TOPペット栄養管理士によるお役立ち情報

ペットのモノシリ

ペットフード お役立ち

保存はできる!?ドッグフードをふやかす時の4つのポイント。

投稿日:

 

こんにちは!ピー子センパイです。

 

コロ
わーい。今日はドッグフードをふやかしたやつだー!
嬉しそうでよかったよ。
ピー子センパイ
コロ
今は少し残しておいて、残りを夜に食べよっと。
だめだめ、ふやかしたドッグフードは保存できないから。
ピー子センパイ

 

ドッグフードをふやかすことも多いかと思います。作り置きが多少できたら手間も省けていいですが、作り置きはおすすめしません。

ふやかすときの温度や、ビタミンが壊れるんじゃないか、というポイントもあわせて、ペット栄養管理士歴10年以上のピー子が解説させていただきます!

 

ドッグフードをふやかした時の保存

ドライタイプのドッグフードをふやかした状態は、悪い言い方ですが「べちゃべちゃ」な状態です。つまり栄養分にくわえて、水分が豊富に含まれた状態です。

一般的には水分量が多い食品ほどカビが生えたり腐敗しやすくなります。これは空気中に存在している細菌が水分を利用して繁殖していくためです。

栄養分と水分量の多いものが空気に触れる = 傷みやすい

ということですね。

 

もともと水分量の多い缶詰などはそれを防ぐために密閉されて販売されています。

これは空気に触れることを防いでいるわけですが、缶を開けて1度空気に触れる状態になったら保存は効かなくなります。

 

ここまでで分かっていただけたかと思いますが、ふやかしたドッグフードは保存はできません

ドッグフードは栄養分の宝庫で、そこに水分を加え、空気に触れている状態だからです。

その時限りの使い切りにして、数時間おく、とか半日保存する、などはやめたほうがいいです。

 

✅ポイント

ドライタイプのドッグフードはふやかさなければ水分量が10%以下のため、1か月程度は保存ができます

ただふやかすことで水分量を多くしてしまった時から保存は効かなくなります。

 

【あわせて読みたい】

ドッグフードの保存方法。ドライ、缶詰、セミモイストで解説。

 

 

ドッグフードをふやかすメリット

もちろんドライタイプのままで与えることに何の問題もありませんが、ふやかすことのメリットもあります。

ドッグフードをふやかすメリット

  • 犬は水分量の多いもの、やわらかいものを好む傾向がある。ふやかすことでそれまでよりも、よく食べてくれる可能性がある。
  • 水分摂取量を増やせる可能性があり、尿石症や腎臓病の管理がしやすくなる。
  • 老齢で噛む力が弱ったり、口内炎などで口の中が痛い時でも食べやすい。

上記のような状態には手はまることがあれば、ドッグフードをふやかすことはとてもいい選択肢になりますね。

ちなみに1番上のポイントは、犬が缶詰などのウェットタイプが大好きなことからも分かりますよね。

 

ドッグフードをふやかしてもビタミンは壊れない

geralt / Pixabay

「ドッグフード ふやかす」などでググってみると、「ビタミンが熱によって破壊される」などの記事が出てきますが、これは間違いです

ビタミンの熱に対する研究では以下のような研究があります。

  • 熱湯でホウレンソウを1分茹でるとビタミンCが26%減少する。
  • ビタミンCの液を加熱してかき混ぜていくと、約5時間後から減少し始める。

温度とビタミンの影響はほとんど影響がないことが分かります。

影響が少しあるといっても、熱湯状態に1分ドッグフードを浸けることがあるでしょうか?

5時間加熱してかき混ぜることがあるでしょうか?

答えはNOですよね。

なのでドッグフードをふやかすことでビタミンが壊れる、ということは全く心配する必要はありません

 

コロ
熱で壊れなくても、ビタミンBなどの水溶性ビタミンはふやかしたら流れ出ちゃうんじゃないの?
余ってしまうほどたくさんの水をかけなければ大丈夫ですね!
ピー子センパイ
コロ
あ、たしかに・・・笑

 

ドッグフードをふやかすときの温度

ただ長時間の加熱などはしなくても、温度のポイントはあります。

40℃くらいになるようにすること

です。

 

犬は40℃くらいの食べ物を最も好むということが分かっているからです。

先祖が生き物を食べていたころの名残でしょうか。(生物の体温は40℃くらい)

ですのでふやかすときはお湯を使って、飼い主さんが触ってぬるく感じるくらいになるようにしてください。

こうしてあげればワンちゃんの喜びもきっとUPするでしょう。

ふやかすやり方は、お湯をかけて何かですりつぶせばよく、特別なポイントはありません。

 

まとめ

ドッグフードをふやかすときのまとめ

  • 保存は効かないのでその場で使い切る。
  • ふやかすくらいでビタミンが壊れることはない。
  • ふやかして40℃くらいになるのが最も喜ぶ温度。

 

以上皆さんのワンちゃんライフのお役に立つとうれしいです。

-, ペットフード, お役立ち

Copyright© ペットのモノシリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.