お役立ち 病気 グッズ

アレミッケの口コミ・評判は?病院のアレルギー検査とも徹底比較!

 

飼い主

うちの犬がアレルギーっぽくて、アレルギー検査したいんだ。

「アレミッケ」っていう自宅でできる検査が評判よさそうなんだけど、どうなのかな?

 

上記のような疑問を持つ方に向けて、「アレミッケの口コミ」「病院のアレルギー検査との比較」など、くわしく解説していきます。

 

アレミッケとは?

アレミッケとは、2021年月に発売開始された、犬猫兼用のアレルギー検査キットです。

アレルギー検査=動物病院で検査する、というイメージが強いですが、アレミッケは自宅でできるアレルギー検査ということで、SNS上でも注目が高まっています。

 

 

使用方法

検査の方法は・・・

毛を20本程度とり、申込用紙と一緒に、袋に入れて送るだけ

です。

とても簡単で、ペットに痛みを与えることもありません。

ブラッシングのついでにやるのがベストです。

ちなみに申込用紙には、以下の項目の記入が必要です。

飼い主の情報

  • 氏名
  • 電話番号
  • 住所
  • メールアドレス

ペットの情報

  • 犬か猫か
  • 犬種、猫種
  • 性別
  • 名前
  • 生年月日
  • サンプル検体(毛)の採取日

 

結果は自宅に郵送されていますが、結果が出るまでに2~3週間かかります。(アメリカの研究所で検査するため)

 

検査結果は、それぞれの食品や物質が3段階に分かれてリスクを評価できるようになっています。

レベル3
(要停止)
摂取や接触をすぐに停止すべきもの
レベル2
(要注意)
トラブルを引き起こす可能性があるため、摂取や接触を控えたほうがいいもの
レベル1
(要観察)
現状おおきな問題はなし

 

また結果にもとづいて、「あげても問題ないフードや食べ物」がリストになって提案されます。

フードや食べ物のリスト

 

検査できる項目

全部で383項目の、食品や物質に対するリスクを調べることができます。

383項目をおおきく3つのカテゴリーに分けて、記載します。

①食品(204項目)

肉類 アヒル/アヒル砂肝/アヒル レバー/ダックミール/ウサギ/ガチョウ/カンガルー/キジ/牛肉/牛 腎臓/牛 レバー/牛脂/ビーフジャーキー(乾燥牛肉)/牛皮ガム/クロコダイル/子羊/ラムミール/七面鳥/鹿肉/ダチョウ/チキン バイ プロダクト(鶏副産物)/チキンミール/鶏肉/鶏 心臓/鶏脂/鶏 レバー/バイソン/馬肉/豚肉/豚 心臓/豚 腎臓/豚 レバー/豚脂(ラード)/豚皮/豚皮ガム/ベーコン/ハム/イノシシ
魚介類 あさり/アジ/いか/イワシ/ウナギ/エビ/カキ/かつお/カニ/魚粉/グリーンムール貝/さけ鮭/サバ/さんま/ししゃも/しらす/シロギス/鯛/たこ/タラ/ツナ/トビウオ/ナマズ/ニシン/ハマグリ/ヒラメ/マス/メンハーデン/ロブスター
ウズラの卵/鶏卵 卵黄/鶏卵 卵白
野菜・ハーブ アスパラガス/エンドウ(スナップ)/エンドウ(スノー)/オクラ/カブ/かぼちゃ/キャベツ(赤)/キャベツ(白)/キャッサバ粉/きゅうり/グリーンピース/クレソン/ケール/サツマイモ/じゃがいも/じゃがいも澱粉/セロリ/だいこん/タピオカ澱粉/茄子/人参/ニンニク/白菜/バジル/パセリ/パプリカ/ピーマン/ブロッコリ-/ほうれん草/ミント/もやし/よもぎ/レタス(サニーレタス)/レタス(玉レタス)/レタス(リーフレタス)/レタス(ロメインレタス)/レンコン/カモミール/ネトル/モリンガ/ひよこ豆/レンズ豆
果物 アボカド/イチゴ/グレープフルーツ(ピンクマーシュ)/グレープフルーツ(ホワイトマーシュ)/グレープフルーツ(ルビーレッドブラッシュ)/さくらんぼ/スイカ/トマト/梨/パイナップル/バナナ/ぶどう(巨峰)/ぶどう(シャインマスカット)/ぶどう(デラウェア)/ブルーベリー/みかん/メロン(アース)/桃/りんご(王林)/りんご(ジョナゴールド)/りんご(つがる)/りんご(ふじ)
きのこ アガリクス/えのき/しいたけ/しめじ/まいたけ
海藻類 寒天/クロレラ/昆布/スピルリナ/ひじき/わかめ
穀物 大麦/オート麦/オートミール/コーン/コーングルテン/コーンスターチ/小麦/小麦 グルテン/小麦粉/パン(全粒粉)/パン(白)/うどん/ラーメン/米(玄米)/米(白)/米粉/ソルガム/そば/そば(麺)/そば粉/大豆/おから/豆腐/納豆
ナッツ類 アーモンド/かぼちゃの種/くるみ/ゴマ/チアシード/ピーナッツ/フラックスシード
植物性油脂 オリーブオイル/キャノーラ油/ココナッツオイル/ゴマ油/大豆油/月見草オイル/ひまわり油/フラックスシードオイル(亜麻仁油)
乳製品 牛乳(無脂肪)/牛乳(低脂肪1%)/牛乳(全乳)/脱脂粉乳/バター/チーズ(ブルー)/チーズ(カマンベール)/クリーム/ヨーグルト(ブルガリア)/ヨーグルト(カスピ海)/ヨーグルト(ギリシャ)/ヤギ乳
その他 米酢/ゼラチン/はちみつ/フラクトオリゴ糖/メープルシロップ/リンゴ酢/マタタビ

