フード

a/dと退院サポートを栄養士が徹底比較!どっちが合うか分かります

【公開日:2020年12月16日】

 

飼い主さん
a/d缶と退院サポート、どっちを使おうか迷ってるんだけど・・・

どっちのほうがいいの?

 

a/dと退院サポートは「高カロリーの缶詰」という点で似ています。
両者ともにいい製品ですが、「どっちがペットに合うか」は、ケースバイケースです。

その判断をしやすくするため、a/dと退院サポートの比較をまとめていきたいとおもいます!

a/d缶と退院サポートは、どちらも「高栄養・高カロリー」の缶詰の療法食です。

a/d缶はヒルズ、退院サポートはロイヤルカナンから発売されています。
どちらも動物病院で数十年使われていますし、療法食評価センターにも登録された信頼性の高いフードです。

 

どちらも以下のような病気で使うことが想定されています。

  • 栄養不良のとき
  • 食欲不振のとき
  • 手術や病気後の回復期
  • 強制給餌をするとき
  • 入院中

ざっくりいうと「たくさんのカロリーが必要な時にあげる物」と考えればよいでしょう。

動物は、カロリーが高いものをおいしく感じるようになっているため、かなりおいしい部類の缶詰といえます。

※強制給餌とは

自力で食べられな時に、注射器(シリンジ)やカテーテルを使って、体内に食べ物を流し込んであげること。

イメージ写真

 

a/d缶と退院サポートの違い

上記のように大きなコンセプトは同じです。
なので、カロリーが必要な時には「どちらを使っても間違いではない」と言えます。

とはいえ少しずつ違う点はあり、「より合うものを選びたい」という気持ちもあるでしょう。

そこで以下の点について、違いを比較していきたいと思います。
(結論から知りたい方は、まとめからお読みください)

 

質感と使い方

a/dは、開けた時点では缶詰としての形が残っています。
そして中身をかき混ぜると、流動状になり強制給餌がしやすくなります。

a/dをかき混ぜた時

退院サポートは、開けた時点で流動状になっています。
たとえるなら「豆腐をかなり細かくかき混ぜた状態」くらいです。
なので、初期状態から強制給餌に向いています。

退院サポートを開けた時

ペーストの細かさでいうと、退院サポートのほうが目が細かいです。
よって細いシリンジやカテーテルを使う際には、退院サポートのほうが向いています。(細さの目安としては、10フレンチ以下は退院サポートのほうがおすすめ)

 

質感と使い方まとめ

  • a/d
    ふつうの缶詰としても、流動食としてもあげられる。
  • 退院サポート
    細い管を通す時の流動食に、より向いている。

 

成分・カロリー

主要な成分とカロリーを比較してみます。

a/d

退院サポート
タンパク質 36.4g 46.7g
脂質 27.6g 20.7g
炭水化物 10.8g 12.0g
カルシウム 1.0g 1.1g
リン 0.95g 0.97g
ナトリウム 0.72g 0.53g
カリウム 0.95g 0.70g
カロリー 118kcal 120kcal

 

退院サポートのほうが、タンパク質が多く、脂肪が少ないです。

筋肉はタンパク質からできています。
なので、筋肉が落ちている犬には退院サポートのほうが向いています。
また下痢しやすい犬にとっては、脂肪が少ない退院サポートのほうがいいでしょう。

ただ逆に脂肪は、少量でも大量のカロリーを生み出せるメリットがあります。
「少ししか食べられないけど、体重を早めに戻したい」時には、a/dのほうが向いている可能性があります。

 

成分とカロリーのまとめ

  • a/d
    「やせていて少ししか食べられない犬」に向いている。
  • 退院サポート
    「おなかをこわしやすい犬、筋肉が落ちている犬」に向いている。

 

原産国

  • a/d:アメリカ
  • 退院サポート:オーストリア

 

 

サイズと入っている数

  • a/d
    1缶156g。1ケースに24缶入り。
  • 退院サポート
    1缶195g。1ケースに12缶入り。

※ほとんどの病院では、バラで売ってくれますし、ネット通販でも5缶ずつなどでも販売があります。

 

原材料

a/dと退院サポートの原材料は、以下の通りです。

a/d
ターキー、ポーク、チキン、トウモロコシ、魚油、チキンエキス、ミネラル類、ビタミン類(ビタミンE、ビタミンC、ベータカロテン、他)、増粘安定剤(グァーガム)、アミノ酸類(タウリン)
退院サポート
レバー(鶏、七面鳥)、豚肉、鶏肉、セルロース、カルシウムカゼイン、魚油、乾燥卵白、サンフラワーオイル、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドミール(ルテイン源)、サイリウム、酵母エキス(マンナンオリゴ糖含有)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン)、増粘多糖類、ミネラル類(Ca、P、Mg、Na、K、Cl、Zn、Fe、Mn、Cu)、調味料(アミノ酸等)、ビタミン類(コリン、C、E、B1、ナイアシン、D3、B2、パントテン酸カルシウム、B6、葉酸、ビオチン、B12)

どちらも食物アレルギーには対応していません。

退院サポートはレバーを使っている分、においがきついと感じる飼い主さんもいるようです。

 

とはいえ、レバーのにおいは動物にとっては魅力的になることもあるので、一長一短と言えます。

 

原材料まとめ

  • どちらもアレルギーには非対応。
  • 退院サポートのほうが、においが強め。

 

価格

それぞれの希望小売価格を調べてみました。

a/d
(156g)
退院サポート
(195g)
希望価格(1缶) 449円 514円
100gあたり 289円 263円

両者でサイズが違いますので、2段目では「100gあたり」に換算し、正確に比較しています。

1缶で見るとa/dのほうが安いですが、100gあたりに換算すると退院サポートのほうが安いという結果になりました。

 

価格まとめ

  • a/d
    1缶あたりの価格は安い(=短期で使う人向き)
  • 退院サポート
    100gあたりの価格は安い(=中長期で使った時にコスパがいい)

ただし、価格はAmazonや楽天市場などのネット通販では常に変動しています。キャンペーンや出品数に影響されるからです。

まず一度、ネット通販で価格をチェックするほうがいいでしょう。

a/d ↓↓

退院サポート ↓↓

 

さらにお得に購入する方法は、以下の記事でも解説しています。

【ヒルズ・a/d缶】徹底レビューと最安値の購入法を栄養士が紹介

続きを見る

ロイヤルカナン・退院サポートの徹底レビュー。最安値の購入法も。

続きを見る

 

a/d缶と退院サポートはこんな方におすすめ

ということで、以上の内容をまとめてみます。

a/d

退院サポート

サイズ 156g 195g
使い方 普通の食事としても、流動食としても使える より細い管を通す流動食として向いている
成分 高脂肪 高タンパク
原産国 アメリカ オーストリア
原材料 肉類がメイン レバー使用でにおい強め
価格(1缶) 449円 514円
価格(100gあたり) 289円 263円

 

a/dと退院サポートの比較は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, , フード

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.