TOPペット栄養管理士によるお役立ち情報

ペットのモノシリ

ペットフード

ロイヤルカナン【高栄養パウダー製造中止】おすすめの代替品7選。

更新日:

 

こんにちは!

ピー子センパイです。

 

飼い主さん
うちのペットがロイヤルカナンの「高栄養パウダー」を使ってたんだけど、製造中止になっちゃったみたい。

どうしよう・・・

 

高栄養パウダーは強制給餌ができる人気商品でしたが、2018年の春に製造中止が発表されました。

 

ということでこちらの記事では、高栄養パウダーの代替品について、ペット栄養管理士歴10年以上の筆者が解説させていただきます!

 

高栄養パウダーの代替品選びのポイント

高栄養パウダーの優れていた点は大きく以下の2つだと思います。

  1. 高カロリー・高栄養であること
  2. 粉末であり、固さ(ゆるさ)を調整できること

 

1について正確に言うと、高栄養パウダーは「443kcal/100g」というカロリー量になります。

 

これを踏まえ、1と2の両方を満たすものを代替品として紹介していきます。

先に表でまとめるとこんな感じです。(右にスクロールできます)

 

製品名 タイプ カロリー 原産国 ポイント
チューブダイエット・ハイカロリー 粉末 520kcal 日本 高栄養パウダーの代替として最もおすすめ
チューブダイエット・カケシア 粉末 650kcal 日本 緊急時におすすめ
ワンちゃんの介護食 粉末 363kcal 日本 コスパは最も高い
エナジー500 粉末 500kcal 日本 小容量で初めて粉末を使う方におすすめ
a/d 缶詰 117kcal アメリカ 缶詰の栄養食で最もおすすめ
退院サポート 缶詰 116kcal フランス 中型犬、大型犬におすすめの缶詰
カロリーエース・ムース 缶詰 90kcal 日本 小容量で初めて缶詰の栄養食を使う方におすすめ

 

※商品名をクリック(タップ)すると該当商品の箇所にとびます。

※カロリーは100gあたりです。

 

チューブダイエット・ハイカロリー

高栄養パウダーの代替品として本命になるのが「チューブダイエット・ハイカロリー」です。

森乳サンワールドから発売されている歴史ある「粉末の高栄養食」です。

国産です。

 

 

520kcal/100gというカロリー量なので、高栄養パウダーよりも同じ量でたくさんのカロリーを補給できます。

しかも20gの小分けパック(20g×20包)なっているため、保存もしやすいです(高栄養パウダーは50g×10包)。

 

また高栄養パウダーと同様に、加える水の量により硬さを調整できます

メーカー公式では「20g(1袋)に対して50mlくらいの水を入れるとカテーテルを通る」となっています。

 

 

created by Rinker
森乳サンワールド
¥4,795 (2019/11/14 16:36:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

チューブダイエット・カケシア

また、「チューブダイエット・カケシア」も高栄養パウダーの代用品として使うことが可能です。

こちらも森乳サンワールドから発売されている粉末の高栄養食です。

国産で、20g×20包になっています。

 

 

チューブダイエット・カケシアのカロリーは驚異の「650kcal/100g」です。

今回紹介している商品の中でもっとも高カロリーで、加える水の量で固さ(ゆるさ)を調節できます。

ですがここまでのカロリーが必要なケースというのは「緊急時」だけといえます。

 

飼い主さん
緊急時って例えばどんな時?

 

「ガリガリになって保護したペット」や「急激に容体が悪化して予後が良くなさそう」などの場合です。

 

なので「食べることは難しいけど、状態はある程度安定している」という場合には特にカケシアを使う必要はありません

チューブダイエット・ハイカロリーなど他の商品で十分です。

 

created by Rinker
森乳サンワールド
¥4,835 (2019/11/14 16:36:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ワンちゃんの介護食

ワンちゃんの介護食」も優れた粉末の栄養食です。

国産です。

こちらも森乳サンワールドから発売されています。

 

 