 

②添加物(75項目)

E 102 タートラジンまたはFD&CイエローNo.5/E 110 サンセットイエローFCFまたはFD&CイエローNo.6/E 123 アマランス/E 124 ニューコクシン、ポンソー4R/E 127 エリスロシンまたはFD&CレッドNo.3/E 129 アルーラレッドACまたは FD&CレッドNo.40アシッドレッド/E 132 インディゴカーマインまたはFD&CブルーNo.2/E 133 ブリリアントブルーFCF/E 143 ファーストグリーンFCFまたはFD&C グリーン No.3/E 202 ソルビン酸カリウム、ソルビン酸/E 211 安息香酸ナトリウム、安息香酸/【※食品添加物E番号】E 220 二酸化硫黄E 221 亜硫酸ナトリウム/E 222 亜硫酸水素ナトリウム/E 300 アスコルビン酸(ビタミンC)/E 307 アルファトコフェロール/E 308 ガンマトコフェロール/E 309 デルタトコフェロール/E 310 没食子酸プロピル(没食子酸)/E 320 ブチル化ヒドロキシアニソール(BHA)/E 321 ブチル化ヒドロキシトルエン(BHT)/E 322 レシチン/E 330 クエン酸/E 337 酒石酸カリウムナトリウム/E 340 リン酸一カリウム/E 406 寒天/E 407 カラギーナン/E 410 ローカストビーンガム、キャロブガム/E 414 アラビアゴム/E 420 ソルビット、ソルビットシロップ/E 422 グリセリン/E 444 スクロース-アセテート-イソブチル/E 450 二リン酸塩、リン酸塩/E 451 三リン酸塩、リン酸塩/E 452 ポリリン酸塩/E 460 セルロース、微結晶セルロース、セルロースパウダー/E 470 ナトリウム、カリウム、カルシウム塩/E 553b タルク/E 640 グリシンとそのナトリウム塩/E 967 キシリトール 酵母エキス/ビートパルプ/ポリリン酸ナトリウム/ローズベンガル/ローズマリーエキス/アルギニン/DL-メチオニン/L-カルニチン/L-リジン/ドコサヘキサエン酸(DHA)/エイコサペンタエン酸(EPA)/グルコサミン(グルコサミン塩酸塩)/コリン/タウリン/ナイアシン/パントテン酸/パントテン酸カルシウム/フラクトオリゴ糖(酵母エキス)/フロキシン/ベータカロチン/メチオニン/リノール酸/リノレン酸/ヨウ酸/ビオチン/ビタミンA/ビタミンB1/ビタミンB12/ビタミンB2/ビタミンB6/ビタミンC/ビタミンD3/ビタミンE/ミックストコフェノール/ベータトコフェノール

 

③環境(104項目)

