フード 病気

ロイヤルカナンの退院サポートは、腎不全の犬猫に危険?栄養士が解説

【公開日:2021年5月24日】

 

飼い主さん
うちの子は腎不全。栄養価の高いものをあげたいんだけど、「退院サポート」って使っても大丈夫かな?

 

退院サポートは、ロイヤルカナンの高カロリーの療法食です。

結論から書くと、「腎不全で使うこともできるけど、もっと最適なものが他にある」です。

この点について、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

 

退院サポートとは

退院サポートは、ロイヤルカナンの缶詰療法食です。

犬猫での区別はなく、犬猫兼用です。場合によってはフェレットやハムスターなどのエキゾチックアニマルに使うこともあります。

 

栄養バランスとしては以下のようになっており、いわゆる「高栄養」の缶詰です。

  • 高カロリー
  • 高タンパク
  • 高脂肪

 

よって、以下のような状態のペットに使われることが多いです。

  • 手術後
  • 食欲不振
  • 栄養不良
  • 成長期・離乳食

 

また、中身がトロトロの状態になっているため、強制給餌をする時にも使えます。

※強制給餌とは

自力で食べられな時に、注射器(シリンジ)やカテーテルを使って、体内に食べ物を流し込んであげること。

イメージ写真

 

※もちろん「ふつうの缶詰」として、お皿に入れて与えることもできます。中身のイメージは動画でも解説中。

 

腎不全のときには、「何も食べずに痩せていく」ことがいちばん良くありません。
病気と闘うためのエネルギーが減っていき、QOL(生活の質)が一気に低下していくからです。

そういった意味で、「退院サポートを腎不全のペットに使う」ことがあります。
腎不全が進行して食欲が落ちた場合や、痩せてきた場合には有効な選択肢になるでしょう。

 

ですが、「退院サポートが腎不全の時に最適か?」といわれると、答えは「NO」です。

 

退院サポートは、腎不全のペットに最適ではない

なぜなら退院サポートは、腎不全のペットにとって「リン」「タンパク質」が多すぎるからです。

ペットに腎不全がある場合・・・

  • リン
    → 腎不全の進行をはやめ、寿命を短くする可能性
  • タンパク質
    → 体調が悪化する原因であるBUNをあげてしまう

 

腎不全の時には、「リン」と「タンパク質」が低減されたフードを与えることが大切です。

なので、「そのようなフードを試してみて、食べなかった時にのみ退院サポートを与える」という考えがベストです。

 

参考までに、「腎不全のペットに推奨される栄養バランス」と「退院サポートの栄養バランス」をまとめておきます。

 

【犬の場合】

腎不全の推奨 退院サポート
リン 0.2~0.5 % 約 1.1 %
タンパク質 14~20 % 約 47 %

 

【猫の場合】

腎不全の推奨 退院サポート
リン 0.3~0.6 % 約 1.1 %
タンパク質 28~35 % 約 47 %

※上記数値は乾物量分析値
※退院サポートは公表値から水分量を除いて算出

 

飼い主さん
じゃあ退院サポート以外で、具体的にどんなフードがおススメなの?

 

ということで、腎不全のペットに使えるフードを5つ紹介していきます。(退院サポートと同じウェットタイプを紹介)

犬と猫を同時に記載していきます。

 

スポンサーリンク

腎不全のペットにおすすめの缶詰フード

k/d シチュー

k/dシチューは、ヒルズから発売されている療法食の缶詰です。

肉や野菜などがゴロゴロとかたまりになり、とろみがつけられたグルメ缶であることが最大の特徴です。

中身のイメージ

 

それでいて、リンやタンパク質などの栄養バランスは、腎不全のペット対応になっています。

 

【犬k/dシチュー】

腎不全の推奨 k/dシチュー
リン 0.2~0.5 % 0.3 %
タンパク質 14~20 % 16 %

 

【猫k/dシチュー】

腎不全の推奨 k/dシチュー
リン 0.3~0.6 % 0.5%
タンパク質 28~35 % 30 %

※上記数値は乾物量分析値

 

退院サポートのような、流動食としては使えません。

ですが、味も犬猫2種類ずつから選べ、食欲が落ちている状態でのおいしさピカイチです。

利用者も多く、かなり使いやすい腎不全用の缶詰と言えます。

 

犬k/dシチュー(ビーフ味・チキン味) ↓↓

メーカー欠品中

 

猫k/dシチュー(チキン味・ツナ味) ↓↓

 

 

CKW / FKW

犬用のCKW、猫用のFKWは、スペシフィックから発売されている腎不全用の療法食です。

 

