広告 

フード 病気

【2024】猫の尿路結石用・ウェットフードのおすすめ療法食10選

 

うちの猫に、尿路結石ケアのドライフードをあげてるんだけど・・・

ウェットタイプもいいのかな?

あげるなら、どんなものがあるんだろ?

 

上記のように考えている方に向けて、ペット栄養管理士の筆者がわかりやすくまとめてみました。

 

猫は、尿路結石になりやすい

もともと猫は、のどの渇きを感じにくいといわれ、水を飲む量が少なくなりがちです。

結果として、腎臓や尿路(膀胱や尿道など)などの泌尿器系の病気になりやすい動物です。

2022年のアニコムのデータでは、猫の保険請求割合で「第2位」になっているくらいです。

水分摂取が少なくなりがちで、尿路のトラブルも多い

 

その中でも特に、尿路結石は発生が多い病気です。

尿路結石の種類は、ほとんどが以下といわれています。

猫の尿路結石

  • ストルバイト尿石
  • シュウ酸カルシウム尿石

※尿石=尿路結の略称

 

そして、尿路結石のケアのためには、「水分の摂取量を増やし、尿量を増やす」ことをすすめられることが多いです。

以下の方法は、「飲水量」を増やせる可能性が高い方法です。

  • 水のお皿を、家のいろんな箇所に置く。
  • 流れる水を置く(ウォーターファウンテン)。
  • ぬるま湯をあげてみる。

 

またフードのタイプを考えると、ウェットフードを使うことで「水分摂取量が増える」というデータがあります。

 

猫の尿路結石ケアには、ウェットフードがおすすめ

ウェットフードのメリット・デメリット

そもそもペットフードには、おもに以下の3つのタイプが存在します。

  1. ドライタイプ
  2. セミモイストタイプ
  3. ウェットタイプ

 

この3つの違いはずばり「フード中の水分量」であり、ウェットタイプの水分量が圧倒的に多くなります。

 

\ ペットフード・水分量の定義 /

タイプ 水分量
ドライ 10%以下
セミモイスト 25~35%
ウェット 75%

※参照:一般社団法人 ペットフード協会HP

 

そして、「ドライを与えている猫」よりも、「ウェットを与えている猫」のほうが、1日トータルでの水分摂取量が多くなることが分かっています。

 

イメージ図

 

とはいえ、「ウェットじゃないと絶対にダメ」ということはなく、ドライで管理できる子もたくさんいます。

「水分摂取量の点では、ウェットのほうがよさそう」ということです。

※ちなみにウェットフードでは、「缶詰」「トレイ」「パウチ」の包装に分かれますが、パウチタイプがいちばん水分割合が多い傾向にあります。

 

またウェットはドライにくらべ、コストが高くなることがほとんどです。

よって、「ドライにトッピングして使う」という使い方もあります。

 

療法食と一般食、どっちがいい?

ちなみに、尿石ケアのフードの中にも「療法食」と「総合栄養食※」が存在します。(※まれに「一般食」とよばれることもある)

大まかにいうと、療法食の方が研究レベルなどが高い傾向にあるため、尿石ケアにはおすすめです。

ちなみに療法食の定義は、以下になります。

療法食とは?

獣医師の指導のもと、食事管理に使用されることを意図したペットフード。

特定のケアを行うために、フード中の栄養成分の量や比率が調節されている。

参考記事:療法食とは?どんな種類やメーカーがある?ペット栄養管理士が解説

 

療法食の中には、研究結果や監修している獣医師を公表しているメーカーもあります。

どちらのほうがよさそうかなど、積極的にかかりつけ医などに相談するのがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

【猫の尿路結石ケア】ウェットフードのおすすめ10選

上記を踏まえ、「ウェットタイプの尿石ケアフード」を10個、ペット栄養管理士の視点でセレクトしてみました。

すべて療法食です。

※「ストルバイト尿石とシュウ酸カルシウム尿石の両方をケア」したものと、「いずれかだけをケア」したものがあります。

それぞれ、前後半5つずつでまとめました。

 