カロリー量は363kcal/100gなので、高栄養パウダーより少しカロリーが低くなります。

なので痩せ気味になっているペットにはおすすめできません。

 

飼い主さん
そうするとこのフードはあんまり魅力がないわね・・・

 

確かにカロリー量や粉末タイプであることを考えると、上記2製品のほうがメリットが多いです。

 

しかし「わんちゃんの介護食」のいいところは「コスパが高い」ことです。

350g入りで1,000円~1,500円くらいで販売されています。

同じ重さに換算すると、これは上記2製品の1/4くらいの価格になります。

 

なので「わんちゃんの介護食」は、使用量が多くなる中型犬や大型犬におすすめの商品といえます。

 

created by Rinker
ワンラック (ONE LAC)
¥1,019 (2019/11/14 16:36:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

エナジー500

こちらも森乳サンワールドから発売されている「エナジー500」も粉末の高栄養食です。

カロリーは500kcal/100gと、高栄養パウダーより高カロリーに作られています。

国産です。

 

 

エナジー500のいいところは、「20g×6包入り」という小容量なところです。

トータル120g入り(20g×6)ということですが、この少ない単位で販売されている粉末フードはエナジー500以外にはありません。

「粉末食に初めてトライする方」や「粉末はちょっとしか使わなそう」という方に一番おすすめです。

 

created by Rinker
ワンラック (ONE LAC)
¥1,007 (2019/11/14 18:48:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

↓ ↓ ↓

ここからは粉末ではなく、缶詰タイプの紹介になります。

粉末ほど固さの調整はしやすくありませんが、調整自体はできますし、カロリーが高いものを紹介していきます。

 

a/dはヒルズから発売されている高栄養の缶詰です。

117kcal/100gで、アメリカ産です。

 

a/dを少しかき混ぜた時の中身の質感

 

a/dはそのままの状態だと10フレンチ(カテーテルのサイズ)くらいまでを通すことができ、そこに水を加えていくとさらに細いカテーテルを通すことができます

粉末とは違い、「筋肉を落ちづらくするBCAA」や「免疫力をあげるアルギニン」などのカロリー以外の栄養素も豊富です。

 

強制給餌をする時もあれば、自分で食べるときもある」という場合に、a/dはとてもおすすめです。

 

飼い主さん
なんだか粉末に比べてすごくカロリーが低いんじゃない?

高栄養パウダーは「443kcal/100g」でしょ?

 

粉末は実際には水に溶かして使うので、あげる時にはカロリー濃度は表示より下がります。

缶詰を「最初から水に溶けている状態」だと考えるといいでしょう。

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥6,363 (2019/11/14 18:48:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

退院サポート

ロイヤルカナンの「退院サポート」もa/dと同様、人気のある高栄養の缶詰です。

116kcal/100gで、フランス産です。

退院サポートを少しかき混ぜた時の中身の質感

 

成分的にはa/dとほとんど同じですが、もともとの状態がa/dよりゆるいので、強制給餌をメインに使うのがおススメです。(缶詰をふるとシャバシャバと音がするくらい)

ただし1缶が195gとけっこう大きいので(a/dは1缶156g)、小型犬や猫、エキゾチック動物だと余らせてしまう可能性が高いです。

 

 

 

カロリーエース・ムース

カロリーエース・ムース」はデビフから発売されている、高栄養の缶詰です。

90kcal/100gで、国産です。

そのままの状態で、内径2mmのシリンジ(注射器)を通すことが可能です。

 

 

カロリーは今回紹介の缶詰ではもっとも低いですが、1缶85gという小容量であるところがメリットです。

このサイズであれば小型犬や猫、エキゾチックでも余らせることが少ないですし、初めての方でもトライしやすいです。

またデビフの缶詰は「おいしい」ということでも有名ですから、「食欲をあげるために使う」という気軽な使い方も可能です。

 

created by Rinker
デビフ
¥1,046 (2019/11/14 18:48:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

以上、高栄養パウダーの代替品をお探しの方のお役に立つとうれしいです!

 

 

-, , ペットフード

Copyright© ペットのモノシリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.