広告 

フード

アミノペプチドをあげると便秘になる?原因や対処法を栄養士が解説。

 

うちの子にアミノペプチドフォーミュラをあげたら、便秘気味になっちゃって。

どうしよう・・・

 

アミノペプチドフォーミュラは、ロイヤルカナンから発売されている療法食ですが、アミノペプチドフォーミュラを食べさせると便秘気味になることがあります

ペット栄養管理士の筆者が、その原因や対策について解説させていただきます!

※本記事は、犬と猫共通の記事です。

ロイヤルカナンの「アミノペプチドフォーミュラ」
上が犬用、下が猫用

 

アミノペプチドフォーミュラを使うと、便秘になることがある

ネット上でも、「アミノペプチドフォーミュラをあげたら、便がでにくくなった」という情報が散見されます。

以下がその一例になります。

かゆい所をペロペロと舐めて赤くしてしまうのでレビューをみて購入

一袋食べ終わりが近づいてますが、相変わらず舐めてます

しかも、うんちがコロコロうんちになり、ちょっとしか出ない

粒が大きいので食べにくそう

(Amazonレビューより)

豆柴ですが 痒がるので病院で貰ったサンプルを食べさせると 凄い勢いで食べたので 試しに買ってみたのですが、あのサンプルの食いっぷりは何だったの???と思うくらい 食べませんでした。

本当にイヤイヤ、お腹すいて仕方ないから食べている、という感じでした。このご飯の悪かった所は うんちの状態が非常に悪い事です。

鹿の糞みたいにコロコロ スカスカで 可哀想なくらいでした。

これを辞めて前のご飯に戻したら とっても良いうんちに戻ったので やっぱりこのご飯は合わなかったんでしょうね。

(Amazonレビューより)

 

便秘は犬でも猫でもおこり得ますが、一般的には、猫の方が便秘になりやすいです。

猫はもともと水分をあまり摂取しないため、便の水分が不足して便秘になりやすいとされています。

なのでアミノペプチドを食べて便秘になったときの影響は、猫の方が大きいかもしれません。

 

もちろん、アミノペプチドフォーミュラを食べて100%便秘になるわけではありません。

 

アミノペプチドフォーミュラが便秘を起こす原因

 

成分や原材料を見てみると、以下が、便秘になる(便が固くなる)理由として「ゼオライト」が考えられます

アミノペプチドフォーミュラの原材料を見てみます。

犬用アミノペプチドフォーミュラの原材料

コーンスターチ、加水分解フェザーミール(アミノ酸およびオリゴペプチド)、コプラ油、大豆油、動物性油脂、植物性繊維、チコリー、フラクトオリゴ糖、魚油(オメガ3系不飽和脂肪酸〔EPA+DHA〕源)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、タウリン、DL-メチオニン、L-トリプトファン、L-ヒスチジン)、ゼオライト、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、ミネラル類(K、Cl、Ca、P、Zn、Mg、Mn、Fe、Cu、Se)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、ビオチン、B12、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、A、葉酸、D3、K3)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

 

猫用アミノペプチドフォーミュラの原材料

コーンスターチ、加水分解フェザーミール(アミノ酸およびオリゴペプチド)、コプラ油、大豆油、植物性繊維、動物性油脂、魚油( オメガ3 系不飽和脂肪酸〔EPA+DHA〕源)、チコリー、フラクトオリゴ糖、マルトデキストリン、デキストロース、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-トリプトファン、L-アラニン、L-ヒスチジン、グリシン)、ゼオライト、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、ミネラル類(Ca、K、Cl、P、Zn、Mn、Fe、Cu、Se)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、ビオチン、B12、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、A、葉酸、D3、K3)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

 

犬用にも猫用にも「ゼオライト」が使われています。

ゼオライトは猫のトイレ砂や防湿材に使われる、吸水性に優れた物質です。

以下、ユニ・チャーム社の猫砂の例です。

 

他のメーカーの加水分解フードで、ゼオライトを使っているものはほぼありません。

よって、この「ゼオライト」が、便が固くなりやすい理由の1つなのでは?だと考えられます。

 

猫砂の成分が入っていても大丈夫なの?

