フード 病気

【猫HFの代替】グレインフリーで低アレルゲンのキャットフード8選

【公開日:2020年3月12日】

 

飼い主さん
ブルーバッファローが日本撤退なんて・・・

うちの猫はHFを使ってたけど、

これからどうしよう(>_<)

 

一般食に続き、ブルーバッファローの

療法食も日本から撤退することが発表されました。(2020年3月)

 

販売元である「日本全薬工業」から動物病院に送られている文書

 

よって今ある在庫限りで、

HFを買うことはできなくなります。

他のフードへの切り替えは、なるべく早く行っていく方が安全です。

 

万が一「食べない」「あわなかった」場合にも、

今ならHFの在庫が残っているからです。

 

そこで「次のフード」の参考になる記事を、ペット栄養管理士が書きました。

 

猫のHFの代替品の条件

HF」は以下の特徴があり、

食べている猫も多かったフードです。

 

  1. グレインフリー(穀物不使用)
  2. タンパク源が珍しく、かつ少ない

 

1、グレインフリーについて

穀物に対してアレルギーをもったり、体調不良を起こす猫がいます。

そういった猫に配慮し、HFは穀物をまったく使っていません。

 

2、タンパク源の種類と数

食物アレルギーの原因(アレルゲン)はタンパク質です。

また「一般のペットフードによく使われているタンパク(チキンや米など)」にアレルギーは起こりやすいです。

 

よって

HFは一般フードにあまり使われていないタンパク源ばかりを使ってました。

食物アレルギーに対応するためです。

 

しかもタンパク源は3種類と少ないものでした。

 

【猫用HFのタンパク源】

動物性タンパク 加水分解サーモン
植物性タンパク エンドウ豆、ジャガイモ(馬鈴薯)

 

 

メモ

しかもHFはサーモンを加水分解しています。

加水分解はアレルギーのリスクをさらに下げる処理のことです。

 

このような優れたフードがなくなるのは残念ですが、上記にかなり近いフードがいくつかあります。

 

ということで、

ここからHFの代替品をおすすめ順に紹介していきます。

代替品として絞り込んだ条件はこちらの3つです。

  1. グレインフリー
  2. タンパク源(アレルゲン)が5種類以下
  3. 動物性タンパクが、なるべく魚

 

猫・HFの代替品8選

上記3つを満たす低アレルゲンフードは8つあります。

まず、すべてまとめた表を作りました。

 

 サーモンブルーシンプリ―オソピュアウェルネスカニンヘンナチュラル
バランス
カナガンヤラ-
対象年齢全年齢全年齢全年齢1歳以上1歳以上全年齢全年齢1歳以上
原産国ニュージーランドイギリスアメリカアメリカドイツアメリカイギリスオランダ
動物性
タンパク
サーモンサーモン
ニシン
マス
サーモンサーモン
ニシン
メンハーデン
ウサギ
牛肉
ダックチキンチキン
ニシン
植物性
タンパク
エンドウ豆
ジャガイモ
タピオカ
ジャガイモヒヨコ豆
エンドウ豆
エンドウ豆
ジャガイモ
ポテトグリンピースサツマイモ
ジャガイモ
グリンピース
イエローピース
タピオカ
1㎏あたり
の価格
2,456円2,469円2,470円2,723円3,457円2,198円2,613円3,352円

※1㎏あたりの値段:記事作成時点でのAmazonや公式サイトからの最安値。変動の可能性あります。

 

 

サーモンブルー(アディクション)

【原産国】ニュージーランド

【サイズ】450g・1.8㎏・9㎏

 

サーモンブルーは、アディクションシリーズのフードです。

 

アディクションのフードは、以下のものを一切使用していません。

  • 人工保存料
  • 香料
  • 着色料

そういった意味では、

自然派であるHFのコンセプトと似ています。

 

 

また似ているのはコンセプトだけではありません。

 

栄養バランスやタンパク源(アレルゲン)も、かなり近いです。

 

HF サーモンブルー
動物性タンパク 加水分解サーモン サーモン
植物性タンパク エンドウ豆、ジャガイモ エンドウ豆、ジャガイモ、タピオカ
タンパク質 30% 30%
脂質 14% 15%
粗繊維 4% 4%
水分 9% 10%
灰分 7.25% 11%
カルシウム 0.70% 2.56%
リン 0.60% 1.48%
カロリー 406kcal 370kcal

