広告 

フード

【ヒルズ】a/d缶のおすすめ保存方法、使用期限をペット栄養士が解説。

 

うちの子にa/d缶をあげてるんだけど、

どうやって保存すればいいのかな?

 

ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

a/d缶は、ヒルズから発売されている、高カロリー・高栄養の缶詰です。

実際にカロリーを見ると「117kcal/100g」となっており、おなじようなコンセプトのフードの中でも高いカロリーになっています。

味もおいしく、ペースト状なので「シリンジを使った流動食」としても使えます。

参考:高栄養フードの比較記事

 

具体的には、以下のようなときに使われることが多いです。

  • 食欲が落ちているとき
  • 病気などで、十分量が食べられないとき
  • 手術後などの回復期

 

ただa/d缶には、1つ難点があります。

1缶に156g入っていて「量が多い」ということです。

つまり、1度に使いきれず、保存をしなきゃいけないことが多いんです。

衰弱しているときなどは、たくさんの量をあげられませんから、余計に使い切りが大変です。

 

a/d缶の使用期限をメーカーに聞いてみた

 

そこでヒルズの電話相談室に、「a/d缶は開けた後どれくらい保存できるんですか?」と聞いてみました。

答えはこうでした。

開けた後は冷蔵庫に入れ、長くても2~3日以内に食べきってください。

 

スポンサーリンク

a/d缶のおすすめ保管方法

ということで、a/dのおすすめ保管方法を、2つのパターンに分けて解説していきます。

  1. 2日以内に食べきれる場合
  2. 食べきりに2日以上かかる場合

 

2日以内に食べきれる場合

缶詰が腐るのは、「細菌が栄養分を分解するから」です。

なので細菌の活動を抑えることが必要です。

そのために、以下のことが大切です。

  • 冷やす
  • 空気に触れないようにする

 

よって密閉できるタッパーなどに入れ、冷蔵庫で保管する、という方法がおすすめです。

そして使う時には、40℃くらいに温めてから与えましょう。

 

食べきるのに2日以上かかる場合

ただ上記の方法でも、腐敗の進行を完全に抑えることはできません。

なので、使い切りに2日以上かかる場合は「冷凍する」のがおすすめです。

ただし冷凍と解凍をくりかえすと、結露によりカビの原因になるので、以下のような方法にしましょう。

  • ラップなどで1回分ずつ小分けして冷凍
  • 使う時に1回分だけを、40℃くらいに温めて与える

 

【ヒルズ・a/d缶】徹底レビューと最安値の購入法を栄養士が紹介

続きを見る

 

スポンサーリンク

a/d缶より量が少ない高カロリー食

ただし、冷蔵や冷凍をすると、確実に風味が落ちていきます

風味が落ちると「食べさせたいときに食べてくれない」というリスクも出てきます。

なので風味を重視したい場合には、「量の少ない高カロリー食」をはじめから選ぶ方がいいでしょう。

これから紹介する2つの製品は、以下の三拍子がそろっています。

  • ペースト状
  • 高栄養
  • 小容量

 

カロリーエースプラス ムースタイプ

上が犬用、下が猫用

 

カロリーエースプラス・ムースタイプはデビフペット株式会社から発売されています。

犬用と猫用で分かれていますが、どちらも65g入りでa/d缶の1/3くらいのサイズです。

他にも以下のような特徴があります。

  • 「90kcal」と高カロリー(a/dは118kcal)※
  • 着色料不使用
  • 国産(a/dはアメリカ産)

※100gあたり

 

中身はムース状になっており、飲み込む力や噛む力がよわっているペットにもやさしいです。

 

犬用カロリーエース・ムースタイプ ↓↓

created by Rinker
デビフ
¥1,800 (2024/04/16 15:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

猫用カロリーエース・ムースタイプ ↓↓

created by Rinker
デビフ
¥2,350 (2024/04/16 17:41:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

スタミノール

カロリーエースプラスよりさらに少ない量だと、「スタミノール」という製品があります。

上が犬用、下が猫用

スタミノールは、アースペット株式会社から発売されているペーストフードです。

「1gあたり5kcla」と超高カロリーです。

それでいて犬用は30g、猫用は50gと少ない量なので、とても使い勝手がいいです。

他にも以下のような特徴があります。

  • キャップ付きのチューブで、抜群の保存しやすさ
  • 国産
  • 犬用は「関節ケア」、猫用は「毛玉ケア」タイプもある

 

ペースト状になっているため、手からあたえるのもしやすく、量の調整もしやすいです。

 

犬用スタミノール ↓↓

created by Rinker
スタミノール
¥645 (2024/04/16 14:47:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

猫用スタミノール ↓↓

created by Rinker
スタミノール
¥846 (2024/04/16 20:32:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

上記の2商品が、個人的には使い勝手がいいと思います。

本記事は以上となります。

ちなみに高カロリーフードについては以下でも解説しているので、興味があれば読んでみてください!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

-, , フード

Copyright© ペットのモノシリ , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.