草木 アキノキリンソウ/アザミ/アシ/イチゴツナギ/イヨウトネリコ/稲わら/オオアワガエリ/オーク材/オリーブ/カナムグラ/カポック/カモガヤ/ギシギシ/クサヨシ/クロマツ/桑/シバムギ/ジュート/ショウブ/シラカバ/シラゲガヤ/シロザ/シロツメクサ/杉/セイバンモロコシ/セイヨウネズ(ビャクシン属)/そば殻/たんぽぽ/ドクムギ/楢(なら)/ニホンハンノキ/ニワトコ/ハルガヤ/パンジー/ヒノキ/ヒノキ花粉(ヒノキ花粉マップ)/ヒメガマ/ブタクサ/ブナ/ヘラオオバコ/松花粉(松かさ)/松/麦わら/もみ殻/ヤナギ/ヨモギ/ラベンダー
生物 アヒルまたはカモの羽毛/アヒルまたはカモの羽/犬/うさぎ/ガチョウの羽/蚊/ゴキブリ/スズメバチ/ダニ/猫/ネズミ/ノミ/ハエ/ハト/蜂/豚の毛
真菌・カビ アルテルナリア/アオカビ/オーレオバシジウム(黒酵母)/カーブラリア/カンジダアルビカンス/クモノスカビ/クラドスポリウム(クロカビ)/コウジカビ/酵母/サッカロミセス/ステンフィリウム/ドレクスレラ/ニグロスポラ/フザリウム/ブドウ球菌/プルラリア/マラセチア/カビI (有機物で成長する菌/塵埃の一般的な成分)
金属 アルミニウム/金/銀/スズ/鉄/銅/白金
化学物質 アンモニア/過酸化水素/重曹/水酸化ナトリウム
その他 たばこの煙/綿/ハウスダスト/ダニ/牛皮/ナイロン/プラスチック/ゴム/絹/畳/ビニール/ウール/ポリエステル

 

測定しているもの

ペットの毛根の中に蓄積されたデータを、レゾナンス検査(共鳴検査)という方法で解析しているようです。

ちなみに販売元に「なんのデータを調べているのか?」と、電話にて確認しましたが、社外秘のようで回答はいただけませんでした。

ただ動物病院でのアレルギー検査(血液中の免疫抗体などを測定)とはコンセプトが少し違うようです。(くわしくは後述

■病院での検査
→アレルギー(免疫の異常)のリスクだけを測定

■アレミッケ
→アレルギーにかかわらず、物質への苦手の度合い(不耐症)のリスクを測定

 

飼い主

不耐症ってよくわからないんだけど・・・

 

人間でも有名なところだと、「乳糖不耐症」があります。

牛乳を飲むとおなかがゆるくなる、という現象です。これはアレルギー(免疫の異常)ではありませんが、目に見える不調が現れます。

ざっくりですが、このような「特定のものへの苦手」を総称して「不耐症」と呼びます。

よって、「アレルギーではなさそうだけど、不調がある」というときにも、原因を把握できる可能性があるのがアレミッケと言えます。

アレミッケ公式サイトより

 

費用

現在は以下の2サイトでの発売で、29,700円で販売されています。

楽天市場の販売ページ例

楽天やヤフーの会員になっている方は、ポイントもためることができるので、実質は29,700円よりお得になると考えられますね。

また多頭飼いしている場合で、複数頭を検査する場合、まとめて購入すると割引があります。

  • 2個:20%OFF
  • 3個:27%OFF
  • 4個:30%OFF
  • 5個:32%OFF

 

\ 販売会社の情報 /

販売会社 (株)Rainbowgate
代表取締役 鈴木恵介
設立年月日 2009年5月
資本金 900万円
従業員数 10名
問い合わせ 電話メール

 

 

アレミッケの口コミ・評判

商品ができてから時間が経っていませんが、SNS上には多数の口コミがあったため、まとめてみました。

満足度がとても高い印象を受けます。

高評価のポイントは、おおきく以下の2つにまとめられます。

高評価のポイント

  • 回答も含め、会社の対応がよかった。
  • 病院の検査などでは腑に落ちなかったものがあったが、アレミッケで納得できた。

 

以下はSNSでの口コミです。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

uni(@unichan_0710)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chupa | Cabra(@chupa_cabra_pugram)がシェアした投稿

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Asako Sasaki(@asakoto0822)がシェアした投稿

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kaka(@shelly_ka.ka1216)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

BEELUX_楽天店(@beelux_rakuten)がシェアした投稿

 

また公式サイトの口コミも、一部を抜粋しました。

検査結果から1ヶ月経ちましたが、湿疹はほとんど無くなりました!毛並みも良くなった気がします。
薬を飲ませる事に抵抗があったので、アレルギー検査をして原因がわかって本当に良かったです!
ラボの皆様!ありがとうございました!
また、お世話になる事があると思いますが、その時はよろしくお願い致します!

 

3週間はとても長く感じましたが、途中で何度かメールを頂き安心感はありました。
思ってた以上に詳しい検査内容で、特にフードのアドバイスがとても参考になりました。

 

湿疹、脱毛、痒みは今では改善され元気に過ごしています。
警戒心のある子なので被毛で調べる事が出来たのも良かったですし、検査後に電話、メールでご相談もして アドバイスを頂いた内容で探したフードもあげています!好きなオヤツもあげる事が出来てアレミッケさんを試して良かったと思っています。

 

