フード

【CRD-1を徹底レビュー】メリット、口コミ評判、最安値の購入法

【公開日:2021年1月23日】

 

飼い主さん
「CRD-1」っていうフードに興味があるんだけど・・・

口コミとかも含めて、全体像を知っておきたいな!

 

このような疑問を持つ方に向けて、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

CRD-1とは?

CRD-1は、スペシフィックの療法食です。
「減量アシスト1」という名前でも呼ばれることがあります。

低脂肪・低カロリー・高食物繊維のフードで、以下のような病気の時におすすめです。

CRD-1の適応

  • 肥満
  • 糖尿病
  • 高脂血症、胆汁うっ滞
  • 大腸炎、慢性下痢、便秘

カタログページより引用

 

また低脂肪の特徴を活用し、上記以外に「胆泥症」や「クッシング症候群」「肝数値の上昇」に使われることもあります。

 

 

成分

くり返しですが、CRD-1は、以下の特徴を持つフードです。

  • 低脂肪
  • 低カロリー
  • 高食物繊維

実際の栄養バランスを見てみましょう。

 

【CRD-1の成分】

成分
カロリー 274kcal/100g
粗たんぱく質 29.7g
粗脂肪 6.1g
炭水化物(NFE) 36.9g
粗繊維 13.2g
灰分 5.6g
カルシウム 0.85g
リン 0.70g
マグネシウム 0.130g
ナトリウム 0.28g
カリウム 0.75g
28.2mg
亜鉛 14.9mg
1.16mg
セレン 0.045mg
L-カルニチン 30mg
水分 8.5g
オメガ―3脂肪酸 0.72g

 

「274kcal/100g」というカロリーの低さは、療法食の中でもトップクラスです。
同じくらいの低カロリーは、満腹感サポート(ロイヤルカナン)くらいしかありません。

また脂肪の量は、療法食の中でもNo.1の低さです。
可能な限り低脂肪に、というこだわりがある方には最適です。

 

サイズと価格

ドライフードとウェットタイプがあります。
ウェットタイプは正式には「CRW」という製品名になります。(末尾がD=Dry、W=Wetを意味します)

それぞれのサイズと、Amazon価格(記事作成時)をまとめてました。

 

【CRD-1の希望小売価格】

ドライフード

1.6㎏ 3,400円
6㎏ 9,414円
ウェット
100g×7個 1,910円
300g×5個 2,850円

 

 

動物病院では、上記より10~30%くらい高くなっていることがほとんどです。

 

粒の形

CRD-1は、ドライは円形で、そこまで小粒ではありません。
小型犬の場合、「ハサミで切って与えている」という口コミもあります。

ウェットは少し固めのムースのような質感です。

イメージ(上がドライ、下がウェット)

 

原材料

CRD-1の原材料は、以下の通りです。

ドライ

小麦、魚粉、トウモロコシ蛋白、オート麦(えん麦)、粉末セルロース、ビートパルプ、動物蛋白加水分解物、ジャガイモ蛋白、ナンキョクオキアミ、魚油、ミネラル類(Ca、P、Na、K、Cl、Cu、L、Fe、Mn、Se、Zn)、植物性油脂、ビタミン類(VA、VD3、VE、VK、VC、VB1、VB2、パントテン酸、VB6、VB12、ナイアシン、葉酸、ビオチン、コリン)、酵母、サイリュウム種皮、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

ウェット

豚肉、トウモロコシ、魚類、粉末セルロース、ビタミン類(VD3、VE、VK、VC、VB1、VB2、パントテン酸、VB6、VB12、ナイアシン、葉酸、ビオチン、コリン)、粉卵、魚油、ヒマワリ油、サイリウム種皮、ミネラル類(Ca、Mg、K、Cl、Cu、I、Mn、Se、Zn)

 

いずれも魚が原材料の上位に使われています。オメガ―3脂肪酸を増量するためだと考えられます。(後述)

それに伴い、魚の香りを強く感じる方もいるかもしれません。

 

