フード

【ロイヤルカナン】退院サポートは下痢しやすい?理由と対策を解説。

【公開日:2020年2月2日】

 

飼い主さん
ロイヤルカナンの退院サポートって食べると下痢しやすいの?

使ってる友達から聞いたんだけど・・・

 

ペット栄養管理士として10年以上活動している筆者が解説します。

 

退院サポートは下痢しやすい?

まずは結論から。

 

栄養学的に見て、

退院サポートは一般のフードより少し下痢しやすい、と言えます。

 

理由を解説します。

 

退院サポートはロイヤルカナンから発売されている、犬猫兼用の高栄養食です。

流動性もあるため、注射器やカテーテルで与える流動食としても使えます。

 

 

なので、衰弱している時や食欲がない時に使われることが多いです。

衰弱や食欲不振の状態では、元気な時よりも高カロリー・高栄養のフードが求められます

そうでないと、ペットが弱っていってしまうからです。

 

具体的に、退院サポートは以下のような栄養バランスになっています。

  • 脂肪が多い
  • カロリーが高い
  • 抗酸化成分が多い

 

脂肪が多くなるとその分カロリーも高くなるので、この2つは比例関係です。

 

そして下痢に関わってくるポイントは「脂肪の多さ」です。

ペットによっては「脂肪が多いものを食べると下痢をする」ことがあります。(もちろん大丈夫な子もたくさんいます)

 

退院サポートの脂肪量を、ロイヤルカナンの他のウェット製品と比べても、脂肪の多さが分かります。

 

のウェット製品での比較】

退院サポート 消化器サポート

低脂肪

低分子プロテイン
脂肪 6.2% 1.7% 3.5%
カロリー (/100g) 116kcal 91kcal 95kcal

 

のウェット製品での比較】

退院サポート pHコントロール

パウチ

糖コントロール

パウチ

脂肪 6.2% 5.3% 3.0%
カロリー (/100g) 116kcal 94kcal 76kcal

 

なので、

「脂肪の多さにおなかが慣れてないペット」は、退院サポートを食べて下痢をすることがある

ということです。

 

きちんと統計を取ったことはありませんが、動物病院で使った経験だと「下痢をするのは1,2割くらい」という印象です。

 

飼い主さん
そういうことなんだ。

うちの子は脂肪に敏感みたいで、ちょっとウンチがゆるいのよね。

いい対策はないの?

 

 

下痢をしないための対策

退院サポートを食べて下痢をしてしまう、という場合にできる対策は3つあります

 

食物繊維を混ぜる

いちばん手っ取り早いのは、食物繊維を混ぜることです。

食物繊維には「便を固める」作用があるからです

 

食物繊維は野菜にたくさん入っていますが、カロリーがほぼありません。

なので、食欲が落ちているときや強制給餌のときに「退院サポートに野菜を混ぜる」方法は向いていません。

 

では何ができるかというと「ペット用の食物繊維サプリメント」を混ぜるという方法です。

ペット用の食物繊維サプリメントが発売されています。

 

 

この商品は動物病院でも使用されるサプリメントです。

粉末タイプで、犬猫兼用です。

 

これを退院サポートに混ぜて溶かしてあげれば、トロトロ感を保ったまま食物繊維だけを増やすことができます

 

メモ

「体重1㎏につき1日0.6g」が目安ですが、おなかを慣らせるために半分量くらいから試すのがおススメです。

 

 

食事の回数を増やす

「脂肪の量におなかが慣れないこと」が下痢の原因になることは書きました。

もう少し詳しく書くと「1度に入ってくる脂肪の量に胃腸が耐えきれない」のです。

 

なので「1度に胃腸に入る脂肪の量」を減らすことも、下痢の対策になります。

つまり食事の回数を増やして、1回に与える量を減らすということです。

 

例)

1回にあげる量 食事回数 1日に与える合計
変更前 60g 2回 120g
変更後 30g 4回 120g

 

もし自宅にいる時間が長く、食事回数を増やせるという方はこの方法も簡単です。

回数を増やせば増やせるほど、下痢のリスクは下がっていきます

 

 

他のフードと混ぜて与える

1度に入る脂肪の量を減らす、という意味では「他のフードと混ぜて与える」のも同じ効果があります。

ただし重要なのは「脂肪量がなるべく少ないフードを混ぜる」ということです。

1度に胃腸に入る脂肪の量を、なるべく減らしたいわけですからね。

 

安心して使える療法食では、2つの商品が「低脂肪」として発売されています

この2つは低脂肪でありながら、ある程度のカロリーも入っています。

 

メモ

※ただしこの方法は犬のみです。

猫では「カロリーのある低脂肪フード」がまだありません。

 

消化器サポート低脂肪

消化器サポート低脂肪は、ロイヤルカナンから発売されている缶詰です。

消化器サポート低脂肪には、以下の特徴があります。

  • 消化率が高い
  • 低脂肪(1.7%)
  • 91kcal (100gあたり)

 

退院サポートよりカロリーは低くなりますが、かなりの低脂肪です。

消化率も高いので、退院サポートと混ぜるときの第一候補になります。

 

ただし退院サポートのような強いとろみはありません。

やわらかい缶詰といった印象です。

以下の動画の45秒あたりから質感を確認できます。

 

 

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥4,240 (2020/09/21 09:53:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

i/dローファット

i/dローファットはヒルズから発売されている缶詰です。

 

i/dローファットも、消化器サポート低脂肪とほぼ同じ設計になっています。

  • 消化率が高い
  • 低脂肪(2.2%)
  • 94kcal (100gあたり)

 

サイズが1缶360gと大きめなので、消化器サポート低脂肪より割安です。

(消化器サポート低脂肪は1缶200g)

 

ただし質感は固めです。

上の動画の1:00くらいから確認できます。

 

 

ただi/dローファットには、野菜が入ったとろみの強いタイプもあります。(動画の1:20くらい)

自力で食べられる状態であれば、こちらのタイプも十分使えます。

 

 

「退院サポートをすると下痢をする?」に関する記事は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-, , フード

Copyright© 療法食チャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.