検査結果は、食品のレベル3が64項目。レベル2が57項目。レベル1が55項目。アレルギーの疑いから切り替えた鹿肉ベースのドッグフードがまさかのレベル3。あまり与えた事がない鹿肉は大丈夫と思っていましたが蓄積だけではない遺伝的な要因もあることに気付かされました。
検査前は投薬でアポキルを与えており海外では癌の発症リスクが高まるとのニュースも聞いていたので1日も早く薬に頼らない改善策を探していましたが思った以上に早く答えが見つかり安心しました。
薬の金額、副作用による命のリスクを考えたら断然に安いと私は思います。

 

予想以上に沢山のアレルギーを知る事が出来て、こちらで検査をお願いして良かったと思っております。
早速、1番目に推奨しているフードを与え始めました。
また食物の他気になったアレルギーがポリエステルでした。
留守番の時はケージにいますが、年中毛布があります。その毛布にポリエステルの表示がありました。
これからの時期は特に毛布に潜っている事が多く、痒くなる原因かと思いました。
色々工夫して、綿素材に変えようと思っております。

 

松にアレルギーがあることも発見しました。 住んでる家の周りには松の木だらけです。
松の木陰に囲まれた芝生で彼と一緒に遊ぶのをやめると、状況は大きく改善しました!

 

長年与えていたドッグフードの主成分だったタンパク質の鶏、七面鳥、米が残念ながらレベル3であったためドッグフードを同じメーカーで主成分(タンパク質)の異なる鹿肉に変更。
まず抗生剤をやめてフードを変え2日位で痒がる回数が減り、変更から3ヶ月で皮膚炎の見た目は劇的に改善しました。(病院から処方された薬用シャンプーも併用。)軟便も治り体重も適切な値に。正直ここまで改善するとは思っておらず驚いています。また1年位したら再検査をしようと考えています。有難うございました。

 

今後も継続的に口コミを収集し、アップしていきたいと思います。

 

楽天市場で見てみる

Yahooショッピングで見てみる

 

 

スポンサーリンク

アレミッケを他のアレルギー検査と比較

「アレミッケを試してみたいけど、ちょっとまだ迷う」という方の中には、「病院のアレルギー検査の方が意味がいいのでは?」と思う方もいるでしょう。

金額も安いものではないですし、それは当然です。

そこで「アレミッケ」と「病院でのアレルギー検査」を比較してみたいと思います。

 

2022年現在、動物病院で実施されるアレルギー検査の会社は、以下の2つが主流です。

 

いずれも「血液」を採取し、免疫抗体やリンパ球の量や反応性を検査します。

学術論文に基づいたものであり、「アレルギーのリスクがあるものを知る」ことが可能です。

以下にアレミッケとの比較をまとめてみました。

\ アレルギー検査の比較 /

アレミッケ 動物アレルギー検査 SPOT TEST
検体 血液 血液
検査項目数 383 40 92
検査場所 自宅 病院 病院
結果までの日数 3週間 1週間※1 1週間※1
解析物質 毛根内データ ①IgE抗体
②リンパ球
IgE抗体
フード提案 あり なし あり
費用めやす 29,700円 2~5万円※1,2 3万円前後※1

※1 病院や地域により異なります。あくまで目安です。
※2 ①②内での検査の組み合わせで変動します。

 

アレミッケの結果見本

 

動物アレルギー検査(株)の結果見本

 

SPOT TESTの結果見本

 

アレミッケのメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

メリット
  • 自宅で検査できる。
  • 採血が不要で、ペットに痛みやストレスがかからない。
  • 検査後にフードの提案がある。
  • 病院の検査ではできない項目が多い。(添加物など)
  • 病院の検査より安い。(病院では検査以外に採血料などが別途かかる)
  • ECサイトのポイントがたまる。
デメリット
  • 実績がまだ少ない。
  • 結果が出るまでに時間がかかる。

 

上記を踏まえ、アレミッケを検討するとよいでしょう。

 

楽天市場で見てみる

Yahooショッピングで見てみる

 

ちなみに3つの検査すべてに共通して言えるのが、「検査結果の陽性=症状がかならず出るわけではない」ということです。

検査で陽性(リスクが高い)とされている物を食べたりしても、症状が出ないことは多々あります。

SPOT TESTのホームページにも、以下のような記載があります。

感作したとしても,アレルギーの発症が「いつからおこるのか」は、知ることはできません.
アレルゲンに対するIgE抗体を調べる血液検査で、
「鶏肉⇒陽性」という結果が出たとしても
実際には,鶏肉を食べても,まったくアレルギー症状が出ないという動物もいます.
この理由も、「
感作していても発症するとは限らない」という事実があるからなのです.

SPOT TEST 公式サイトより

 

なので、「アレルギー検査は参考であり、100%絶対のものではない」ということは、すべての検査前に理解しておきたいポイントです。

 

アレミッケについての記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, , お役立ち, 病気, グッズ

Copyright© 療法食チャンネル , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.