原産国

CRD-1の原産国は、デンマークです。

 

CRD-1のメリット・デメリット

メリット

CRD-1のメリットは、大きく3つあります。

  • 脂肪とカロリーを抑えたいときには最適
  • オメガ―3脂肪酸が豊富
  • ウェットが使いやすい

 

【脂肪とカロリーを抑えたいときには最適】

CRD-1の最大の魅力は「脂肪とカロリーの低さ」です。
くり返しになりますが、いずれの低さもたくさんの療法食の中でトップクラスです。

以下が療法食での、低脂肪のトップ5です。

  「犬の低脂肪食おすすめ15選!脂肪量まとめ」より引用

 

よって、

  • 「ダイエットのために、できるだけカロリーを下げたい」
  • 「高脂血症のために、できるだけ脂肪を減らしたい」

などの場合にうってつけです。

ドライもウェットもあって、さまざまな犬に対応しやすいのもありがたいところです。

 

【オメガ―3脂肪酸が豊富】

スペシフィックの療法食は、コンセプトとして「豊富なオメガ―3脂肪酸」があります。
よってCRD-1にも、オメガ―3脂肪酸が豊富に含まれています。

オメガ―3脂肪酸には、以下のような作用が期待できます。

  • 炎症の軽減
  • 血中脂肪の低下
  • 血流の改善

これを実際にCRD-1を使うケースに当てはめてみます。

  • 炎症の軽減
    →下痢や膵炎で使う時、内臓の炎症軽減が期待
  • 血中脂肪の低下
    →高脂血症で使う時に期待できる

最近ではサプリでオメガ―3脂肪酸を摂取する流れもありますが、最初からフードに入っているに越したことはありません。
そういった意味で、CRD-1は希少なフードと言えます。

 

【ウェットが使いやすい】

療法食のウェットは、いまだに缶詰のものが多く、以下のようなストレスがあります。

  • 捨てる時にかさばる(特に毎日のように与える人はなおさら)
  • 洗う時に、手を切ってしまう。

半面、CRD-1のウェットタイプは、アルミトレイに入っています。
よって上記のようなストレスがかなり軽減されます。

 

しかも容量が小さい方だと100gです。(もう一方は300g)
100gだと「小型犬に使う時」や「ドライフードにトッピングして使う時」にも、余ることが少なく廃棄ロスが減ります。

上記より、飼い主側にとってもやさしいフードであると言えます。

 

【低脂肪食のウェットタイプ比較】

CRD-1

消化器サポート低脂肪

i/dローファット

サイズ 100g

300g

200g 156g

360g

素材 トレイ

 

 

デメリット

一方、CRD-1のデメリットは2つあります。

  • 酸化がやや心配
  • 取扱いがない場合もある

 

【酸化がやや心配】

CRD-1の、いちばん小さい袋サイズは「1.6㎏」です。
他の療法食では「1kg以下」のサイズがあるのがほとんどですが、CRD-1はそれがありません。

よって超小型犬が食べる場合など、使い切るのに結構な時間がかかるため、酸化が心配です。
特にCRD-1は、オメガ―3脂肪酸が豊富で、脂肪酸はとても酸化がしやすいです。

肥満犬のダイエットにCRD-1を使う場合、「4kg以上の犬なら1か月以内に使いきれる」計算です。
よって4㎏未満の犬のダイエットには、CRD-1は使いにくいと言えます。

 

※参考:CRD-1の給与量

体重 体型ごとの給与量(g)
肥満犬 太り気味 ふつう
2㎏ 33 56 62
3㎏ 45 76 83
4㎏ 56 94 104
5kg 66 111 122
6kg 76 127 140
8kg 95 158 174
10kg 112 186 206
12kg 128 214 236

 

 

