には、以下の事態が発生します。

  • 忙しくて買いに行けない
  • 価格が安くならない
  • よく使うポイントがたまらない

 

ネット通販で買えるi/dローファットには、上記のような不便さはありません。

飼い主にとってやさしいシステムと言えます。

大手通販サイトで探してみる

 

デメリット

一方、i/dローファットのおおきなデメリットは1つです。

  • 粒が大きめである

 

i/dローファットの粒は小粒とは言えません。

小型犬を飼っている方からは「粒が大きくて食べづらそう」という口コミも散見されます。

個人的には、体重5㎏以上の犬で使うくらいが目安かと思っています。

ただヒルズには、i/dローファットの小粒タイプともいえる「i/dコンフォート」もあるため、それで問題は解決します。

詳しくは以下の記事を読んでみてください。

ヒルズ・i/dローファットには小粒タイプがある!ペット栄養士が解説

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

i/dローファットの口コミ

Amazonレビューでの、i/dローファットの口コミを集めてみました。

評価は4以上のものが多いようでしたが、当然ですが、あうあわないもあるようです。

比較的、うちの仔は好き嫌いないので、嫌がらず食べています。きちんと毎日排便もあり。8歳から食べ、現在14歳ちょっとです。

 

粒が少し大きめで、我が家ではふやかしてあげてますが香りが良いです。

 

粒が大きいので老犬には食べずらそうでしたが、完食はしてます

 

現在10さいのワンコ
これを食べて元気にしています
いつでもガツガツ食べます

 

膵炎のトイプードルのご飯です。今回クーポンもありお安く購入できて良かったです!

 

リニューアル後、不味くなった⁇のか、一切食べなくなった。
療法食なので困ったものです。
食欲はあるので、他社の製品に変更します。

 

脂質が低いので買って与えたが、その割に、フード自体が油っぽいのが気になった。
便の調子も硬くなって余り良くないので、リピできないフードでした。

 

現在では、Amazonだけでも1,000件以上のレビューがあります。

さらなる口コミ情報を見たい方は、よく使うサイトで見てみてください。

 

\ さらに口コミを見てみる /

 

スポンサーリンク

i/dローファットの最安値の購入法

i/dローファットは、「Amazonなどの大手通販サイト」または「動物病院」で購入できます。

通販サイトのほうが価格は10~30%ほど安いことが多いようです。

 

\i/dローファットをさがしてみる /

 

そして通販サイトで購入される方で、「さらにお得に買いたい方」はポイントサイトも使いましょう。

ポイントサイトを経由してから、Amazonや楽天市場で買い物をすると、さらにポイントがたまります。

そのポイントは、いろんなものに交換をして使えます。

  • アマゾンギフト券
  • マイル
  • 電子マネー など

 

\ ポイントサイトの使い方イメージ /

 

大手ショッピングサイトの買い物でポイントを貯めるには、それぞれ以下がおススメです。
カッコ内が、ポイント還元率です。

 

i/dローファットを「最安値で一番おトクに購入する」方法まとめ

  • ポイントサイト経由で、通販サイトにアクセス
  • 通販サイト上で価格順に並べ替えて、最安値のものを購入

ぜひ試してみてください。

i/dローファットのレビュー記事は、以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

-, フード

Copyright© ペットのモノシリ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.