ストルバイトとシュウ酸カルシウム、両方をケア

尿ケア c/d(シチュー)

  • グルメタイプの缶詰である
  • チキン、ツナの2種類から選べる
  • 膀胱炎のケアも

 

尿ケアc/d(シチュー)は、ヒルズから発売されています。

公式サイトには、以下のように記載されています。

  • ミネラルのバランスを調整し、ストルバイト(S)とシュウ酸カルシウム尿石(OX)の形成に配慮します。
  • ミネラルなどの調整により、下部尿路疾患で最も多い特発性膀胱炎再発時の89%のケアに役立つことが科学的に証明された栄養です。

 

シチューというタイプは、とろみがあり、野菜やお肉が入った缶詰で、いわゆる「グルメタイプ」といえます。

これは療法食の中でも珍しいです。

さらにチキン、ツナの2種類から味を選ぶことができます。

中身イメージ(チキン)

日本で療法食としての歴史も長く、口コミも多数投稿されているのも、うれしいところです。

一方で缶詰のため、ゴミがかさばるのがデメリットです。

 

口コミを見てみる

 

製品の情報

原材料(チキン) ポーク、チキン、小麦グルテン、米、コーンスターチ、ニンジン、チキンエキス、動物性油脂、魚油、植物性油脂、ホウレンソウ、ミネラル類、増粘多糖類、ビタミン類、アミノ酸類
原産国 アメリカ
サイズ 82g
1日の給与量(体重4㎏) 2.2缶
メーカー 日本ヒルズ・コルゲート(株)

※給与量はめやすです。

 

尿ケア c/dの関連記事

【ヒルズ】c/dとc/dコンフォートの5つの違いをペット栄養士が解説。

続きを見る

 

尿ケア c/d

  • あらびきタイプの缶詰である
  • シチュータイプより低コスト
  • 膀胱炎のケアも

 

尿ケアc/dは、ヒルズから発売されています。

公式サイトには、以下のように記載されています。

  • ミネラルのバランスを調整し、ストルバイト(S)とシュウ酸カルシウム尿石(OX)の形成に配慮します。
  • ミネラルなどの調整により、下部尿路疾患で最も多い特発性膀胱炎再発時の89%のケアに役立つことが科学的に証明された栄養です。

 

1つ前で紹介したのはシチュータイプですが、こちらは「あらびきタイプ」です。(味はシーフード)

また容量も156gであることもあり、シチュータイプよりコストが30%くらい下がります。(シチューは82g)

中身イメージ

よってシチュータイプだとコストが気になる方や、体が大きめの猫には重宝されるでしょう。

こちらも販売歴は長いフードです。

一方で缶詰で、かつシチュータイプより大きいため、ゴミがかさばるのがデメリットです。

 

口コミをみてみる /

 

製品の情報

原材料 ポーク、フィッシュ、米、動物性油脂、コーンスターチ、セルロース、コーングルテン、チキンエキス、植物性油脂、魚油、酵母、ミネラル類、ビタミン類(ビタミンE、ベータカロテン、他)、増粘安定剤(グァーガム)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)
原産国 アメリカ
サイズ 156g
1日の給与量(体重4㎏) 1.3缶
販売元 日本ヒルズ・コルゲート(株)

※給与量はめやすです。

 

ユリナリーS/O

  • 低カロリータイプもある
  • ドライフードの種類も多く、組み合わせしやすい
  • パウチタイプで、ゴミもかさばりにくい

 

ユリナリーS/Oは、ロイヤルカナンから発売されています。

公式サイトには、以下のように記載されています。

下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。
この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。

 

ユリナリーS/Oシリーズは、尿路ケア療法食でもいちばんバリエーションが豊富で、ドライとパウチの組み合わせがしやすいです。

参考記事

オルファクトリーって?猫用ユリナリーS/O全6種類の違いを解説

続きを見る

 

