フード 病気

【犬の甲状腺機能低下症】おすすめドッグフード5選を、栄養士が紹介

【公開日:2021年8月28日】

 

飼い主さん

うちの犬が「甲状腺機能低下症機能低下症」になっちゃったんだ。

フードは変えたほうがいいのかな?なにかおすすめってあるのかな?

 

上記のような疑問を持っている方に向けて、ペット栄養管理士の筆者がやさしく解説していきます。

 

 

犬の甲状腺機能低下症とは

症状

甲状腺機能低下症は、「甲状腺ホルモンの分泌が少なくなる」という病気です。

甲状腺ホルモンはざっくりというと「体内の代謝をあげる」役割です。(細胞の新陳代謝をあげる、心拍数をあげる、などなど)

体を元気にするホルモンともいえます。

 

 

よって甲状腺機能低下症(=甲状腺ホルモンが減る)になると、以下のような症状が出てくることが多いです。

  • 元気がなくなる
  • 脱毛
  • 皮膚病
  • 筋力低下
  • 肥満

 

これらの症状は他の病気でも出ることがあるため、きちんと確定診断されていることが重要です。以下が一例です。

  • 脱毛や皮膚病
    →アトピーや食物アレルギーと診断される可能性
  • 肥満
    →クッシング症候群や糖尿病でも出る症状

 

確定診断は「甲状腺ホルモンの測定」で行います。

血液検査の「T4」や「fT4」という項目が、甲状腺ホルモンのことを意味しています。

つまり、「T4やfT4の数値が基準値より下がっていたら、甲状腺機能低下症」という確定診断となります。

 

原因

「なぜ甲状腺ホルモンが出にくくなるか」というと、おおきく3つの原因があると言われます。

  1. 甲状腺自体の異常
  2. 脳下垂体の異常
  3. 脳の視床下部の異常

 

1については、免疫異常が関わっていることが多いのではないかと考えられています。

また甲状腺のガンが原因になっていることもあります。

 

傾向としては、高齢になるにつれ発症しやすくなります。

また以下の犬種は、甲状腺機能低下症になりやすいと言われています。(どの犬種であってもかかる可能性はあります)

  • 柴犬
  • ミニチュアシュナウザー
  • プードル
  • ビーグル
  • コッカ―

 

治療

 

甲状腺機能低下症のメインとなる治療は「甲状腺ホルモン薬の投与」です。

これにより体内で不足した甲状腺ホルモンを、人工的に補うことができます。

甲状腺ホルモンの数値があがるにつれ、症状も改善していくことが多いです。

 

またこれに加えて、フードの変更(食事療法)も治療の一助になります。

「プラスにはなっても、マイナスになることはない」という追加のケアです。

とはいえフード変更は必須ではありません。「念のため、できることはやってあげたい」という方がチョイスすればよいでしょう。

 

くわしくは次の章で解説していきます。

 

 

犬の甲状腺機能低下症には、どんなフードを使うといい?

 

甲状腺機能低下症は、「脂質代謝異常症」というグループに属する病気です。

脂質代謝異常症とは、「体質的に脂肪の代謝がうまくできない」という状態です。

この体質がベースになって、甲状腺機能低下症が起こっている可能性が指摘されているわけです。

 

メモ

脂肪代謝が高いと、高脂血症になっていることが多いです。(血中脂肪が高い状態)

甲状腺機能低下症以外に、クッシング症候群や糖尿病も脂質代謝異常症の1つです。

 

脂肪の代謝が上手くできないわけなので、フード中の脂肪が少ないものを与えたほうが、体の負担は少なくなります。

よって「低脂肪のフード」がファーストチョイスになります。

栄養学的には「脂肪分10%以下」が、低脂肪のラインです。

 

また前述したように肥満の症状も出やすい病気ですので、低脂肪に加えて「低カロリー」の傾向にあるものを選ぶとよいでしょう。

 

フードの選び方

 

スポンサーリンク

犬の甲状腺機能低下症におすすめのフード5選

というわけで、上記の「低脂肪」「低カロリー」を満たすフードを5つ、厳選しました。

すべて療法食ですので、安心して使うことが可能です。

療法食とは?

病気の治療を目的として、特定の成分を調整してつくられたフードのこと。

さまざまな研究を重ねて作られていることが多い。

 

 

糖&脂コントロール

サイズ:1㎏

  • 脂肪分:5~9%
  • カロリー:325kcal/100g
  • 価格:2,383円(1㎏。3袋まとめ買いの場合)

 

糖&脂コントロールは、犬心シリーズの療法食です。犬心は「ナチュラル療法食」をうたった、体にやさしいフードです。

具体的には、大手メーカーの療法食ではできない2つの特徴があります。

  1. 低温製法(素材の味を最大限引き出す)
  2. オイルコーティング(酸化しにくい)

 

また最大の特徴は、甲状腺機能低下症もふくめた7つの病気を、まるごとカバーしている点です。

つまり脂質代謝異常症を全体でカバーする、ということです。

 

 

 

