フード

ロイヤルカナン消化器サポート【食べない原因、3つの対策】を解説

【公開日:2020年4月11日】

飼い主さん
うちの子が消化器サポートを食べないんだけど・・・

前あげた時は普通だったのに。

なんでなの?

いい対策はないの?

 

 

上記のような疑問に、ペット栄養管理士の筆者がお答えしていきます。

 

 

消化器サポートを食べない原因

ロイヤルカナンの消化器サポートは

  • 犬用が3種類
  • 猫用が2種類

あります。

 

ピー子センパイ
「今どれをあげているのか」に自信がない方は、

間違えないよう確認してみましょう。

 

ひとくちに消化器サポートといっても、いくつか種類があるわけです。

なので製品によって「食べない原因」も違う可能性があります

 

まず栄養バランスの特徴から推測すると、以下の理由が考えらえれます

 

消化器サポート低脂肪 脂肪が少なく、味が薄く感じる?
消化器サポート高繊維 食物繊維が多く、味が薄く感じる?
消化器サポート高栄養 脂肪が多く、こってりすぎる?
消化器サポート可溶性繊維 食物繊維が多く、味が薄く感じる?
消化器サポート

※猫の消化器サポートについては、「食べない」に影響しそうな特徴が見当たりませんでした。

 

メモ

ちなみに犬と猫は、以下の栄養バランスのものを好きな傾向があります。

  • タンパク質が多い
  • 脂肪が多い
  • ナトリウムが多い

「お肉」「油が多いもの」「味が濃いもの」といったイメージです!

 

とはいえ、

栄養バランスではなく、以下のポイントが「食べない」原因である可能性もあります。

 

  1. 味が好きじゃない(例:前のフードが好き)
  2. 飽きてきた
  3. 体調が悪い

 

1や2はペットの好みです。

本人に聞いてみないと分からないですが、特に猫は「味へのこだわり」が強い傾向があります。

 

ちなみにペットの味の好みも変化していきます

以前食べたものを、生涯ずっと好きでいるという保証はありません。

 

3については、消化器サポートはそもそも病気の時に使うフードです。

当然ながら体調が悪いこともあり、それが食べない原因なのかもしれません。

 

 

このように「消化器サポートを食べない」原因は、いくつも推測できます。

おそらく、どれかが当てはまっているのではないかと思われます。

 

 

飼い主さん
消化器サポートじゃないフードは喜んで食べてたわ。

だから、うちの子は「味が好きじゃない」が当たってるかも。

とはいえ、体調悪いしどうにか食べてほしいんだけど・・・

いい対策ってない?

 

ではここから、

消化器サポートを食べない時の対策

を解説していきます。

 

 

消化器サポートを食べない時の対策

対策としては3つ考えられます。

  1. 他のメーカーの療法食に変えてみる
  2. 温める
  3. ふやかす

 

順に解説していきます。

 

他のメーカーの療法食に変えてみる

  • 粒の形
  • メーカーによる「味付け」や「ニオイ」

が違うだけで、驚くほど食べつきが変わります。

 

 

今は消化器サポートシリーズと同じスペックの療法食が販売されています。

 

なので、まずシンプルに

フードを代えてみる

というのが、いちばん効果のある解決法かもしれません。

 

ということで、消化器サポートの代替品を紹介していきます。(使ってるフードをクリックすると、該当箇所にジャンプします)

 

消化器サポート低脂肪の場合

消化器サポート低脂肪は

  • 高消化性
  • 低脂肪

という栄養バランスで、以下の状態に配慮しています。

  • 高脂血症
  • 急性膵炎

公式サイトより抜粋

 

また体力維持のため、カロリーはそこまで低くないです。

 

 

これらを踏まえると、消化器サポート低脂肪の代用としては以下が挙げられます。

ヒルズのi/d LowFat

 

i/d LowFatは優れた消化性低脂肪により、以下の管理に役立ちます。

  • 膵炎
  • 高脂血症
  • タンパク喪失性腸症(リンパ管拡張症など)

公式サイトより抜粋

 

主要な栄養バランスは、とても似ています。

 

消化器サポート低脂肪 i/d LowFat
消化率 高い 高い
脂肪 5.0%以上 6.0%以上
タンパク質 20.0%以上 21.0%以上
カロリー 346kcal 336kcal

 

 

よって「消化器サポート低脂肪」を食べないという方は、i/d LowFatを試してみるのがアリです。

 

i/d LowFatには「シチュー缶」というグルメタイプもあります。

 

こちらの記事では粒サイズの比較なども行っています。

よろしければ読んでみてください。

【実験動画あり】消化器サポート低脂肪とi/dローファット比較

続きを見る

 

 

消化器サポート高繊維の場合

消化器サポート高繊維は

  • 高消化性
  • 高繊維

により、以下に配慮しています。

  • 下痢
  • 消化管の健康維持

公式サイトより抜粋

 

 

この特徴を踏まえると、消化器サポート高繊維を食べない場合は

腸内バイオーム(ヒルズ)

で代用できる可能性があります。

 

腸内バイオームは独自の食物繊維ブレンドにより、以下の特徴があります。

  • 軟便の24時間以内の改善をサポート
  • 腸内の善玉菌を増やす

公式サイトより抜粋

 

 

栄養バランスも比較してみます。

 

消化器サポート高繊維 腸内バイオーム
粗繊維 12.1%以下 9.0%以下
脂肪 14.0%以上 9.0%以上
タンパク質 21.0%以上 17.0%以上
カロリー 317kcal 333kcal

