フード

【ロイヤルカナン】消化器サポート缶詰が売切れ!いま買える代替品。

【公開日:2021年6月7日】

 

飼い主さん

いつも買ってる「消化器サポートの缶詰」が売ってないんだけど・・・

うちの子は、それしかあげちゃダメだからすごい困る~(>_<)

 

このようにお困りの方に向けて、ペット栄養管理士の筆者が以下のポイントをを解説していきます。

  • 売ってない原因
  • 解決法

解決法はありますので、あきらめないでくださいね。

 

消化器サポートの缶詰が売ってない【欠品、品薄】

現在入手困難になっている「消化器サポートの缶詰」とは、正確には「消化器サポート 低脂肪(犬用)」の缶詰のことです。

消化率が高く、しかも低脂肪になっているため、以下のような病気のときに使うことができます。

  • 嘔吐や下痢
  • 膵炎
  • 高脂血症
  • リンパ管拡張症 など

 

消化器サポートの缶詰は、動物病院やAmazon・楽天市場などの通販サイトで広く購入できるようになっています。

しかし5月あたりから、どこを探しても「欠品中」「入荷待ち」で買えないような状況になっています。

 

Amazonでの検索結果

 

楽天市場での検索結果

 

なぜこのような現象が起こっているのでしょうか?

 

消化器サポートの缶詰が売ってない理由

消化器サポートの缶詰が欠品、品薄になっている原因は、他のメーカーに原因があります。

そのメーカーとは「ヒルズ」です。ヒルズはロイヤルカナンとならび、療法食の大手メーカーです。

 

ヒルズでも「i/dローファット」という高消化性・低脂肪の缶詰を作っており、かなりの売れ筋商品です。

それがコロナ禍で長期の欠品をしてしまいました。(参考記事:【2021年】ヒルズ缶詰が売切れ続出!最新在庫状況と代用品まとめ

 

つまり、こういう現象が起こったのです。

i/dローファットを使っていた方が、消化器サポートに乗り換えた

消化器サポートの生産が追い付かず、欠品した

 

消化器サポートの缶詰があおりをくらってしまった、ということですね。

 

飼い主さん

そうなんだ・・・

もともとはロイヤルカナンの問題ではないんだね。

 

今まで消化器サポートの缶詰を使っていた方にとっては、なんともやるせない状況ですが、病気の治療を進めていくには何とかするしかありません。

というわけで、これから対処法を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

消化器サポートの缶詰の代用品【解決法】

 

ペット栄養管理士の目線からいうと、「低脂肪の別の療法食に代える」というのが、いちばんよい選択かと思います。

「療法食をやめる」「手作り食を作る」という選択肢を考えている方もいるかもしれませんが、以下の理由からおすすめできません。

  • 療法食をやめる
    → 病気が再発しやすくなる。高脂血症や膵炎、リンパ管拡張症などは、低脂肪食の療法食でないと、一気に悪化する可能性があります。
  • 手作り食を作る
    → 低脂肪とは「水分を除いたあとで、脂肪分10%未満」を指す。これを手作りで毎日実現するのはなかなか難しいです。

 

というわけで、「消化器サポート 低脂肪の代替品」を2つのポイントに分けて紹介していきます。

 

ドライフード

まずドライフードを食べられるのであれば、選択肢はとても広がります。場合によっては、ふやかしてあげてもいいでしょう。

特に「消化器サポート低脂肪のドライフード」は、まったく欠品していません。

缶詰からシフトする際に、もっとも安全な選択肢だと言えます。

 

 

上で紹介した、ヒルズの「i/dローファットのドライフード」も、問題なく購入できます。

消化器サポート低脂肪とくらべ、脂肪の量はほぼ同じです。

 

 

また、「i/dローファットの小粒タイプ」にあたる「i/dコンフォート」という療法食もあります。

上記2つの商品は粒のサイズが大きめですが、i/dコンフォートの粒がいちばん小さいです。

 

 

これら3つのドライフードが、療法食としてはいちばん使いやすいです。
ただそれ以外の低脂肪フードにも関心がある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

犬の低脂肪食おすすめ15選!脂肪量まとめ【カロリーも超重要です】 

続きを見る

 

 

ウェットフード

とはいえ、「ドライフードは食べないから缶詰を使いたい」「ドライフードへのトッピングとして使いたい」という方もいるでしょう。

そういった方のために、低脂肪のウェット療法食を紹介していきます。

 

i/dローファット シチュー

え?と思われた方もいるかもしれません。

実は消化器サポート缶詰の欠品となった、i/dローファット缶の販売が始まっています。(記事公開時点)

シチュー缶は消化器サポートよりおいしい「グルメタイプ」の缶詰です。かつ156g/缶とあまりにくい量のため、使い勝手もいいでしょう。

中身のイメージ

流通がまだ不安定の状況のため、通常価格より値段が高めになっています。

ただ価格的に問題なければ、またいつなくなるかもわからないため、「あるうちに買っておく」ほうがいいでしょう。

 

 

i/dローファットの口コミなど知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

【i/dローファット】メリットや口コミ、最安値の購入法まとめ

続きを見る

 

i/dローファット

i/dローファットには、シチュー缶ではないタイプの缶詰もあります。

消化器サポートの缶詰とおなじ「ローフタイプ」の缶詰なので、抵抗なく移行できるでしょう。

サイズも360gと大きいため、シチュー缶よりg単価が安いです。
中型犬以上ならこちらのタイプがいいでしょう。

 

こちらも長期で欠品していたため、またいつなくなるかもわからない状態です。

 

 

i/dローファットの口コミなど知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

【i/dローファット】メリットや口コミ、最安値の購入法まとめ

続きを見る

 

CRW

CRWはスペシフィックの療法食です。
ロイヤルカナンやヒルズほどメジャーではないメーカーですが、動物病院での取り扱いは多いです。

低脂肪のバランスになっており、メーカーパンフレットには以下のようにケースで使えると記載されています。

● 高脂血症や胆汁うっ滞
高脂血症や胆汁うっ滞では、脂質の摂取を制限することが推奨されています。スペシフィック CRD-1/CRW-1では脂質を最小限まで制限
することで、このような臨床症状の犬に配慮しています。

大腸炎、慢性下痢症、便秘
豊富に配合された繊維(食物繊維および不溶性繊維)が便中の余分な水分を吸収、保持し、消化管を刺激して、適切な腸管の蠕動運動を促す
ことで、これらの臨床症状に配慮しています

※ただし食物繊維が多いため、便の量が増えます。また膵炎にはおすすめしにくいです。

 

消化器サポートの缶詰と同じローフタイプです。

サイズが100g/300gと2タイプあり、アルミトレイに入っていることもあり、取り扱いはしやすいと言えるでしょう。

 

 

 

「消化器サポートの缶詰が売ってない」の記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.