シチュー缶のようにグルメタイプではなく、味のバリエーションもありません。
ですがやわらかいソフトタイプで、食べてくれることは多いフードです。

 

中身イメージ

 

栄養バランスも、十分に腎不全の対応になっています。

 

【犬CKW】

腎不全の推奨 CKW
リン 0.2~0.5 % 0.3 %
タンパク質 14~20 % 16 %

 

【猫FKW】

腎不全の推奨 FKW
リン 0.3~0.6 % 0.5%
タンパク質 28~35 % 34 %

※上記数値は乾物量分析値

 

また100gサイズで使い切りやすく、アルミトレイのため廃棄もしやすいです。(犬用CKWは300gもあり)

 

犬用CKW ↓↓

 

猫用FKW ↓↓

スペシフィック (SPECIFIC)
¥3,498 (2021/10/24 06:30:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

腎臓ケア

腎臓ケアは、アニモンダの腎不全用療法食です。

アニモンダは日本の動物病院で扱いが少ないため、ピンとこない方もいるかもしれませんが、1991年にドイツで製造が開始された歴史あるブランドです。

 

中身イメージ

 

特徴は、以下の2つです。

  • 味のバリエーションが豊富(犬で4種類、猫で6種類)
  • グレインフリー

メモ

グレインフリーは、すべてペットにも必ず必要なわけではありません。

米などの穀物にアレルギーがあるペットに必要です。

 

ただ、腎不全への栄養バランスがわずかにオーバーする項目があるため、「まだ悪くなっていない状態」で使うほうがよいでしょう。

たとえば「初期段階の腎不全」「いまは腎臓の数値に問題ないが、ケアはしたい」などのケースです。

 

【犬・腎臓ケア】

腎不全の推奨 腎臓ケア
リン 0.2~0.5 % 0.6 %
タンパク質 14~20 % 24 %

 

【猫・腎臓ケア】

腎不全の推奨 FKW
リン 0.3~0.6 % 0.7%
タンパク質 28~35 % 34 %

※上記数値は乾物量分析値

 

犬用・腎臓ケア ↓↓

 

猫用・腎臓ケア ↓↓

 

 

腎臓サポート・リキッド

腎臓サポート・リキッドは、ロイヤルカナンの腎不全用療法食です。

 

完全な液体状なので、強制給餌をする時に最適です。また「飲み水に混ぜて栄養補給」という使い方も可能です。

製品には、専用のキャップが付属しています。このキャップを使うと、シリンジ(注射器)から直接吸い込むことができるため、衛生面でも安心です。

 

 

「やや高価であること」「2日以内に使いきり」などの点はネックになるかもしれませんが、日本で完全な液体の腎不全食はこれだけです。(2021年5月現在)

ただ栄養バランスはややオーバー気味なので、あくまで「強制給餌が必要なときの最終兵器」として考えて使うのがおススメです。

 

【犬用・腎臓サポートリキッド】

腎不全の推奨 腎臓サポート
リキッド
リン 0.2~0.5 % 0.5 %
タンパク質 14~20 % 約 24 %

 

【猫用・腎臓サポートリキッド】

腎不全の推奨 腎臓サポート
リキッド
リン 0.3~0.6 % 0.7 %
タンパク質 28~35 % 47 %

※上記数値は乾物量分析値
※リキッドは公表値から水分量を除いて算出

 

犬用・腎臓サポートリキッド ↓↓

 

猫用・腎臓サポートリキッド ↓↓

 

 

キドナ

キドナは、森乳サンワールドの腎不全用療法食です。(犬用猫用あり)

 

粉末状になっており、お湯や水に溶いて固さを調整する流動食です。

粉末のため、腎臓サポートリキッドよりコストを抑えられるのがメリットです。

 

まぜる水の量と固さの関係のめやすは以下の通りです。(表の3段目。粉末と水の比率で表されています)

 

 

 

【犬用キドナ】

腎不全の推奨 犬用キドナ
リン 0.2~0.5 % 約 0.2 %
タンパク質 14~20 % 約 23 %

 

【猫用キドナ】

腎不全の推奨 猫用キドナ
リン 0.3~0.6 % 約 0.4 %
タンパク質 28~35 % 約 33 %

※上記数値は乾物量分析値
※キドナは公表値から水分量を除いて算出

 

1包20gで使い切りやすく、期限も長いため、流動食が初めての方にとっては使い勝手がかなりいい流動食です。

 

犬用・キドナ ↓↓

 

猫用・キドナ ↓↓

 

「退院サポートは腎不全のペットに使える?」の記事は、以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, , フード, 病気

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.