フード 病気

スタミノールは腎不全の猫に使うと危険?ペット栄養管理士が解説。

 

うちの猫が腎不全なんだけど、スタミノールをあげても大丈夫かしら?

 

上記のような疑問・不安をペット栄養管理士の筆者が解決します!

スタミノールとは

スタミノールはアース・ペット株式会社から発売されている、高栄養のペーストです。

通常の「スタミノール」と「スタミノール毛玉ケア」の2種類があります。

 

※毛玉ケアは繊維を多くして毛玉吐きを軽減する作用あり。

 

 

DHAやビタミンEを高配合した、栄養補給に適した栄養バランスです。

そして何より1gあたり5kcalのカロリーが入っています。(2種類とも)

これは「超」がつくほどたっぷりのカロリーといえます。

 

ただスタミノールは「総合栄養食」ではありません。

あくまでスタミノールは「栄養補完食」に位置付けられています。

 

総合栄養食と栄養補完食

  • 総合栄養食 → 主食として長期に食べさせてOK。
  • 栄養補完食 → 主食としては栄養バランスが偏る。あくまでトッピングや短期使用。

 

 

スタミノールを腎不全の猫に使うと危険?

結論から言うと、「何も食べない時のトッピング程度」なら、使ってもよいでしょう。

腎臓の健康維持のためには、以下の栄養バランスがおすすめです。

  • リン少なめ
  • タンパク質少なめ
  • ナトリウム少なめ

 

腎不全用の療法食(主食で使える)とスタミノールの栄養バランスを比較してみます。

スタミノール スタミノール毛玉 療法食A 療法食B
粗タンパク質 3%以上 3%以上 6.0%以上 8%
粗脂肪 40%以上 37%以上 4.0%以上 8%
粗繊維 1%以下 2%以下 1.5%以下 0.8%
粗灰分 1%以下 1%以下 2.2%以下 1.2%
水分 19%以下 19%以下 78.0%以下 77%

※A=k/d缶チキン(ヒルズ)
B=腎臓サポートパウチ(ロイヤルカナン)

 

残念ながらリンとナトリウムの正確な量は非公表ですが、スタミノールは脂肪と糖質がメインとなっているようです。

実際にタンパク質の量は、スタミノールは療法食より少ないです。

これらのことより「何も食べない時のトッピング程度」ならよい、と考えられます。

 

よかったー。

ただタンパク質も少ないなら、主食としても使えるんじゃない?

 

確かに上記の点だけ見れば、長期で使うのも問題ないように見えます。

ただスタミノールは脂肪の量が圧倒的に高いです。

よって消化器系に負担をかけるリスクが考えられます。

なのでスタミノールをメインにして長期的に使うのはおススメできません

 

腎臓ケアで使えるウェットフードや流動食を探している方は、こちらの記事を読んでみてください。

 

「スタミノールを腎不全の猫に使うと危険?」の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-, フード, 病気

Copyright© ペットのモノシリ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.