フード 病気

【キドニーケアプラス】口コミや効果、キドニーケアとの比較など解説

 

飼い主Aさん

「キドニーケアプラス(可溶性繊維)」っていうフードが、腎臓にも便秘にもいいって聞いだんだ。

うちの猫にもピッタリな気がするんだけど、実際どんなフードなの?

 

キドニーケアプラス(可溶性繊維)は、2022年の秋に発売された、あたらしい療法食です。

ペット栄養管理士の筆者がこのフードについて、、以下のポイントで徹底解説していきます。

 

キドニーケアプラス(可溶性繊維)は、腎臓ケアと便秘ケアをするフード

キドニーケアプラス(可溶性繊維)は、以下2つの状態をケアするフードです。

  • 慢性腎臓病
  • 便秘

「キドニーケアプラス」

 

慢性腎臓病(以下、腎臓病)になると、脱水しやすくなる → 便が固くなる → 便秘になりやすくなる、という悪循環に陥ることがあります。

よって腎臓病と便秘の両方に悩む猫は、少なくありません。

そんな猫のために作られたのが「キドニーケアプラス(可溶性繊維)」で、以下のような栄養バランスにすることにより、2つのケアができるようになっています。

腎臓ケア タンパク質、リン、ナトリウムを減らす
便秘ケア 可溶性繊維を増やす

 

可溶性繊維って?

食物繊維は「不溶性繊維」「可溶性繊維」に分けられ、可溶性繊維は便をゲル状にする作用があります。

よって固くなった便を出しやすくすることが期待できます。

具体的には「サイリウム」が、ペットフードではよく利用されます。

 

腎臓ケアだけ、便秘ケアだけができるフードはたくさん存在していますが、2つを同時にケアできるものはほとんどありません。

そういった意味でキドニーケアプラス(可溶性繊維)は、大変希少価値の高いフードと言えるでしょう。

 

※ちなみに同メーカーからは、腎臓ケア用の「キドニーケア」という製品も発売されています。(チキン・フィッシュの2種類の味)

キドニーケアには便秘ケアはついていないので、間違えないよう注意しましょう。

デザインもそっくりな「キドニーケア」
左がチキン、右がフィッシュ

 

キドニーケアプラス(可溶性繊維)の詳細

原材料

小麦全粒粉、トウモロコシ、動物性油脂、ミートミール、コーングルテン、おから、ポテトプロテイン、フィッシュオイル(EPA・DHA源)、フィッシュエキス、チキンレバーパウダー、フラクトオリゴ糖、セレン酵母、マッシュルーム抽出物(シャンピニオンエキス)、小麦粉、サイリウム、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、C、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛アミノ酸複合体、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

 

上述の可溶性繊維である「サイリウム」が入っていることが分かります。

また「フラクトオリゴ糖」も、プレバイオティクス成分として、腸内環境を保つことに役立ちます。

キドニーケアプラス(可溶性繊維)の味は「フィッシュとチキン」となっていますが、全般としては、小麦やトウモロコシなどの穀物が主体になってます。

 

成分

キドニーケアプラス(可溶性繊維)の栄養成分は、以下の通りです。

タンパク質 24.7 %
脂質 18.3 %
粗繊維 2.5 %
灰分 5.2 %
炭水化物(N.F.E) 41.3 %
食物繊維 9.1 %
カルシウム 0.59 %
リン 0.37 %
カリウム 0.90 %
ナトリウム 0.24 %
クロール 0.77 %
マグネシウム 0.08 %
194 mg/kg
25 mg/kg
亜鉛 132 mg/kg
ビタミンE 693 IU/kg
ビタミンC 124 mg/kg
EPA+DHA 0.58 %
タウリン 0.22 %
カロリー 399kcal/100g

 

腎臓のケアに重要な「タンパク質」「リン」「ナトリウム」は、かなり少なくなっています。

キドニーケア(チキン・フィッシュ)とも同レベルです。(以下、表で比較)

 