 

まったく同じバランスではありませんが、

「軟便の24時間以内の改善をサポート」

という特徴は、おなかの不調がある犬にとっては心強いメリットですね。

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥5,956 (2020/10/21 18:04:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

腸内バイオームについては、こちらでも解説しています。

【ヒルズ】腸内バイオームの効果や口コミ、購入法をペット栄養士が解説

続きを見る

 

 

消化器サポート高栄養の場合

消化器サポート高栄養は

  • 高消化性
  • 高エネルギー

という2つの特徴があります。

公式サイトより抜粋

※エネルギーとは一般的に言うカロリーのこと。

 

 

これを食べない時には

i/d(ヒルズ)

で代用できる可能性があります。

 

i/dは以下のような製品です。

  • 高い消化性
  • 食物繊維の配合

により、健康的な便の状態を保つのに役立ちます。

また栄養素の効率的な補給にもつながります。

公式サイトより抜粋

 

 

消化器サポート高栄養ほどカロリーは高くありませんが、十分カロリー補給は可能です。

 

消化器サポート高栄養 i/d
消化率 高い 高い
脂肪 18.0%以上 11.0%以上
タンパク質 23.0%以上 21.0%以上
カロリー 407kcal 360kcal

 

 

よって消化器サポート高繊維を使っている方は、i/dに変えてみるのがいいかもしれません。

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥5,135 (2020/10/21 18:04:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

i/dにはシチューというグルメタイプの缶詰もあります。

 

 

消化器サポート可溶性繊維の場合

消化器サポート可溶性繊維は、

可溶性繊維(サイリウムなど)を配合し、

便秘の猫に与えることが多いフードです。

 

おそらくこのフードを使っている読者の方も、便秘の猫ちゃんを飼っているのではないでしょうか?

 

公式サイトより抜粋

 

消化器サポート可溶性繊維を食べない時には、

腸内バイオーム(ヒルズ)

で代用できる可能性があります。

 

 

腸内バイオームには可溶性繊維のサイリウムも入っており、健康的で規則的な排便をサポートしてくれます。

 

公式サイトより抜粋

 

原材料

 

念のため栄養バランスを比較してみます。

 

消化器サポート可溶性繊維 腸内バイオーム
食物繊維 12.0g 12.8g
脂肪 15.4g 18.0g
タンパク質 31.9g 36.0g
ナトリウム 0.51g 0.30g
カロリー(/100g) 389kcal 379kcal

※400kcalあたりの栄養素量

 

ちなみにこちらでは、腸内バイオームの詳細を解説しています。

 

 

腸内バイオームは、ヒルズの最新の研究でつくられた療法食です。

消化器サポート可溶性繊維を食べないという時には、試す価値アリのフードです。

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥4,643 (2020/10/21 18:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

腸内バイオームには、シチューというグルメタイプの缶詰もあります。

 

 

消化器サポート

消化器サポートは

  • 高消化性
  • 高エネルギー

という2つの特徴があります。

 

それにより、消化器疾患の猫のために使うことが可能です。

※エネルギーとは一般的に言うカロリーのこと。

公式サイトより抜粋

消化器サポートを食べない時には

i/d(ヒルズ)

で代用できる可能性があります。

 

 

i/dも消化器サポートとかなり似た性能をもっていることが、公式サイトからも分かります。

公式サイトより抜粋

 

数字を比較しても、消化性やカロリー量のコンセプトが似ていることが分かります。

 

消化器サポート i/d
消化率 高い 高い
脂肪 20.0%以上 17.0%以上
タンパク質 30.0%以上 34.0%以上
カロリー(/100g) 408kcal 400kcal

 

よって消化器サポートを食べない場合には、i/dに変えてみるのがおススメです。

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥4,023 (2020/10/22 01:24:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

i/dには、シチューというグルメタイプの缶詰もあります。

 

 

 

飼い主さん
なるほど。

他のフードに変えるっていう選択肢も分かったわ。

ただその前にもっと手軽にできる方法も試しておきたいわ。

 

つづいてフードを代える前に、気軽にできる対策も紹介していきます。

 

温める

犬や猫は

40℃くらいの食べ物を好んで食べる

という研究があります。

 

これは野生の動物を食べていたときの本能なのかもしれません。(動物の体温はたいてい40℃くらい)

 

なのでフードを温めることで、フードを食べてくれる可能性が高まります。

  • レンジでチン
  • ドライヤーの熱で温める

などで工夫してみてください。

 

メモ

ドライフードをレンジにかけるときは、水を少したらして数秒チンで十分です。

ただそれでもレンジ内にニオイが出ますので、気になる方は2の方法を試してみてください。

 

 

ふやかす

犬や猫は本来、水分量が多いものを好きな傾向があります。

これも野生動物を食べていた時の本能かもしれません。

(動物の体は、水分が70%くらいでできていることが多い)

 

なのでドライフードをお湯でふやかしてあげると、食べてくれる確率が上がります。

また缶詰をトッピングするということでもいいでしょう。

(ただ消化器サポートは低脂肪にしか缶詰がないですが・・)

 

 

「温める」「ふやかす」はとてもシンプルで試しやすい方法です。

ぜひ試してみてください。

 

もう少しつっこんだ方法については、以下で解説しています。

猫の療法食はまずい?食べない理由や食べさせる方法を栄養士が解説!

続きを見る

 

 

「消化器サポートを食べない」についての記事は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, , フード

Copyright© 療法食チャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.