フード

ロイヤルカナンの流動食は5種類!症状別のおすすめを解説。

【公開日:2021年10月30日】

 

飼い主さん

ロイヤルカナンは処方食で「液体タイプ」があるみたい。

でもいくつか種類があるみたいだから、うちの子にはどれがあうのか知りたいな。

 

ロイヤルカナンからは、計5種類の「リキッド」という療法食が発売されています。

それぞれがどんな子に適しているのか、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

 

ロイヤルカナンのリキッドシリーズ

5種類それぞれの違いはこの後解説しますが、まずは共通した特徴をまとめていきます。

リキッドシリーズは、以下のような特徴があります。

リキッドの共通特徴

  • 完全な液体上で、強制給餌ができる
  • 1mlあたり1kcal(または1.5kcal)
  • ドライフードや缶詰がセットになっている

 

完全な液体状で、強制給餌ができる

1つ目は「完全な液体状で、強制給餌ができる」ということです。それにより、シリンジ(注射器)やカテーテルでの栄養補給、飲み水に混ぜての栄養補給ができます。

よって自力でフードを食べられない時に、非常に使いやすいということです。

強制給餌のイメージ

 

また強制給餌をしやすくするため、専用のキャップが付属しています。

 

ちなみに「完全な液体状」というのは当たり前のように感じるかもしれません、ですが、栄養成分をしっかりと入れつつ液体状になっている(しかもペット用)製品はほとんどなく、希少価値が高いです。

参考:【脱失敗】ペットの流動食・おすすめ14選をペット栄養士が比較!

 

 

1mlあたり1kcal

2つ目は「1mlあたり1kcal(製品によっては1.5kcal)入っている」という点です。ちなみに1本200ml入っています。

強制給餌の際には「体調は悪いけど、少なくても●●くらいのカロリーは摂取させたい」という基準があります。特に獣医師側は治療する上で、そのような基準をもっています。

そんな時に「1mlで1kcal」というのは非常に分かりやすく、計算が立ちやすいのです。

 

 

ドライフードや缶詰がセットである

3つ目は「ドライフードや缶詰がセットになっている」点です。

緊急的にリキッドで回復をさせた後も、引き続き管理が必要になることは多いです。またリキッドと他のタイプを一緒に使いたいこともあるでしょう。

そんな時に、リキッドと同列のドライフードや缶詰があるとないとでは、安心感が違います。

後述もしますが、リキッドは必ずセットになっているため、リキッドを終えた後の食事療法もスムーズにおこなえます。

 

 

 

ではここから、製品ごとに特徴を見ていきます。

 

ロイヤルカナンのリキッド【5商品】

消化器サポート 低脂肪(犬用)

こんな子におすすめ!

  •  膵炎
  • 高脂血症
  • リンパ管拡張症
  • 下痢

与える量のめやす

 

消化器サポート低脂肪リキッドは、犬用のみで猫用はありません。1mlあたり1kcalです。

消化率を高め、低脂肪の設計にしています。

膵炎やリンパ管拡張症などの際には、低脂肪が必要だからです。また脂肪が多いものを食べると下痢しやすい、という状態の犬にも使うことが可能です。

 

リキッド使用後は、ドライタイプ・缶詰タイプにシフトすることができます。

 

参考記事:【消化器サポート低脂肪】メリットや口コミ、最安値の購入法を解説!

 

 

消化器サポート 高栄養(犬用)

こんな子におすすめ!

  • 慢性の下痢や消化不良
  • 子犬に与えたい

与える量のめやす

 

消化器サポート高栄養リキッドは、犬用のみで猫用はありません。1mlあたり1.5kcalです。

高消化性のタンパク質をつかい、カロリーも高めるために脂肪も適量入れています。

よって「慢性的な下痢をして弱っているため、栄養補給をしたい」「成長期の子犬の栄養補給をしたい」という時に最適です。

 

リキッドの使用後は、ドライフードタイプがセットで販売しています。

 

 

腎臓サポートリキッド(犬用)

こんな子におすすめ!

  •  腎不全
  • 肝不全

与える量のめやす

 

腎臓サポートリキッドは、犬用ですが、猫用もあります(猫用は次の章で紹介)。1mlあたり1.5kcalです。

タンパク質やリンの量を制限しています。

腎臓病や肝臓病の際には、BUNやリンの上昇がおこりやすく、それがQOL(生活の質)を悪化させてしまうからです。

 

リキッドの使用後は、ドライフードまたは缶詰に移行することができます。

 

参考記事:【ロイヤルカナン】犬用腎臓サポートは4つある!違いを栄養士が解説

 

 

腎臓サポートリキッド(猫用)

 

こんな子におすすめ!

  •  腎不全
  • 肝不全

与える量のめやす

 

腎臓サポートリキッドは、猫用です。1mlあたり1kcalです。

タンパク質やリンの量を制限しています。

腎臓病や肝臓病の際には、BUNやリンの上昇がおこりやすく、それがQOL(生活の質)を悪化させてしまうからです。

 

リキッドの使用後は、ドライフードまたはパウチに移行することができます。

 

参考記事:【腎臓サポート猫用】メリットや口コミ、最安値の購入法を徹底解説!

 

 

クリティカルリキッド(犬猫兼用)

こんな子におすすめ!

  • 食欲不振
  • 手術前後
  • 回復期

与える量のめやす

 

クリティカルリキッドは、犬猫兼用です。1mlに1kcal入っています。

ここまでで紹介した病気や状態に当てはまらない。でも栄養補給が必要な状態。」というときに幅広く使える製品です。

高タンパクで作られています。

参考記事:【ロイヤルカナン】クリティカルリキッドの使い方や評判、類似品まとめ。

 

クリティカルリキッドを終えた後は、「退院サポート」という缶詰に移行できます。

 

参考記事:ロイヤルカナン・退院サポートの徹底レビュー。最安値の購入法も。

 

 

ロイヤルカナンのリキッドシリーズの解説は、以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, , フード

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.