フード

【レジーム】メリットデメリット、口コミ、最安値の購入法まとめ

【公開日:2021年1月27日】

 

飼い主さん
「レジーム」っていうフードに興味があるんだけど・・・

メリット・デメリットとか口コミを知っておきたいな!

 

このような疑問を持つ方に向けて、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

レジームとは?

レジームは、ナチュラルハーベストシリーズの療法食です。

粒のサイズによって2種類のタイプがあります。

  • レジームスモール=小粒
  • レジーム=大粒

 

いずれも、以下の特徴をもっています。

  • 低脂肪
  • 低カロリー
  • 高タンパク
  • 高食物繊維

 

よって、愛犬のダイエットに最適です。

またメーカーの公式な表示はありませんが、その低脂肪と高繊維から、以下にも使うことができそうです。

  • 高脂血症
  • 胆泥症
  • 糖尿病
  • 下痢

 

成分

レジームの栄養バランスは、以下の通りです。

 

【レジームの成分】

成分
たんぱく質 29.1%
脂質 7.1%
粗繊維 10.0% 以下
カルシウム 1.6%
リン 1.1%
ナトリウム 0.75%
カリウム 0.6%
マグネシウム 0.15%
カロリー 286kcal/100g

 

さまざまな低カロリー療法食の中でも、「タンパク質の豊富さ」「脂質の低さ」が目立ちます。
ダイエット効率の高い栄養バランスと言えます。

また総合栄養食の栄養バランスも満たしているため、1歳以上であれば長期であたえても問題ありません。

ただし類似コンセプトの他メーカーのフードよりミネラルが多めです。
よって高齢期では他のフードにシフトするのも良いかもしれません。(後述)

 

サイズと価格

レジームはドライフードのみですが、小粒と大粒の2種類があります。

それぞれのメーカー希望小売価格(税抜)をまとめてました。

 

【レジームの希望小売価格】

 

レジームスモール
(小粒)

 

100g×1袋 300円
1.1㎏×1袋 2,200円
1.1㎏×2袋 3,900円
1.1㎏×4袋 7,200円
1.1㎏×8袋 13,700円
レジーム
(大粒)

70g×1袋 240円
2.27㎏×1袋 3,500円
2.27㎏×2袋 6,400円
2.27㎏×4袋 12,000円

※表示は税抜

 

上記はメーカーからの価格統制があるのか、どの通販サイトでもほぼ同じ設定になっています。(=値引きされていることがほとんどない)

基本的に袋のサイズは1サイズで、まとめ買いによって少し割安になります。

 

粒の形

くり返しですが、レジームのドライフードは、小粒と大粒の2種類です。

   

 

どちらも円い形をしており、幅は1㎝弱くらいです。
ただ厚みがおおきく違い、小粒は5㎜くらいですが、大粒は1㎝くらいあります。

 

原材料

レジームの原材料は、以下の通りです。

ドライ

チキンミール(米国、ブラジル、アルゼンチン )、精製白米(米国 )、ニシンミール(カナダ、チリ )、玄米(米国 )、セルロース(米国 )、ポテト(米国 )、オーツ胚芽(カナダ、米国 )、 加水分解チキンエキス(米国 )、えんどう豆繊維(カナダ )、大麦(カナダ、米国 )、ビール酵母(米国 )、海塩(米国 )、フラクトオリゴ糖(米国 )、炭酸カ ルシウム(米国 )、グルコサミン塩酸塩(米国 )、コンドロイチン硫酸塩(米国 )、ユッカ抽出物(米国、メキシコ )、ビタミン E(米国、フランス )、クエン 酸(デンマーク )、キレート亜鉛(米国、メキシコ )、キレート鉄(米国 )、ナイアシン(スイス )、L – カルニチン(チェコ )、キレート銅(米国 )、ビタミン A(フランス、ドイツ )、キレートマンガン(米国 )、硝酸チアミン(ドイツ )、パントテン酸カルシウム(イギリス )、リボフラビン(ドイツ )、塩酸ピリドキシ ン(ドイツ )、酸化マンガン(米国、メキシコ )、ビオチン(フランス )、ビタミン B12(フランス )、ビタミン D3(スイス )、ヨウ素 (EDDI)(インド )、葉酸(フランス )、セレン酸ナトリウム(米国 )、ヨウ化カルシウム(米国、カナダ )、酸化防止剤 ( ローズマリー抽出物 )( 米国、アルゼンチン、日本 )