パウチタイプは、中にグレイビーソースに絡んだお肉のかたまりが入っています。(チキンベース)

さらに低カロリーの「ユリナリーS/O ライト」のパウチもあるため、体型によって選び分けができます。

中身イメージ

パウチタイプは缶詰やトレイにくらべ、ゴミの量がかなり少なく、洗う時にも楽です。

こまかいところですが、長く使っていくうえでストレスは少ないでしょう。

一方で、「お肉の部分は残し、ソースの部分しか舐めない」猫がいるのも事実です。

 

口コミをみてみる /

 

製品の情報

原材料 肉類(鶏、豚)、加水分解鶏レバー、セルロース、コーンスターチ、コーングルテン、魚油(EPA、DHA源)、調味料(アミノ酸類)、小麦タンパク、コーンフラワー、糖類、サンフラワーオイル、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(グリシン、タウリン、メチオニン)、増粘安定剤(増粘多糖類)、ミネラル類(Cl、Na、K、Ca、P、Zn、Fe、Cu、Mn、I)、ビタミン類(コリン、D3、E、B1、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B6、葉酸、ビオチン、B12)
原産国 オーストリア
サイズ 156g
1日の給与量(体重4㎏) 2.5袋
販売元 ロイヤルカナンジャポン合同会社

※給与量はめやすです。

 

pHアシスト

  • いちばん高カロリー
  • オメガー3脂肪酸を豊富に含有

 

pHアシストは、スペシフィックの療法食です。

公式サイトには、以下のように記載されています。

ナトリウム含量を調整し、2つの尿石に配慮した食事療法食

 

スペシフィックは、オメガー3脂肪酸を豊富に含有した療法食ブランドです。

それもありpHアシストのカロリー密度は、本記事で紹介している10商品の中で、いちばん高カロリーになっています。

よって、「カロリー補給をしたい猫」や「痩せ気味の猫」に最適です。

中身イメージ

ポークベースで、アルミトレイに入っています。

よく食べる、という口コミも豊富です。

ただ上で紹介したものにくらべ、見た目に華やかさはなく、きわめてスタンダードな商品と言えます。

 

口コミをみてみる /

 

製品の情報

原材料 豚肉、トウモロコシ、ヒマワリ油、粉卵、魚油、ミネラル類(Ca、P、Na、K、Mg、Cl、Cu、Fe、Zn、Mn、I)、ビタミン類(VA、VD3、VE、VK、VC、VB1、VB2、パントテン酸、VB6、VB12、ナイアシン、葉酸、ビオチン、コリン)、サイリウム種皮、デキストロース、キシロース、粉末セルロース、コンドロイチン硫酸、タウリン
原産国 デンマーク
サイズ 100g
1日の給与量(体重4㎏) 1.4個
販売元 MSDアニマルヘルス株式会社

※給与量はめやすです。

 

UR

  • チキン・サーモンの味
  • パウチタイプで、ゴミもかさばりにくい
  • 取扱いは動物病院のみ

 

URは、ピュリナの療法食です。

公式サイトには、以下のように記載されています。

ミネラルバランスを調整し、 シュウ酸カルシウムストルバイトが 形成されにくい尿環境に配慮

 

パウチタイプで味のバリエーションが選べる、数少ない商品です。(チキンorサーモン)

パウチタイプはゴミも出にくく、洗う時のストレスも少ない包装です。

中身はとろみのあるソースに、お肉のかたまりが入っています。

中身イメージ
(UKサイトから引用のため、実際と若干異なる可能性があります)

 

ただし、Amazonや楽天市場などの通販サイトからは購入できないようになっています。

動物病院のみでの取扱いであり、取扱っていない病院もあるため、事前に確認するのがよいでしょう。

 