これは以下の「特徴的な原材料」を使い、かつ「低脂肪・低糖質」に仕上げているからこそ、できることだと考えられます。

 

原材料 特徴
ココナッツ
生魚
中性脂肪の低下が期待できる「オメガ―3脂肪酸」が豊富
さつまいも
じゃがいも
血糖値が上がりにくい炭水化物源
はなびらたけ βグルカンが豊富で、免疫力のサポート

 

カロリーは325kcal/100gと、ゆるやかな低カロリーです。よって、「軽度の肥満」や「体型には問題ない犬」に使うイメージです。

粒の形は細長く、さくさくした質感です。ビーフ、チキン、馬肉がベースで作られています。

 

糖&脂コントロールは、公式サイトからのみ購入できます。

袋のサイズは1㎏のみで、購入方法は3つあります。

  1. 通常購入(1袋買う)
  2. まとめ買い
  3. 定期購入

公式サイトより

 

2,3の「まとめ買い」「定期購入」いずれも、1回のみでの中止ができます。

かつ、まとめ買いと定期購入での注文だと、200gの無料サンプルがもらえます。

そしてサンプルで食べつきがよくなさそうであれば、返品が可能です。

 

200gサンプル

 

~サンプル注文の流れ~

1、公式サイトにアクセスし、ページ上部の「初回限定無料サンプルを申し込む」をタップ

     

、購入方法と数を選び、「サンプルを申し込む」

、会員登録をする(氏名、住所、電話番号、アドレス)

4、カートに戻り、「購入手続きへ」から支払い方法を選択(代引き、クレジットカード、Amazon Pay、ATODENE)

5、内容を確認し、「注文を確定する」

4、数日後、サンプルだけが郵便で届く。

5、本商品が届く前に、メールか電話でキャンセルできる。(サンプル到着から約2週間以内)

電話:0800-123-1556
メール:info@kinoko-design.com

 

以上より、糖&脂コントロールは以下のような方におススメと言えます。

こんな方におすすめ

  • 自然派の、おいしい療法食を与えたい
  • 他にもケアしたい病気や体調がある
  • 数日間サンプルを試してから、購入したい

 

糖&脂コントロールの口コミなど、こちらの記事でまとめています。

【犬心 糖&脂コントロール】口コミ・特徴を栄養士がやさしく解説

続きを見る

 

 

メタボリックス

サイズ:1㎏・3㎏・7.5㎏

  • 脂肪分:12.2%
  • カロリー:311kcal/100g
  • 価格:2,100円くらい~(1㎏)

 

メタボリックスは、ヒルズから発売されている療法食です。

10年近くの発売歴の実績あるフードで、日本の多くの動物病院でおすすめされています。

 

製品のコンセプトは、「健康的な代謝をサポートする」というものです。(代謝には、体重のコントロールや脂肪代謝が含まれます。)

具体的には以下の原材料でそれを実現しています。

原材料 特徴
ココナッツ油 中性脂肪の低下が期待できる「オメガ―3脂肪酸」が豊富
亜麻仁 オメガー3脂肪酸とともに食物繊維が豊富

 

製品カタログにも、甲状腺機能低下症へつかえることが明記されています。

 

脂肪は「12.2%」で上述した基準(10%未満)をわずかに上回っていますが、「脂肪代謝をサポート」の機能があるため問題ないと考えられます。

カロリーは「311kcal/100g」と、低カロリーな部類になります。

よって、肥満の犬や体型に問題ない子の維持にも、幅広く使えます。

実際に「2か月間で、13%の原料に役立つ」という研究結果があります。

 

パッケージ裏面

 

チキン味で、粒は丸い形をしています。小粒なので、小型犬でも比較的たべやすいといえます。

 

以上より、メタボリックスは以下のような方におススメです。

こんな方におすすめ

  • 実績のあるフードを使いたい
  • ダイエットもしたい
  • 小粒タイプのフードをあげたい

 

購入は、Amazonや楽天市場などから購入が可能です。

 

また一緒にあげられるおやつも、セットで発売されています。

プリスクリプションダイエット
¥2,286 (2021/09/26 11:59:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

メタボリックスの口コミなどについては、こちらでまとめています。興味のある方は読んでみてください。

【ヒルズ】メタボリックスの効果やメリット・デメリットを栄養士が解説

続きを見る

 

 

満腹感サポート

サイズ:1㎏・3㎏・8㎏

  • 脂肪分:10%
  • カロリー:270kcal/100g
  • 価格:2,000円くらい~(1㎏)

 

満腹感サポートは、ロイヤルカナンから発売されている療法食です。

メタボリックスと同様、10年近くの発売歴の実績あるフードです。

 

低脂肪なのはもちろん、超がつくほどの・低カロリーです。(270kcal/100g)

よって、肥満の犬に最適といえます。(ダイエットしつつ、甲状腺機能低下症をケア)

また食物繊維も豊富でおなかに満足感も与えられます。よって「フードをよく欲しがる」という子にもいいでしょう。

 

カタログには「甲状腺機能低下症につかえる」という明記はありませんが、併発していることの多い「高脂血症」につかえることが明記されています。

 