 

チキンがベースになっており、チキン味といえます。

 

原産国

レジームの原産国は、アメリカです。

また原材料ごとに産地を公開しているので、安心感があります。

 

レジームのメリット・デメリット

メリット

レジームのメリットは、大きく3つあります。

  • 真空パック
  • 原材料にこだわり
  • お試しサイズがある

 

【真空パック】

レジームは、真空パックで包装されています。フードに使われている油脂の酸化を防ぐためです。

酸化とは?

油が酸素に触れて傷むこと。

中の空気が抜けて、粒が浮き出ているようになっているのが真空パックの特徴。袋も4層構造になっているこだわり。

油脂が酸化したものを食べると、以下のようなデメリットがおこります。

  • 下痢など体調不良の原因になる。
  • 風味が落ち、食べつきが悪くなる。

レジームでは上記のような不安が最小限になっているため、飼い主としては安心して与えることができます。
大手の療法食メーカーで、真空パックを採用しているところは今のところありません。

そういった意味でも、貴重な療法食と言えるでしょう。

 

【原材料にこだわり】

レジームは原材料について、以下のような宣言をしています。

  • 中国産の原材料は使わない
  • 原材料ごとに産地を公表
  • 原材料表記に略称を使わず、正確に記載する

 

この情報公開に対する誠実さは、一般的なフードメーカーでは見られないものです。

20年以上の販売の歴史は、この信頼の積み重ねによるところが大きいと考えられます。はじめての方でも安心して使える療法食と言えます。

公式サイトで、原材料に対する取り組みを確認する

 

【お試しサイズがある】

上記のように安心感があることは分かっても、最初の1袋をいきなり買うのは少し抵抗があるもの。

そんななか、レジームスモール、レジームともに「お試しサイズ」が用意されています。

お試しサイズ

  • レジームスモール:100g
  • レジーム:70g

よって「食べるかどうか分からないから、ちょっと試してみたい」というニーズに応えることができます。

療法食をあげる時は、体調が悪く食欲が安定しないこともあるでしょう。
そんな時「お試しサイズを自宅に居ながら入手できる」のは大きなメリットと言えます。

※大手の療法食メーカーは無料サンプルを作っていることが多いですが、通販での販売はしておらず、病院での手渡しが基本です。よって、「病院に行く」という手間が発生します。

 

 

デメリット

一方、レジームのデメリットは2つあります。

  • シニア期に使いにくいことがある
  • 大きな袋がない

 

【シニア期に使いにくいことがある】

栄養バランスを見ると、レジームにはミネラル分が多めに入っています。

具体的には「リン」「ナトリウム」「カルシウム」が挙げられます。
レジームと同様の「低脂肪・低カロリー・高繊維」の他のフードと比較してみます。

 

  レジーム

w/d

満腹感サポート
リン 1.1% 0.48% 0.7%
 ナトリウム 0.75% 0.24% 0.3%
5カルシウム 1.6% 0.59% 0.9%

 

これらのミネラルは、腎臓や心臓が弱っているときに負担をかける栄養素です。
腎臓や心臓は、シニア期になると多くの犬が衰えてきます。そんな時には、なるべく摂取量を抑えたいところです。

レジームのミネラル量は、他と比べて多いため、腎臓や心臓のケアにはあまり向いていません。(「他にもっと向いているフードがある」というのが正確)

※とはいえ、総合栄養食のバランスは満たしていますので、健康体であれば使うことに問題はありません。

w/dや満腹感サポートに興味のある方は、以下の記事を参考にして見て下さい。

【w/dを徹底レビュー】メリットデメリット、口コミ、最安値の購入法

続きを見る

【満腹感サポート】メリットデメリット、評判、最安値の購入法まとめ

続きを見る

 