製品の情報

原材料(チキン) チキン、ポーク、サーモン、ポークファット、米、セルロース、ミネラル類(カルシウム、カリウム、ナトリウム、クロライド、マグネシウム、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(グリシン、タウリン)、増粘多糖類(キサンタンガム)、ポリリン酸ナトリウム、カラメル色素
原産国 フランス
サイズ 85g
1日の給与量(体重4㎏) 3.3袋
販売元 ネスレ日本株式会社

※給与量はめやすです。

 

ストルバイトかシュウ酸カルシウム、どちらだけをケア

つぎに、いずれかの尿石ケアにのみ重点を置いている商品を5つ、紹介します。

 

pHケア(ストルバイト)

  • パウチタイプと、トレイタイプがある
  • 4種類の味のバリエーション
  • グレインフリー

 

pHケア(ストルバイト)は、アニモンダの療法食です。

公式サイトには、以下のように記載されています。

ストルバイト結石の形成を防ぐために特別に開発されたネコ用療法食です。

マグネシウムとリンなどのミネラルをバランスよく供給することで、ネコの尿pH6.5以下6.4以上の維持を助けます。

 

アニモンダは、ウェットタイプ療法食のバリエーションの豊富さではNo.1です。

pHケア(ストルバイト)も、以下の4つのバリエーションがあります。

もちろんドライフードタイプもあるので、味変や組み合わせもかなりの数になります。

パウチ(85g) 鶏(チキン)、牛(ビーフ)
トレイ(100g) 鶏(チキン)、子牛

 

 

中身イメージ

どちらのタイプもグレインフリーであり、穀物アレルギーが心配な猫でも安心して使えます。

ただパッケージの表示がほとんど英語であるため、表記が読みにくいのがネックです。

 

口コミをみてみる /

アニモンダ インテグラプロテクト pHケア(ストルバイト結石)キャットパウチ(鶏)85g
アニモンダ

 

製品の情報

原材料(トレイ・鶏) 肉類(牛、鶏、豚)、野菜(ポテト)、油脂類(キャノーラ油)、ミネラル類、野菜副産物、dl-メチオニン、硫酸カルシウム、ビタミンD3
原産国 ドイツ
サイズ 85g(パウチ)、100g(トレイ)
1日の給与量(体重4㎏) 2.2個(トレイ・鶏)
販売元 ジャーマンペット株式会社

※給与量はめやすです。

 

pHケア(シュウ酸カルシウム)

  • 2種類の味(牛・鴨)
  • グレインフリー

 

pHケア(シュウ酸カルシウム)は、アニモンダの療法食です。

公式サイトには、以下のように記載されています。

シュウ酸カルシウム結石の形成を防ぐために特別に開発されたネコ用療法食です。

マグネシウムやリンなどのミネラルをバランスよく供給することで、ネコの尿pH値6.7の維持を助けます。

 

上述のpHケアのシュウ酸カルシウムケアタイプです。

トレイタイプのみですが、鴨(ダック)と牛(ビーフ)の2種類の味から選ぶことができます。

中身イメージ

いずれもグレインフリーであり、穀物アレルギーが心配な猫でも安心して使えます。

また猫の療法食で、「ダック(鴨)」をメインにしたものは少なく、それだけでも希少価値があると言えます。

ただパッケージの表示がほとんど英語であるため、表記が読みにくいのがネックです。

 

口コミをみてみる /

 

製品の情報

原材料(トレイ・鴨) 肉類(牛、鶏、豚、鴨)、油脂類、野菜(ポテト)、ミネラル類、野菜副産物、dl-メチオニン、ビタミンD3
原産国 ドイツ
サイズ 100g
1日の給与量(体重4㎏) 2.2個
販売元 ジャーマンペット株式会社

※給与量はめやすです。

 

尿路ケアS

  • ストルバイトにのみ配慮
  • グレインフリー
  • 低GIの原材料

 

尿路ケアSは、ファルミナの療法食です。

公式サイトには、以下のように記載されています。

猫のストルバイト尿石の形成と下部尿路の健康に配慮し、ミネラル成分とアミノ酸が特別に調整された食事療法食です。

 