【取り扱いがない場合もある】

CRD-1は、ロイヤルカナンやヒルズにくらべると、流通量が少ない療法食です。

よって、ネット通販で欠品していたりするのをたまに見かけます。
「ほしい時にない」というのは、療法食では困りますよね。

とはいえ、そこまで高い確率で欠品しているわけではないので、過剰に心配することではありません。

ただ、動物病院では取り扱いがないところのほうが多いです。
ほとんどが取り寄せになるため、入手には時間がかかることを覚悟した方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

CRD-1の口コミ

ネットを中心に、CRD-1の口コミを集めてみました。

 

いい口コミ

「よくやせる」「おなかの状態良くなった」という口コミが多数でした。

まだ食べ始めたばかりなので商品価値は分かりませんが、美味しそうに良く食べています。
大袋の方が格安ですが、酸化が気になるので10日に一袋のペースであげています。

(Amazonレビューより)

 

うちの子は腸に疾患があるらしく、下痢が治らなく病院の先生に勧められ、こちらのフードに変えました。ウンチの調子も良くなりました。そしてれまでより、体臭も気にならなくなりました。

(Amazonレビューより)

 

お腹の調子がとても良いです。体調も良いです。

(楽天市場レビューより)

 

13歳の小型犬、手術を控えていて、主治医から少しダイエットしましょうと言われて紹介されたフードです。
食い付きよくて大丈夫かと思ってましたが。。痩せます!

(楽天市場レビューより)

 

ずっとリピートしています。
このフードのお陰だと思いますが、やせました。
このまま続けます。

(楽天市場レビューより)

 

最近、太りぎみの愛犬のためリピしました。
胃腸の調子が悪い時などに病院で出されたので、商品も信頼できる。食いつきも良い

(楽天市場レビューより)

 

 

イマイチな口コミ

一方、「粒の大きさがネック」という内容の口コミも多かったです。

 

このフードは粒が大きいので、我が家の老小型犬には、スパイスを磨り潰すような頑丈な陶器製のすり鉢で砕いて、少量のお湯と混ぜてあげています。これとCRWを併用しています。

(Amazonレビューより)

 

粒が大きく小型犬には向かない気がします。それにかなり硬い。あまりに粒が大きいので仕方なくハサミで1/4にカットする羽目に。もう少し小粒なら問題はないかと思います。

(Amazonレビューより)

 

超小型犬には、粒が大きく、食べにくそう。軟便になるので、使用をやめようと思う。

(Amazonレビューより)

 

以上より、粒サイズを許容できる場合には、とても使いやすいフードと言えるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

CRD-1の最安値の購入法

CRD-1は、「Amazonなどの大手通販サイト」または「動物病院」で購入できます。

通販サイトのほうが、価格は10~30%ほど安いことが多いです。
また病院では取り扱いがないことも多いです。

よって価格を重視する方は、ネット通販をまず見てみるのがいいと思います。

 

ドライフードを探す ↓

スペシフィック (SPECIFIC)
¥7,823 (2021/11/27 09:15:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

ウェットタイプを探す ↓

 

通販サイトで購入される方で、「さらにお得に買いたい方」はポイントサイトも使いましょう。

個人的には、種類の多さから「モッピー」というサイトをおすすめしています。

モッピー経由で楽天市場やAmazonにアクセスして商品を買うと、ショッピングサイトのポイントとは別に、モッピー内でポイントがたまるからです。

 

 

モッピー経由だと、以下の利率でポイントがたまります。(利率はキャンペーンなどで変動あり)

  • 楽天市場:1% ※1
  • Yahoo!ショッピング:1%
  • Amazon:0.5% ※2

※1. 2021年1月末まで、5%にUPするキャンペーン中
※2 . Amazonは決済方法に指定あり。

 

たまったポイントは、1ポイント=1円で、現金や電子マネー、マイル、プリカなどに交換できます。ポイント交換の詳細を見る

CRD-1を「最安値で一番おトクに購入する」方法まとめ

  • モッピー経由で、通販サイトにアクセス
  • 通販サイト上で価格順に並べ替えて、最安値のものを購入

ぜひ試してみてください。

CRD-1のレビュー記事は、以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

-, フード

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.