 

ゼオライトは、人間や動物の食品添加物としての使用が認められています。

なので、ゼオライト自体が使われていること自体の問題はありません。

 

スポンサーリンク

アミノペプチドフォーミュラで便秘になったときの対策

そこで、アレルギーと便秘を同時にケアする方法をまとめていきます。

※あくまで参考材料を提供するものであり、実際の使用に関しては、かかりつけ病院などの指導をうけることをおすすめします。

 

別のアレルギーフードを試してみる

もっともシンプルなのが、「同じコンセプトの、他メーカーの療法食を使う」という方法です。

上で書いたように、他のメーカーであれば、ゼオライトが使われていないものが多いです。

たとえば、ヒルズの「犬用z/d」はアミノペプチドフォーミュラと同様、すべてのタンパク源が加水分解されています。

公式サイトの記載

食物有害反応に配慮して加水分解チキンを使用した療法食です。

 

1㎏、3㎏、7.5㎏のサイズがあり、値段もアミノペプチドより安いです。

しかも小粒タイプのため、小型犬も食べやすいです。

 

\ 犬・z/dをさがしてみる/

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥7,637 (2024/03/04 13:19:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

犬用z/dについては、以下の記事でさらに詳しくまとめています。

 

猫でも「猫用z/d」が販売されています。

公式サイトの記載

食物有害反応に配慮して加水分解チキンを使用した療法食です。

 

ただし、加水分解されていない「米」もはいっているため、お米アレルギーのリスクがある猫にはおすすめしません。

500g、2㎏サイズが発売されています。

 

\ 猫・z/dをさがしてみる/

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥2,300 (2024/03/04 11:05:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

猫用z/dについては、以下の記事でさらに詳しくまとめています。

 

またブルーバッファローの「HF」は、犬用も猫用もあります。

エンドウ豆とポテト以外のすべての食物アレルギーに対応しています。(=エンドウ豆アレルギーとポテトアレルギーには非対応)

ブルーバッファローは、療法食の中で数少ない「自然派の療法食」です。

ブルーバッファローは2019年に日本から撤退したため、HFの入手はできなくなりました。詳しくはこちら

 

 

万が一フードの変更により、少しでもアレルギー症状が出るようであれば、いったん使用をストップしましょう。

 

水分摂取を増やし、便に水分を与える

また、水分の摂取を増やすと、便の水分量が増えやすくなります。

以下の方法だと「水を飲む量」を増やせることがあります。

  • 水を入れた茶碗を、家の複数箇所に置く
  • 冷水ではなく、ぬるま湯を与えてみる
  • ウォーターファウンテンを使う
  • 陶器製の茶碗に水を入れて与える

 

また「缶詰をあげる」のも手っ取り早い方法です。

原材料を確認して、アレルギー反応を起こさないフードを見つけるといいでしょう。

ちなみに上記の、「z/d」には缶詰タイプもあります(犬も猫も)

療法食でもあり、安心な選択肢と言えます。

→ z/dの缶詰は販売終了となりました。

 

サイリウムのサプリメントを混ぜる

サイリウムという、食物繊維が豊富なペット用サプリメントがあります。

Amazonの商品ページは、以下のように記載されています。

商品ページの記載

繊維質が不足すると腸の働きが悪くなったり、下痢をしたり、ガスが溜まったりしやすくなりますが、繊維質補給が重要です。

サイリウムはさらにペットの便秘時にもおすすめです。

 

値段もお安く、いちばん手軽に試せる方法かもしれません。

与える際は、ほんの少量ずつから使うことをおススメします。

 

\ サイリウムをさがしてみる/

 

 

本記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, , フード

Copyright© ペットのモノシリ , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.