※カロリーは100gあたり。以下同じ

 

この表もふまえると、

サーモンブルーのメリット・デメリットは

以下になります。

 

メリット

  • 主要アレルゲンは、HFとほぼ同じ
  • 主要な栄養バランスもかなり近い
  • カロリーがHFより低い

 

主要アレルゲンは、タピオカ以外ほぼ同じです。

また主要な栄養バランスもかなり似ているので、

サーモンブルーを使って大きく体調を崩す可能性は低いと言えそうです。

今回の8選の中でも安心度合いはトップクラスです。

 

またカロリーはHFより低くなるので、

HFで少し太り気味だった猫にとってメリットになります。

 

一方デメリットは、以下のことがあります。

デメリット

  • サーモンが加水分解されていない
  • カルシウムやリンが多い

 

サーモンブルーに入っているサーモンは加水分解されていません。

ただHFを使って大丈夫だったのであれば、問題なく使える可能性が高いです。

 

またカルシウムやリンはHFより多いです。

これは尿石症の猫にとっては大きなデメリットですが、

尿石症でなければあまり問題ありません

 

 

 

比較表へ戻る

 

シンプリ―

【原産国】イギリス

【サイズ】1.5㎏

 

シンプリ―は、イギリス産のグレインフリーフードです。

動物栄養学者と共同開発された、品質の高いフードです。

 

 

アディクション同様、人工の添加物もいっさい使われていません。

 

HFとの比較を見てみます。

 

HF シンプリ―
動物性タンパク 加水分解サーモン サーモン、ニシン、マス
植物性タンパク エンドウ豆、ジャガイモ ジャガイモ
タンパク質 30% 37%
脂質 14% 20%
粗繊維 4% 1.50%
水分 9% 7%
灰分 7.25% 9.50%
カルシウム 0.70% 1.89%
リン 0.60% 1.32%
カロリー 406kcal 380kcal

 

シンプリ―のメリット・デメリットは、以下になります。

メリット

  • HFより高タンパクでおいしい
  • HFより低カロリー
  • おすすめTOP3でいちばんミネラルが低い

 

シンプリ―はHFより高タンパクになっています。

肉食性の強い猫にとっては、おいしく感じられます

それでいてHFより低カロリーです。

 

またそもそも尿石症の猫以外は気にする必要はありませんが、

おすすめTOP3の中で、

ミネラル量はいちばん少なくなっています。

 

デメリット

  • 主要アレルゲンがHFより1つ多い
  • 高タンパクのため、10才以上には向かない

 

タンパク量が多いものは腎臓に負担をかけやすい、ということもあります。

よって10歳以上の猫にはさけるのが無難です。

(10歳未満の若い猫は、気にする必要なし)

 

アレルゲンの数はHFより1つ多いです。

「ニシン」と「マス」がHFとの大きな違いですが、

どちらもサーモンと同じ魚類なので、比較的リスクは低いです。

(同じ動物種だと、アレルゲンの形が類似するため)

 

 

シンプリ―はAmazonなどの通販でも買えます。

シンプリー
¥5,060 (2021/08/05 01:20:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

ただ、Amazonなどでは値下げがされていません。(おそらく流通制限アリ)

 

一方、公式サイトの定期購入だと10%~20%引きで購入できます

 

 

定期購入と言っても、ほぼ単品購入と同じです。

  • いつでも休止・退会ができる
  • 配送スパン、数量は自由にえらべる

 

少しでもお得に買いたい方は、公式サイトをいちど見てみてください。

 

シンプリ―公式サイトを見る

 

シンプリ―については、こちらでさらに詳しく解説しています。

 

 

比較表へ戻る

 

 

オソピュア サーモン&ガルバンゾー

【原産国】アメリカ

【サイズ】900g・1.8㎏・4.5㎏

 

オソピュアは、アメリカ産のグレインフリーフードです。

ナチュラルな原材料を使い、特殊な技術で栄養素を凝縮したフードです。

  • ヒートアイソレートテクノロジー
  • ディハイドレイト

 

