フード 病気

【買う前に読むべき】ヒルズ食物アレルギー & 皮膚ケアの長所と短所

 

飼い主Aさん
うちの犬がアレルギーになっちゃって、「食物アレルギー&皮膚ケア」っていうフードがいいって聞いたんだ。

どんなフードなのか、知りたいな。

 

食物アレルギー&皮膚ケアはヒルズの療法食です。

上記のような方に向けて、ペット栄養管理士の筆者が詳しく解説していきます。

ヒルズの食物アレルギー&皮膚ケアとは

ヒルズの食物アレルギー&皮膚ケアは、正式には「z/d 」という製品名です。

公式HPより

食物アレルギー&皮膚ケアは、「加水分解タンパク質」を使い食物アレルギーに配慮しています。以下、公式サイトの記載です。

食物有害反応に配慮して加水分解チキンを使用した療法食です。

小型犬、または小粒を好む犬に最適な小粒サイズです。

 

犬の食物アレルギーや食物不耐症は、原材料中の「タンパク質」に反応しておこります。

ただそのタンパク質を分解して細かくすると、アレルギーのリスクに配慮できることが分かっています。(細かくすることを「加水分解」という)

 

食物アレルギー&皮膚ケアは、チキンを加水分解しています。

加水分解フードは、療法食の中でも数少ないのが現状です。コストがかかるからです。

z/dの原材料

コーンスターチ、加水分解チキン、植物性油脂、セルロース、動物性油脂、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、マグネシウム、銅、鉄、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、乳酸、ビタミン類(B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

 

飼い主Aさん

加水分解については分かったけど、原材料の先頭に「コーンスターチ」って書いてるよ?

うちの犬は「とうもろこしアレルギー」だから使っちゃだめだよね?

 

コーンスターチは「とうもろこしでんぷん」とも言われます。

成分としては「とうもろこしから、タンパク質を99.9%除去した物」です。

アレルギーの原因はタンパク質ですから、とうもろこしアレルギーのリスクは低いと考えられます。

食品成分データベースより引用

 

まとめると、食物アレルギー&皮膚ケアに入っているタンパク質はほぼ「加水分解チキンだけ」です。

 

メリット

  • 缶詰やおやつがある
  • サイズが豊富

 

缶詰やおやつがある

食物アレルギー&皮膚ケアは、ドライフードだけでなく、缶詰とおやつがあります。

缶詰

おやつ(低アレルゲントリーツ)

どちらも原材料に入っているタンパク質は、加水分解チキンだけです。

コンセプトはドライフードと同じだといえます。

缶詰の原材料

加水分解チキン、コーンスターチ、セルロース、植物性油脂、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、マグネシウム、銅、鉄、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン)

おやつの原材料

コーンスターチ、加水分解チキン、セルロース、植物性油脂、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

 

缶詰は主食として使えますので、ドライフードが苦手な犬におすすめです。

また愛犬が食物アレルギーになると、フードへのトッピングやおやつにも厳しい制限が出てきます。

そんなとき「ドライに缶詰をトッピング」「専用のおやつでごほうび」ができるのは、飼い主さんにとってはうれしいですね。

このバリエーションの多さも、食物アレルギー&皮膚ケアの魅力です。

 

缶詰 ↓↓

 

おやつ ↓↓

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥4,900 (2023/01/30 11:01:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

アレルギー用のおやつについては、こちらの記事でも解説しています。

【2023】食物アレルギーの犬におすすめのおやつ5選!栄養士厳選

続きを見る

 

サイズが豊富

缶詰やおやつだけでなく、ドライフードはサイズも豊富です。

1㎏、3kg、7.5㎏の3つのサイズがあります。

小型犬から大型犬まで、幅広く対応することができます。

各サイズの価格とあわせて表にまとめました。

タイプ サイズ 金額
ドライ 1㎏ 1,966円
3㎏ 4,620円
7.5㎏ 9,533円
缶詰 156g 216円
370g 377円
おやつ 180g 737円

※価格は、記事作成時のAmazon最安値

 

ドライ↓↓

 

スポンサーリンク

デメリット

一方、デメリットとして、「食べると下痢する」「便がゆるくなる」事例が散見されます。

実際にSNSの口コミでも、以下のようなものが見られます。

 

 

 

飼い主Aさん

ちなみに下痢の原因はなんなの?

 

メーカーの公式回答ではありませんが、加水分解タンパク質は特殊なもののため、おなかが慣れるのに時間がかかる可能性があります。

中身がよくても、「あう、あわない」がどうしてもあるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで、最期にまとめを作ります。

食物アレルギー&皮膚ケアまとめ

  • 加水分解タンパク質でアレルギーに配慮
  • バリエーションも豊富
  • 下痢をする、という声が散見される

 

 

本記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

-, フード, 病気

Copyright© ペットのモノシリ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.