フード 病気

【ヒルズ】c/dとc/dコンフォートの5つの違いをペット栄養士が解説。

【更新日:2020年12月20日】

 

飼い主さん
ヒルズのc/dに「コンフォート」っていうのがあるんだけど、どう違うの?

 

ヒルズの療法食「c/dコンフォート」は、猫の尿路疾患の強い味方です。
ただ「(ふつうの)c/dとの違い」が分かりにくいのも事実です。

この記事では「c/d」と「c/dコンフォート」の違いについて、徹底的に解説していきます。

「c/dコンフォート」と「c/d」の違い

ヒルズの「c/dシリーズ」は、猫の尿路疾患を治療する療法食です。

c/dシリーズの中に、「c/d(チキン・フィッシュ)」と「c/dコンフォート」があります。

効果の違い

「c/dコンフォート」も「c/d」も、猫の尿路疾患に対応するフードですが、効果にすこし違いがあります。

販売されるのが早かった「c/d」は、もともと3つの病気に対応しています。

  • 特発性膀胱炎
  • ストルバイト尿石
  • シュウ酸カルシウム尿石

 

そして「c/dコンフォート」は「c/d」に2つの成分を追加して、特発性膀胱炎への対応能力を強化しました。

  1. 加水分解ミルクプロテイン
  2. L-トリプトファン

 

現在の獣医学では、特発性膀胱炎の原因の1つが「猫のストレス」ということが分かっています。
「加水分解ミルクプロテイン」と「L-トリプトファン」は、猫のストレスを軽減することができる栄養成分です。

よってこの2つが強化されたc/dコンフォートは、特発性膀胱炎の対応力が強くなっているということです。

まとめると、c/dコンフォートとc/dの効果の違いは、以下のようになります。

  • c/dコンフォートは、c/dより特発性膀胱炎の対応力が強い。
  • ストルバイト尿石、シュウ酸カルシウム尿石への対応力は、どちらも同じ。

 

 

違いを表にしてみます。

c/dコンフォート c/d
特発性膀胱炎
ストルバイトを溶かす
ストルバイトを予防
シュウ酸カルシウムを予防

 

つまり選ぶ際には、以下のように考えるとよいです。

  • 特発性膀胱炎なら「c/dコンフォート」
  • ストルバイト尿石、シュウ酸カルシウム尿石なら「どちらでもいい」

 

c/dコンフォート ↓

 

c/d ↓

プリスクリプションダイエット
¥3,627 (2021/04/11 23:56:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

飼い主さん
なんで特発性膀胱炎への対応力を強化したの?

 

猫の尿路疾患の60%くらいが、特発性膀胱炎だといわれています。
「c/d」だと特発性膀胱炎への対応がしきれなかったと考えられます。

 

見分け方

外見での見分け方は、パッケージ真ん中あたりを見てみてください。

c/dという文字の背景が「赤」になっていたら「c/dコンフォート」です。

「c/d」と「c/dコンフォート」は効果も違う(前述)ので、この見分けが大切です。

またとても見にくいですが、赤の背景に小さく「コンフォート」という文字も書かれています。

味の違い

「c/dコンフォート」はチキン味です。
「c/d」にはチキン味とフィッシュ味があります。

味はパッケージの左下に書いてあります。

 

念のため、原材料を確認してみます。

c/dコンフォート ↓

米、トリ肉(チキン、ターキー)、小麦、コーングルテン、動物性油脂、ポークエキス、魚油、植物性油脂、加水分解ミルクプロテイン、加水分解甲殻類、加水分解豚軟骨、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、乳酸、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン、リジン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

c/d  チキン ↓

米、トリ肉(チキン、ターキー)、小麦、コーングルテン、動物性油脂、植物性油脂、ポークエキス、魚油、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、乳酸、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン、リジン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

c/d フィッシュ ↓

米、トリ肉(チキン、ターキー)、コーングルテン、動物性油脂、フィッシュ、植物性油脂、チキンエキス、魚油、亜麻仁、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

 

c/dには味が2種類ありますが、コンフォートにはチキン味しかありません。早くコンフォートのフィッシュ味が出ることが望まれますね。

魚味を最優先で求める方は、c/dフィッシュの一択となります。

 

飼い主さん
c/dフィッシュには、フィッシュよりトリ肉が多く入ってるよ。
なのに「フィッシュ味」なの?

 

ペットフードのルールでは、「原材料の中に5%入っているものを味として表記できる」というルールがあります。
なのでc/dフィッシュは、「チキン味」とも「フィッシュ味」ともいえるわけです。

 

粒の違い

味だけでなく、粒の形に好き嫌いがある猫もいます。

「c/dコンフォート」と「c/d」の粒の形は「どちらも円形の平べったい粒」です。

 

触った感じだとベタベタ感もなく、サラサラしています。

 

ラインナップや価格の違い

袋のサイズ、缶詰の有無についてはまったく同じです。

ただコンフォートのほうが5%くらい値段が高くなっていることが多いです。
特発性膀胱炎への対応力が高い分、仕方ないといえますね。

 

c/dコンフォート c/d
サイズ 価格 サイズ 価格
ドライフード 500g 1,625円 500g 1,560円
2kg 3,645円 2kg 3,223円
4kg 5,555円 4kg 5,886円
缶詰 82g×24缶 4,800円 82g×24缶 4,388円

※こちらの表は記事公開時のAmazon価格。タイミングにより変動しますのでご注意ください。
ちなみに4kgサイズだけ、コンフォートが安くなる逆転現象が起きています。こういった時はお買い得ですね。

 

ちなみに、c/dコンフォートには低カロリータイプも発売されています。
「c/dマルチケアコンフォート+メタボリックス」という製品です。

以下の場合に最適です。

  • 特発性膀胱炎で、かつ太り気味な猫

この場合には「c/dコンフォート」より、「c/dマルチケアコンフォート+メタボリックス」のほうがおすすめです。

【カロリーの違い】

c/dコンフォート+メタボリックス c/dコンフォート c/d 
341kcal 387kcal 388kcal

 

 

c/dマルチケアコンフォート+メタボリックスについては、以下の記事でも解説しています。

 

「c/dコンフォートとc/dの違い」に関する記事は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード, 病気

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.