 

HFとの比較を見てみます。

 

HF オソピュア
動物性タンパク 加水分解サーモン サーモン
植物性タンパク エンドウ豆、ジャガイモ エンドウ豆、ヒヨコ豆
タンパク質 30% 33%
脂質 14% 14%
粗繊維 4% 5.3%
水分 9% 10%
灰分 7.25% 6%
カルシウム 0.70% 1.97%
リン 0.60% 1.40%
カロリー 406kcal 346kcal

 

 

メリット

  • アレルゲンはHFとかなり近い
  • おすすめTOP3でいちばん低カロリー
  • 尿のpHが6.5で設定されている

 

オソピュアのアレルゲンは3種類です。

植物性タンパクは「エンドウ豆」と「ヒヨコ豆」です。

これはHFの「エンドウ豆」と「ジャガイモ」より低リスクと言えます。

ヒヨコ豆のほうがジャガイモよりアレルギーの可能性が低いからです。

 

また尿のpHが6.5になるよう設計されています。

尿路ケアをしたい猫にとって、大きなメリットです。

 

デメリット

  • 比較的、繊維が多い
  • ヒヨコ豆が未知

 

オソピュアはおすすめTOP3の中で、繊維が多いです。

繊維は「おなかの調子を整える」作用があるメリットもありますが、

半面、便の量も増えやすいです。

他の2つに比べ、便秘気味の猫などは、使いづらいかもしれません

 

また製品名にもなっている「ヒヨコ豆(ガルバンゾー豆)」は、一般のペットフードに入っていることはほとんどありません。

猫は食べ慣れたものを好む傾向があるので、味への影響が未知です。

ただもちろん個体差があるので、おいしく食べてくれる子も多いはずです。

 

オソピュアはAmazonなどの通販で買えます。

 

比較表へ戻る

 

ここからTOP3には入れませんでしたが、

十分機能的なグレインフリーフードを紹介します。

 

ウェルネス サーモン

【原産国】アメリカ

【サイズ】400g・800g

 

ウェルネスは、アメリカ産のグレインフリーフードです。

着色料、香料、人工保存料は使っていません。

 

またグレインフリーの中では珍しい、乳酸菌が配合されています。

 

HFとの比較を見てみます。

 

HF ウェルネス
動物性タンパク 加水分解サーモン サーモン、ニシン、メンハーデン
植物性タンパク エンドウ豆、ジャガイモ エンドウ豆、ジャガイモ
タンパク質 30% 34%
脂質 14% 11%
粗繊維 4% 7%
水分 9% 10%
灰分 7.25% 10%
カルシウム 0.70% 1.40%
リン 0.60% 1%
カロリー 406kcal 343kcal

 

 

メリット

  • オメガ脂肪酸が豊富
  • 低カロリー

 

上記表では書いていませんが、

ウェルネスはHFと同等以上のオメガ脂肪酸が入っていま

 

HF ウェルネス
オメガ―3 1.50% 1.75%
オメガ―6 2.00% 3.00%

 

オメガ3は、「抗炎症作用」

オメガ6は、「毛並みをよくする作用」

があります。

よってウェルネス サーモンの皮膚ケア力は、かなり高いと言えます。

 

さらにカロリーはHFより60kcal/100g以上低いので、

体重を気にしたい猫にもおススメです。

 

デメリット

  • アレルゲンが5種類
  • 袋の最大サイズが800g

 

ウェルネス サーモンのアレルゲンは5種類です。

動物性タンパクはすべて魚でまとまっていて、植物性タンパクはHFと同じです。

なのでそこまで心配する必要はないですが、少しアレルゲンが多い印象です。

 

また袋のサイズが

400gと800gの2サイズのみです。

 

鮮度が高いものをあげられるということでもありますが、

その分割高になります。

また多頭飼いのときにも不向きと言えます。

 

ウェルネス サーモンはAmazonなどの通販で買えます。

 

比較表へ戻る

 

 

グレインフリー カニンヘン

【原産国】ドイツ

【サイズ】50g・300g・1.4kg・4kg

 

グレインフリーカニンヘンは、HAPPY CAT(ドイツ産)のフードです。

グレインフリーはもちろんのこと、たくさんの機能がついています。

 