 

粒の形はブーメランのような形で、大きめです。

小型犬には大きく、中型犬以上に使うのがよいと思います。

チキン、七面鳥、ダックがベースとなった味です。

以上より、満腹感サポートは以下のような方におススメです。

こんな方におすすめ

  • 実績のあるフードを使いたい
  • ダイエットが必要で、フードをよく欲しがる
  • 中型犬以上

 

購入は、Amazonや楽天市場などから購入が可能です。

※小粒タイプの「小型犬用」もありますが、Amazonなどでは購入できません。
動物病院でのみ購入できますので、気になる方はかかりつけの動物病院で確認してみてください。

 

満腹感サポートの口コミなどは、以下の記事でまとめています。

【満腹感サポート】メリットデメリット、評判、最安値の購入法まとめ

続きを見る

 

 

ストマックケア低脂肪

サイズ:800g・3㎏

  • 脂肪分:8.4%
  • カロリー:318kcal/100g
  • 価格:1,980円(800g)

 

ストマックケア低脂肪は、ドクターズケアシリーズの療法食です。

こ2020年に発売された、比較的新しい療法食です。

 

大きな特徴は「国産」であることです。海外産のフードに不安のある方には、うれしいポイントです。

またサイズが、800gと3㎏の2種類ですが、800gのほうが「400g×2」の小分けパックになっています。

よって風味が落ちにくく、鮮度を保ちやすいです。

400g×2袋に小分けされている

 

脂肪分は「8.4%」とかなりの低脂肪で、「318kcal/100g」とマイルドな低カロリーです。

よって、「体型にはあまり問題ない犬」や「軽度の肥満の犬」向けと言えます。

 

粒は丸い形をしており、比較的小粒サイズです。味は魚がベースです。

 

以上より、ストマックケア 低脂肪は、以下のような方におススメです。

こんな方におすすめ

  • 国産のフードを使いたい
  • 小分けパックになっているフードを使いたい
  • 小粒タイプをあげたい

 

購入は、Amazonや楽天市場などから購入が可能です。

ドクターズケア (Dr's CARE)
¥9,900 (2021/09/26 18:33:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

ただし、動物病院で購入するほうが安くなっています。

すこしでも安く買いたい方は、かかりつけの動物病院に確認をしてみるとよいでしょう。

 

ストマックケア低脂肪の詳細は、以下でまとめています。

ストマックケア低脂肪が新発売。特徴や価格、発売日は?

続きを見る

 

 

SU

サイズ:1㎏

  • 脂肪分:7%以下
  • カロリー:320kcal/100g
  • 価格:3,300円(1㎏。6袋セットで買った場合)

 

SUは、和漢みらいのドッグフードシリーズの療法食です。

自然の森製薬(株)が製造しています。

 

最大の特徴は「東洋医学に基づいた療法食」であることです。

89種類の和漢植物を原材料にたっぷりと配合しています。有名どころの原材料では、以下のようなものがあげられます。

  • 霊芝
  • アガリクス
  • プロポリス
  • ウコン
  • 田七人参 など

※その他の原材料はこちら

 

ペットフードとしては、珍しい原材料ばかりです。

鹿肉や魚を主体に、これらの原材料を加え、低温低圧製法でおいしさを凝縮しています。

他の療法食は西洋医学的な発想で作られているため、希少価値が高いフードと言えます。

※その分、他のフードにくらべ価格が高いです。

 

それでいて脂肪分は7%以下になっています。

カロリーはマイルドな低カロリーのため、「体型にはあまり問題ない犬」や「軽度の肥満の犬」向けと言えます。

 

粒の形は、細長い形でさくさくした食感です。鹿肉と魚がベースになっています。

 

以上より、SUは以下のような方におススメです。

こんな方におすすめ

  • 他の療法食でうまくいっている気がしない
  • 西洋医学の発想のフードには不安がある
  • 鹿肉ベースのフードをあげたい

 

SUは、公式サイトまたは楽天市場から購入できます。価格は公式サイトのほうが、約15%以上安く購入できます。

袋のサイズは1㎏のみで、購入方法は以下の2つです。

  1. 通常購入
  2. 定期購入

  
通常購入

 

定期購入

 

まとめて買うほどお得ですが、はじめてで不安な方もいるかもしれません。

そんな方は「定期購入」が1回で解約もできるため、「1袋を定期購入で買う」のがいちばん安心かもしれません。(税込4,400円)

※サンプルは作られていません。

 

 

以上が、おすすめフード5選でした。

最後に、5つのフードをおさらいしていきます。

 

製品 脂肪 カロリー ポイント
糖&脂コントロール 5~9% 325 kcal 7つの病気をカバー
メタボリックス 12.2% 311 kcal 代謝をサポート
満腹感サポート 10% 270 kcal 超低カロリー
ストマックケア 8.4% 318 kcal 国産で小分けパック
SU 7%以下 320 kcal 東洋医学のフード

※商品名をタップすると、該当の箇所にもどります

 

「甲状腺機能低下症の犬におすすめのドッグフード」の記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード, 病気

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.