また「可溶性繊維」の量は公開されていませんが、不溶性繊維も含めた「食物繊維」として公表されています。

それでみると、キドニーケア(チキン・フィッシュ)よりも10%以上多くなっていることがわかります。

\ キドニーケアとの比較 /

キドニーケアプラス
(可溶性繊維)
キドニーケア
(チキン)
タンパク質 24.7 % 24.2 %
リン 0.37 % 0.35 %
ナトリウム 0.24 % 0.20 %
食物繊維 9.1 % 8.0 %
カロリー(/100g) 399 kcal 426 kcal

 

ただカロリーは7%くらい低いので、キドニーケアから切り替える方は、やせないように注意しましょう。腎臓病の時には、やせることは大敵だからです。

またタンパク質が腎臓フードとしては低めであるため、早期腎臓病にはあまり向いていません。(早期腎臓病では、タンパク質の制限は不要)

早期腎臓病での便秘ケアについては、以下の記事を参考にしてみてください。

【ヒルズ・腸内バイオーム】猫の腎臓ケアはできる?ペット栄養士が解説

続きを見る

 

粒の形

粒は、直径7㎜くらいの丸い形をしています。

     粒のイメージ

 

キドニーケアは、細長い筒状の形なので、キドニーケアプラス(可溶性繊維)の形は特殊な形といえます。

キドニーケアの粒イメージ
(上がチキン、下がフィッシュ)

 

サイズと価格

キドニーケアプラス(可溶性繊維)は、ドライフードのみでウェットタイプはありません。

サイズとメーカー希望価格は、以下のようになっています。

サイズ 価格
480g 1,980 円
1.5kg 4,620 円

 

キドニーケアはそれぞれ、480g(1,650円)、1.5㎏(3,850円)ですから、20%くらい高い計算になります。

ちなみに480gサイズは「120g×4袋」の小分けになっており、鮮度を保ちやすいメリットがあります。

 

左が1.5㎏、右が480gと小分けパック

 

一方、他メーカーである4㎏サイズなどの大きな袋は販売されていません。

 

原産国

原産国は、日本(国産)です。

メーカーであるペットライン(株)の工場は岐阜県多治見市にしかないため、キドニーケアプラス’(可溶性繊維)もここで製造されていると考えられます。

メーカー情報

販売会社 ペットライン株式会社
設立 昭和42年7月19日
資本金 4億8000万円
代表者 朝見 恭裕
問い合わせ 電話メール

 

口コミ

発売されたばかりのため、まだ口コミが多くありませんが「食べつきは悪くない」というコメントが数件みられます。

 

 

今後も口コミは随時、更新していきます。

 

スポンサーリンク

キドニーケアプラス(可溶性繊維)の購入方法

記事公開時点では、キドニーケアプラス(可溶性繊維)は、以下の購入方法があります。

  1. 動物病院
  2. メーカー公式サイト
  3. ネット通販

 

メーカー公式サイトでの購入には、専用のコードなどが必要で、動物病院で入手することが可能です。(ただ動物病院がコードの発行に対応していないこともあるため、事前に確認するのがいいでしょう。)

また定価より割高になっていますが、楽天市場などの通販サイトでも出品がはじまりました。

 

 

 

スポンサーリンク

キドニーケアプラス(可溶性繊維)を食べない場合は?

このようにとても希少価値の高いフードですが、腎臓病になると好き嫌いが強くなるため、食べてくれないこともあります。

万が一キドニーケアプラス(可溶性繊維)を食べなかった時は、以下の方法を検討するとよいでしょう。

食べてくれる腎臓フードに、サイリウムのサプリメントをトッピングする

 

可溶性繊維であるサイリウムは、ペット用サプリメントとしても販売されています。

かかりつけ医に相談のうえ、これを猫が好きな腎臓フードにふりかけるのが、手軽な対応方法です。

 

サイリウムのサプリを見てみる

 

また以下の記事では、療法食の腎臓フードを網羅的に紹介しています。

いざという時の対策として、よかったら読んでみてください。

 

キドニーケアプラス(可溶性繊維)についての記事は、以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード, 病気
-

Copyright© ペットのモノシリ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.