 

動物性タンパクはサーモンではありませんが、

たいへん珍しい「ウサギ」を使っています

サーモンと比べても遜色のない低アレルゲン原料です。

 

成分などの比較を見てみます。

 

HF HAPPY CAT
動物性タンパク 加水分解サーモン ウサギ、牛肉
植物性タンパク エンドウ豆、ジャガイモ ポテト
タンパク質 30% 32%
脂質 14% 14%
粗繊維 4% 3%
水分 9% 9%
灰分 7.25% 6.50%
カルシウム 0.70% 1%
リン 0.60% 0.85%
カロリー 406kcal 355kcal

 

 

メリット

  • アレルゲンが3種類のみ
  • 尿路ケアができる
  • HFより低カロリー

 

HAPPY CAT ラビットのアレルゲンは3種類です。

牛肉(ビーフ)が入っていなければ満点ともいえそうですが、それは仕方ありません。

ウサギとポテトについては、十分低アレルゲンといえます

 

また8種類の中で、リンとカルシウムがいちばん低いです。

尿のpHも6.0~6.5になるように設計されています。

よって尿路のケアをする能力は、8種類の中で一番高いと言えます。

 

 

 

デメリット

  • タンパク源が魚ではない
  • ㎏単価がいちばん高い

 

HFを「タンパク源がサーモンだから」使っていた方もいるはずです。

HAPPY CATは魚をタンパク源として使っていないので、そういった方は使えない場合があるでしょう。

 

また㎏単価が、8商品の中でいちばん高いです。

記事作成時点で、Amazonでの価格が

1.4㎏で4,840円

になっていました。

 

もちろん価格を許せるのであれば、とても優れたフードと言えます。

 

 

ちなみにグレインフリーカニンヘンはAmazonなどでは安くなっていません

おそらくメーカーが規制をかけているからです。

 

一方、公式サイトだとポイント還元を行っています。

特に定期購入だと、常に10%分のポイントがつきます。(カード決済なら15%)

定期購入のスパンは以下の通りです。

 

 

少しでもお得に」と思う方は、公式サイトを見てみるのもおすすめです。

 

HAPPY CAT公式サイトを見る

 

グレインフリー カニンヘンの口コミについては、こちらで紹介しています。

HAPPY CAT カニンヘン【口コミと6つの特徴】をペット栄養士が解説!

続きを見る

 

比較表へ戻る

 

 

ナチュラルバランス グリーンピース&ダック

【原産国】アメリカ

【サイズ】500g(50g×10袋)・1kg・2.27kg

 

ナチュラルバランス ダック&グリーンピース(以下、ナチュラルバランス)は、アメリカ産のグレインフリーフードです。

人工の保存料・着色料・香料は不使用です。

 

ナチュラルバランスの最大の特徴は

タンパク源が2つ、とアレルゲンが少ないこと

です。

 

比較表で確認してみます。

 

HF ナチュラルバランス
動物性タンパク 加水分解サーモン ダック
植物性タンパク エンドウ豆、ジャガイモ グリーンピース
タンパク質 30% 30%
脂質 14% 12%
粗繊維 4% 4%
水分 9% 10%
灰分 7.25%
カルシウム 0.70% 1%
リン 0.60% 0.90%
カロリー 406kcal 338kcal

 

メリット

  • アレルゲンが2種類のみ
  • 栄養バランスもHFと類似
  • HFより低カロリー

 

くり返しですが、

ナチュラルバランスのアレルゲンは

「ダック」と「グリーンピース」の2種類のみです。

これは、今回紹介する製品でいちばん少ないアレルゲン数です。

 

HFと栄養バランスは近く、それでいて低カロリーです。

 

なので

「タンパク源がサーモンでなくても大丈夫」

という猫であれば、かなり使いやすいフードです。

 

またいちばん小さい500gサイズは

50g×10袋の小分けパック

になっているのも試しやすいですね。

 

デメリット

  • タンパク源が魚ではない
  • 最大のサイズが2.27㎏

 

反対に、最大のデメリットは

ダック(鴨)がタンパク源であること

でしょう。

 