【大きな袋がない】

レジームの袋のサイズは1サイズです。

  • レジームスモール:1.1㎏
  • レジーム:2.27㎏

 

上記のサイズ以外に、5㎏や8㎏といったサイズがあればその分割安になるでしょう。しかし実際はありません。

よって「複数の犬にあげる」「大型犬にあげる」といった場合に、かなり割高になります。

参考までに1日の給与量を掲載しておきます。

 

※参考:レジームの給与量

※レジームスモールもレジームも、給与量は共通

 

仮に10㎏の犬がレジームスモールを使ったとします。「①維持」の量である165gを毎日あげると、レジームスモールは約1週間で1袋を使い切ります。
それくらい消費スピードが速いです。

酸化を防ぐために、大きな袋を使っていないのでしょう。ですが、中型犬以上に使う時などはコストが高くなるのがネックになるでしょう。

 

レジームの口コミ

SNSを中心に、レジームの口コミを集めてみました。

「よく食べる」「体重が減った」など、好意的なものが多数でした。またアマゾンや楽天市場での★の数もとても高いです。

 

 

 

このフードに替えたところ、確かに体重が徐々に落ちてきました。1ヶ月ほどで理想体重に近づいてきたので、その効果には驚きました。

(アマゾンレビューより)

 

うちの子は生まれた時からこの御飯。オヤツも食べるからカロリー的に丁度良いですよ。
しかもカロリーが低いから沢山量を食べられるから満足感があると思います。

(アマゾンレビューより)

 

どのフードが良いのか色々なフードを検討していましたが、よく食べてくれるので暫くこちらを続けてみようと思い今回は4袋セットを購入しました。

(アマゾンレビューより)

 

今は、これ一本です。
快食快便で、愛犬の体調も良くなりました。

(アマゾンレビューより)

 

一方で、「食べない」「皮膚の状態が悪くなった」といった口コミもありました。

 

 

脂質が減った分、皮膚は乾燥状態になってしまい、我が家のワンコは皮膚炎になりました。
かゆみ、脱毛が起こってしまい、ワンコには可哀想なことをしてしまったと反省しております。
もしこの商品を使用するのであれば、少量(小さじ1杯程度)のサラダ油をまぶすことをお勧めします。

(アマゾンレビューより)

 

ネガティブコメントが心配な方は、ポータブルパックから始めるのがよいですね。

口コミは引き続き集めていきたいと思います。

 

レジームの最安値の購入法

レジームは、「Amazonなどの大手通販サイト」または「取扱店」で購入できます。

残念ながら価格は、どちらでもほとんど変わりません。(メーカーの価格統制のため)
ただ大手通販サイトを使っている方は、ポイントがたまる分、すこしお得になります。

 

レジームスモール(小粒)を探す ↓

 

レジーム(大粒)を探す ↓

 

 

通販サイトで購入される方で、「さらにお得に買いたい方」はポイントサイトも使いましょう。

個人的には、種類の多さから「モッピー」というサイトをおすすめしています。

モッピー経由で楽天市場やAmazonにアクセスして商品を買うと、ショッピングサイトのポイントとは別に、モッピー内でポイントがたまるからです。

 

 

モッピー経由だと、以下の利率でポイントがたまります。(利率はキャンペーンなどで変動あり)

  • 楽天市場:1% ※1
  • Yahoo!ショッピング:1%
  • Amazon:0.5% ※2

※1. 2021年1月末まで、5%にUPするキャンペーン中
※2 . Amazonは決済方法に指定あり。

 

たまったポイントは、1ポイント=1円で、現金や電子マネー、マイル、プリカなどに交換できます。ポイント交換の詳細を見る

レジームを「最安値で一番おトクに購入する」方法まとめ

  • モッピー経由で、通販サイトにアクセス
  • 通販サイト上で価格順に並べ替えて、最安値のものを購入

ぜひ試してみてください。

レジームのレビュー記事は、以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

-, フード

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.