中身はローフタイプ(一般的なタイプ)の缶詰です。

グレインフリーであり、穀物アレルギーが心配な猫でも安心して使えます。(炭水化物源としては、サツマイモを使用)

 

  中身イメージ

ただし、Amazonや楽天市場などの通販サイトからは購入できないようになっています。

動物病院のみでの取扱いであり、取扱っていない病院もあるため、事前に確認するのがよいでしょう。

 

製品の情報

原材料 鶏肉、サツマイモ、魚肉加水分解物、魚(イワシ、ツナ)、鶏レバー、全卵、魚油、鶏脂、キヌア、エンドウ豆繊維、フラクトオリゴ糖、酵母抽出物(マンナンオリゴ糖)、乾燥ビール酵母、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)、ビタミン類(A、D3、E)、ミネラル類(カルシウム、クロライド、カリウム、ナトリウム、イオウ、亜鉛、マンガン、鉄、銅、ヨウ素)
原産国 イタリア
サイズ 85g
1日の給与量(体重4㎏) 2.5缶
販売元 ファルミナペットフーズ・ジャパン株式会社

※給与量はめやすです。

 

ストルバイト(ファンクショナル)

  • ストルバイトにのみ配慮
  • 抗酸化成分を配合
  • 10商品の中でいちばんカロリー密度が低い

 

ストルバイト(ファンクショナル)は、マーペットの療法食です。

公式サイトには、以下のように記載されています。

尿の酸性化特性とマグネシウム、リンの制限によるストルバイト尿石症に配慮し、尿量のコントロール。

※ヨーロッパのペットに関する法律(法律№354/2020)により最長6カ月まで与えられますが、それ以降は獣医師と相談の上、中断するか継続するかの判断を仰いでください。

 

サーモンオイルやポリフェノールにより、抗酸化成分を豊富に配合しています。

やわらかいローフタイプの缶詰です。

  中身イメージ

紹介しているウェットタイプの中で、いちばん低カロリーです。(82kcal/100g)

よって栄養補給のために、与える量がいちばん多くなるため、ややコスパが悪くなりがちです。

一般的な通販サイトで購入できます。

 

口コミをみてみる /

※記事公開時はAmazon出品なし

 

製品の情報

原材料 チキン30%, ポーク21%, サーモンオイル, ミネラル, ブドウ糖, マンナンオリゴ糖, ポリフェノール(ブドウ抽出), VitA 4000IU, VitD3 500IU, VitE 60mg, VitB1 0.80mg, VitB2 2.24mg, VitB6 0.40mg, VitB12 0.004mg, VitPP 3.60mg, タウリン1000mg, 塩化コリン600mg, 葉酸0.20mg, カルシウム2.4mg, 亜鉛10mg, 鉄1.6mg, マンガン1.2mg, ヨウ素0.28mg, セレン0.08mg, 塩化アンモニウム(尿素)72mg, メチオニン1440mg
原産国 イタリア
サイズ 85g
1日の給与量(体重4㎏) 3.1缶
販売元 株式会社クオレイタリア

※給与量はめやすです。

 

低たんぱく

  • めずらいい原材料を多数使用
  • おそらくストルバイトに配慮
  • 尿石以外のケアも

 

低たんぱくは、和漢みらいのキャットフードシリーズの療法食です。

公式サイトには、以下のように記載されています。

当フードは、タンパク質や糖質、脂質、リン、ナトリウム、銅等を制限し、内臓器官の負担に配慮した【腎臓・肝臓・胆のう・膵臓・結石・心臓・甲状腺・副腎対応】の栄養制限設計の療法食です。(HP)

 