もしチキンにアレルギーがある猫の場合、

チキンとダックはアレルゲンの形が似ているため、アレルギー反応が出る可能性があります。

 

またいちばん大きい袋のサイズは2.27㎏です。

1頭にだけ与える場合には問題ないと思いますが、

多頭飼いの場合には、割高になります

 

念のため、給与量の目安はこちらです。

 

 

比較表へ戻る

 

 

カナガン

【原産国】イギリス

【サイズ】1.5kg

 

カナガンは、イギリス産のグレインフリーフードです。

香料・着色料は不使用で、FEDIF(欧州ペットフード工業会連合)の基準を満たした工場で製造されています。

 

高タンパクで嗜好性が高いなどのメリットも多いフードですが、チキンが使われているというデメリットもあるフードです。

比較表で確認してみます。

 

HF カナガン
動物性タンパク 加水分解サーモン チキン
植物性タンパク エンドウ豆、ジャガイモ サツマイモ、ジャガイモ、卵
タンパク質 30% 37%
脂質 14% 20%
粗繊維 4% 1.50%
水分 9% 7%
灰分 7.25% 8.50%
カルシウム 0.70% 1.58%
リン 0.60% 1.40%
カロリー 406kcal 390kcal

 

メリット

  • 高タンパクで猫にとっておいしい
  • 原材料のバランスに気を使っている

 

カナガンのタンパク量は37%と高めです。

タンパク量が多いと、肉食性の強い猫は「おいしい」と感じます

 

それでいて原材料全体のバランスに気を使っています。

 

デメリット

  • タンパク源がチキン
  • タンパク量が高いため、シニア期に向かない

 

反対に、最大のデメリットは

チキンがタンパク源であること

です。

 

HFを使っていた理由が「チキンアレルギーだったから」という場合には、使うことができません。

 

またメリットにある「タンパク質が多い」ことはデメリットもあります。

10歳くらいになると多くの猫が腎臓が弱くなります。

その時に、タンパク量の多さは腎臓に負担をかけます。

シニア期の猫には避けたほうが無難です。

 

カナガンはAmazonなどでも購入できます。

 

ただ、Amazonなどでは値下げがされていません。

 

一方、公式サイトの定期購入だと最大20%引きで購入できます

定期購入と言っても、1袋から購入でき、いつでも休止・退会が可能です。

 

なので公式サイトも検討するのもアリです。

 

カナガン公式サイトを見る

 

比較表へ戻る

 

 

ヤラ- グレインフリー

【原産国】オランダ

【サイズ】800g・2.4kg

 

ヤラー グレインフリーは、オランダ産のフードです。

原材料からフード自体まで、一貫してオーガニックにこだわっています。

4つの国の団体からオーガニック認証を受けています。

 

 

ただもちろんデメリットもあります。

 

比較表で確認してみます。

 

HF ヤラ-
動物性タンパク 加水分解サーモン チキン、ニシン
植物性タンパク エンドウ豆、ジャガイモ グリーンピース、イエローピース、タピオカ
タンパク質 30% 32%
脂質 14% 13.5%
粗繊維 4% 5%
水分 9% 8%
灰分 7.25% 8%
カルシウム 0.70% 1.70%
リン 0.60% 1.10%
カロリー 406kcal 344kcal

 

メリット

  • オーガニック原料へのこだわり
  • 低カロリー

 

オーガニックへのこだわりは上述の通りです。

原料にも最上級の安心感を求める方におススメです。

 

またヤラ-はHFより60kcal低いので、

体重を気にする猫にも使うことができます。

 

デメリット

  • タンパク源にチキン
  • kg単価がいちばん高い

 

ヤラ-の動物性タンパクには魚(ニシン)も使われていますが、

同時にチキンも使われています。

チキンアレルギーの猫には使うことができません

 

また原料へのこだわりもあってか、

8商品の中で最高のkg単価です。

 

記事公開時のAmazon価格は

2.4㎏で8,045円

でした。

 

コスト重視の場合には、なかなかおススメしづらいフードです。

 

YARRAH ヤラー 猫用オーガニックキャットフード グレインフリー 800g ドライオールステージ用/総合栄養食 EKO認定

 

HFの代替品についての記事は以上となります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-, フード, 病気

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.