フード

【エイジングケア】リニューアル!早期腎臓サポートとの違いも解説

【公開日:2021年8月14日】

 

飼い主さん
エイジングケアが販売終了になるって聞いたんだけど・・・

うちの猫は大好きだったから、次どうすればいいのかな?

 

2021年に、エイジングケアがリニューアルし、別の製品と統合されることが発表されました。

その詳細を、ペット栄養管理士の筆者が詳しく解説していきます。

 

ロイヤルカナンのエイジングケアとは

猫用エイジングケアは、ベッツプランシリーズのフードです。ベッツプランは「準療法食」とよばれることもある人気シリーズです。

 

  • 療法食を使うまでの状態ではないけれど、なんらかのケアはしておきたい
  •  価格的に療法食はつづけられないけど、価格を落として最低限のケアをしたい

 

といった時に使われることが多いです。

※療法食とは

病気の治療のために使われるペットフードのこと。

 

そのなかで、猫用のエイジングケアには、4種類が存在しています。

  1. エイジングケア ステージ1
  2. エイジングケア ステージ1 ライト
  3. エイジングケアプラス ステージ2
  4. エイジングケアプラス ステージ2プラス

 

このうちリニューアルが発表されたのは、3と4です。

エイジングケアプラスの2種類がリニューアルになる、ということですね

メーカーHPで確認する

 

 

現状はまだ、Amazonや楽天市場などでも販売されています。

ですが、今後「まったく買えなくなる」のは確実ですし、場合によっては「在庫が減ってくると価格が高騰する」ということもあり得ます。

なるべくずっとあげたい!と思う方は、在庫の豊富なうちに買っておく方がよいでしょう。

 

エイジングケアプラス ステージ2 ↓↓

 

エイジングケアプラス ステージ2プラス ↓↓

 

 

エイジングケアプラスがリニューアル

正確には、今回はリニューアルというより「製品の統合」と言ったほうがよさそうです。

エイジングケアプラスの2製品が「早期腎臓サポート」に集約される、ということだからです。

 

ロイヤルカナンHPより引用

 

早期腎臓サポートは、れっきとした「療法食」です。(ベッツプランは、療法食)

初期腎不全にも対応できるように設計がされています。

そういった意味で、エイジングケアプラスの目的である「アンチエイジング」の部分は、もれなくカバーできると言えるでしょう。

 

とはいえ、エイジングケアプラスと早期腎臓サポートを比較すると、違う点もいくつかあります。

心配な方もいるかと思いますので、両者の違いをしっかりと解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

リニューアルに伴う変更点

ということで、5つのポイントで変更点を比較していきます。

  • 粒の形
  • 成分
  • 原材料
  • 価格
  • 購入方法

 

粒の形

まずパッと見て分かる「粒の形」ですが、こちらは変更がありません。

3つを並べて比較してみます。(早期腎臓サポートだけ、配列が違うことご容赦ください。粒の形を見てください。)

 

 

 

成分

つぎに、主要な栄養成分を比較してみます。

 

ステージ2

ステージ2プラス

早期腎臓サポート

タンパク質 29.6 g 27.9 g 29.4 g
脂肪 17.9 g 17.9 g 14.7 g
食物繊維 13.5 g 11.6 g 13.7 g
リン 0.58 g 0.55 g 0.53 g
マグネシウム 0.06 g 0.06 g 0.06 g
ナトリウム 0.42 g 0.40 g 0.42 g
カロリー(/100g) 379 kcal 402 kcal 381 kcal

 

エイジングケアプラスの2製品より、早期腎臓サポートのほうが「脂肪」が低くなります。

それ以外で見ると、エイジングケアプラス ステージ2は、早期腎臓サポートとかなり近い設計です。

 

一方、エイジングケアプラス ステージ2プラスは、タンパク質や食物繊維、カロリーの点で1割程度ちがいがあります。

エイジングケアプラス ステージ2プラスは、同じ初期腎不全用フードでも「k/d早期アシスト(ヒルズ)」のほうが、栄養バランスが近いです。

以下の記事で比較をしています。興味のある方は、参考にしてみてください。

 

 

原材料

3製品の原材料を記載します。

エイジングケアプラス ステージ2

コーン、超高消化性小麦グルテン(消化率90%以上)、コーンフラワー、肉類(鶏、七面鳥)、小麦、コーングルテン、動物性油脂、米、植物性繊維、加水分解動物性タンパク、チコリー、魚油、大豆油、トマト(リコピン源)、サイリウム、フラクトオリゴ糖、緑イ貝(低温乾燥)、酵母エキス(マンノオリゴ糖含有)、加水分解甲殻類(グルコサミン含有)、ルリチシャオイル、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン含有)、レシチン、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、L-チロシン、L-トリプトファン、タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(K、Ca、Cl、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

エイジングケアプラス ステージ2 プラス

コーン、超高消化性小麦グルテン(消化率90%以上)、動物性油脂、肉類(鶏、七面鳥)、コーンフラワー、小麦、コーングルテン、米、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、チコリー、魚油、大豆油、トマト(リコピン源)、サイリウム、フラクトオリゴ糖、緑イ貝(低温乾燥)、酵母エキス(マンノオリゴ糖源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、ルリチシャオイル、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン源)、レシチン、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、L-チロシン、L-トリプトファン、タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(K、Ca、Cl、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

早期腎臓サポート

コーン、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、コーンフラワー、小麦、コーングルテン、動物性油脂、肉類(鶏、七面鳥)、植物性繊維、米、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、チコリー、魚油(オメガ3系不飽和脂肪酸〔EPA+DHA〕源)、大豆油、トマト(リコピン源)、サイリウム、フラクトオリゴ糖、緑イ貝、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、ルリチシャ油、グルコサミン、菜種レシチン、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-トリプトファン、L-チロシン、L-カルニチン)、ミネラル類(Cl、Ca、K、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

 

こまかな順番の違いなどありますが、一番大きな違いは「酸化防止剤」です。

エイジングケアプラスでは「人工の酸化防止剤」が使用されていますが、早期腎臓サポートでは「自然由来の酸化防止剤」を使っています。

この変更はオーナーさんにとって、プラスな変化と捉えられる方が多いのではないでしょうか。

 

 

価格

3つの製品の「メーカー希望小売価格」を記載します。

ステージ2

ステージ2プラス

早期腎臓サポート

500g 1,295 円 1,295 円 1,372 円
2㎏ 4,002 円 4,002 円 4,241 円

※あくまで希望小売価格であるため、実際の購入価格とは異なる可能性があります。

 

見てみると、早期腎臓サポートのほうが5%くらい値段が高くなります。

価格重視の方にとっては、すこしマイナスポイントになるでしょう。

 

ちなみにk/d早期アシスト(ヒルズ)のほうが、早期腎臓サポートより割安に買えることが多いです。

くわしくは、以下の記事で記載をしています。

 

 

購入方法

もっとも大きな変更点といえるのが、購入方法です。

エイジングケアプラスは、Amazonや楽天市場などの通販サイトでも購入することができました。

 

ですが、早期腎臓サポートは、Amazonなどの通販サイトで購入ができません。

メーカーが流通を制限しているからです。

逆に、メーカー公式サイトでは購入可能です。購入には、病院から発行されるコードなどが必要です。

 

比較をすると、以下のようになります。

エイジングケアプラス 早期腎臓サポート
大手通販サイト ×
メーカー公式サイト ×
動物病院  △

※取り扱いがないケースあり

 

 

以上、5つの比較をみて、今後どのフードを使っていくのかを考えていくのがよいかと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

-, フード

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.