鹿肉や馬肉、89種類の和漢植物など、めずらしい原材料を使用しています。

それもあり、10商品の中でいちばん単価が高くなっています。

パウチタイプで、ミンチ状です。

  中身イメージ

公式サイトでは、何の種類の尿石に対応しているか、個別には書いていないのがネックです。

ただタンパク制限をしていることから、ストルバイトへのケアを重視していると予想されます。

タンパク制限により、腎臓など、尿石以外の健康維持などにも配慮されているようで、その点はメリットと言えます。

公式サイトからのみ、購入可能です。

 

製品の情報

原材料 生肉(鹿,馬,イベリコ豚),大麦,玄米,国産雑節,ローストセサミ,和漢植物粉末【紅豆杉,BCAA(Lロイシン・Lイソロイシン・Lバリン),ノコギリヤシ,ユーグレナ(ミドリムシ),プロポリス,DHA,亜麻仁,田七人参,朝鮮人参,冬虫夏草,ハナビラタケ,チャーガ(シベリア霊芝),霊芝,アガリクス,ジャバラ,ノニ果実,タヒボ(紫イペ),発酵グルコサミン,オルニチン,アルギニン,ビタミンD,クランベリー,ミドリイガイ,延命草,黒豆,コラーゲン,ヒアルロン酸,ケイヒ,ウコン,マイタケ,カワラタケ,山伏茸,メシマコブ,シロキクラゲ,タモギタケ,ウラジロガシ,蝦夷ウコギ,スピルリナ,杜仲の葉,グアバ葉,ケイケットウ,ギョクチク,ゴカヒ,ハトムギ,ヘンプ(麻),大麦若葉,ガジュツ,カミツレ,陳皮,吉野葛,サラシア,スギナ,大棗(ナツメ),キバナオウギ,ドクダミ,クロガリンダ,ヒハツ,菊芋,ケイ素(シリカ),クマザサ,ヨモギ,バイキセイ,ブルーベリー,枇杷の葉,南蛮の毛,ザクロ,モリンガ,ニンドウ,板藍根,甜茶,山芋,赤ブドウ葉,イチョウ葉,桑の葉,MSM,エキナセア,サンシシ,ウイキョウ,ガイヨウ,ハス胚芽,生姜,サンザシ,チョウジ,ライフクシ,八角,当帰の葉,クコの実(ゴジベリー),菊の花,紅花】,脱脂米ぬか,サチャインチオイル(耐熱性オメガ3脂肪酸),卵殻カルシウム,脱脂粉乳,乳清,海藻,リジン,メチオニン
原産国 日本
サイズ 70g
1日の給与量(体重4㎏) 4袋
販売元 自然の森製薬 株式会社

※給与量はめやすです。

 

スポンサーリンク

まとめ

最後に、これまで紹介したフードを、表にしてまとめました。

 

尿石のケア タイプ 風味
尿ケア c/d(シチュー) 両方 チキン・ツナ
尿ケア c/d 両方 シーフード
ユリナリーS/O 両方 パウチ チキン&ポーク
pHアシスト 両方 トレイ ポーク
UR 両方 パウチ チキン
pHケア
(ストルバイト)
ストルバイト パウチ
トレイ
鶏・牛・子牛
pHケア
(シュウ酸カルシウム)
シュウ酸カルシウム トレイ 鴨・牛
尿路ケアS ストルバイト チキン
ファンクショナル
(ストルバイト)
ストルバイト チキン
低たんぱく ストルバイト? パウチ 鹿&馬&イベリコ豚

※商品名をタップすると、詳細説明に戻ります。

 

尿路結石のケアは、長期間にわたって食事療法を行うこともあります。

そのうえで、コストを考えるとドライフードタイプを選択肢にしたい方もいるかもしれません。

そんな方に向けては、以下の記事をまとめていますので、参考にしてみてください。

 

また食事療法には「おやつ」も、もちろん含まれます。(主食に気を使っていても、おやつがそれを台無しにしてしまうことも多いです)

おやつについては、以下の記事も参考にしてみてください。

 

本記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード, 病気

Copyright© ペットのモノシリ , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.