フード

【ヒルズ】消化ケア・i/d缶詰は売切れ中?理由や対応法まとめ

 

飼い主Aさん

うちは以前から「消化ケア・i/d」の缶詰を使ってきたんだけど、売り切れっていう噂が・・・

実際のところはどうなの?

 

このような疑問を持つ方に向けて、ペット栄養管理士の筆者が以下のポイントで、状況を解説していきます。

【消化ケア・i/d缶】売り切れではない(2022年)

ヒルズの「消化ケア・i/dの缶詰」は、犬用が2種類、猫用が1種類のラインナップです。

  • 犬用・i/d缶
  • 犬用・i/dローファット缶
  • 猫用・i/d缶

犬用・i/d缶

犬用・i/dローファット缶


猫用・i/d缶

+ それぞれの特徴(クリックして下さい)

犬用・i/d缶
消化がよく、栄養が豊富。胃腸炎などのときに使われる。

犬用・i/dローファット缶
消化がよく、脂肪分が少ない。膵炎や胃腸炎のときに使われる。

猫用・i/d缶
消化がよく、栄養が豊富。胃腸炎などのときに使われる。

 

これらは一時期はまったく出品がなく、動物病院でも買えない状態になっていたことがあります。

ですが、2022年10月現在では、大手のネット通販でも購入できるようになっています。

 

消化ケア・i/dの販売状況

Amazon 楽天市場 Yahoo
犬用・i/d缶
犬用・i/dローファット缶
猫用・i/d缶

※記事公開時点の情報です。
※〇リンクをタップすると、各サイトへ遷移します。

 

i/d缶の出品例(楽天市場)

 

   i/dローファット缶の出品例(Amazon)

 

消化ケア・i/dは療法食であり、それがないと体調が悪化してしまうような子もいるでしょう。

そう考えると、まったく買えない状況よりは、安心できるるようになったと言えます。

 

飼い主Aさん
でも上の画像を見てたら、値段が異常に高い気がするんだけど・・・

前はもっと安かった気が・・・

 

販売状況はよくなっている消化ケア・i/d缶ですが、価格は以前より高くなっています。

以下、2021年11月~2022年10月の、Amazonでの価格推移です。

見てみると、2倍以上の価格になっていることが分かります。(横軸が年月、縦軸が価格)

Amazonでの、i/dローファット缶の価格推移(Keepa

 

【消化ケア・i/d缶】値段が高い理由

消化ケア・i/d缶の値段が高くなった理由は、メーカー公式サイトでも発表されていません。

ただニュースリリースの「生産遅延製品リスト」に、消化ケア・i/d缶が載っています。

つまり「生産はできているがまだ品薄」という状態なのかもしれません。

 

HPのニュースリリース

 

また、ヒルズの療法食は2022年7月ごろに、値上げがおこなわれています。

これは「原材料価格」「輸送コスト」が高騰していることが理由と考えられています。(ヒルズ以外にも、ペットフードの多くが値上げされています)

この値上げも、消化ケア・i/d缶の値段が高くなっている要因なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【消化ケア・i/d缶】おすすめの3つの購入方法

値段が高いことにより「続けたいけど、家計的にちょっと厳しい」「もうちょっと安くする方法ないかな」と思う方もいるかもしれません。

ということで代替品も含め、今後の購入方法の参考を3つにまとめてみました。

  1. 今までどおりつづける(ポイントサイトを併用)
  2. 消化ケア・i/dの別のシリーズにする
  3. 他のメーカーにする

 

今までどおり続ける(ポイントサイト併用)

上述の通り、値段は上がっていますが、通販サイトでも消化ケア・i/d缶は購入できるようになっています。

「安心感を最重視する方」は、消化ケア・i/d缶をつづけるのがベストです。

フード変更は、ときには体調の変化も起こす可能性があるからです。

 

\ 犬用・i/d缶をさがしてみる /

 

\ 犬用・i/dローファット缶をさがす /

 

\ 猫用・i/d缶をさがす /

 

そして「少しでもお得に買いたい」という方は、ポイントサイトを経由して購入するのがおススメです。

上記の通販サイトで購入する場合、先にポイントサイトを経由するだけでポイントがたまります。(ポイントサイトのポイント)

ポイントは、いろんなものに交換をして使えます。

  • アマゾンギフト券
  • マイル
  • 電子マネー など

 ポイントサイトのイメージ

 

ポイント還元率などを考えると、おすすめのポイントサイトは「モッピー」と「ECナビ」です。

各通販サイトの買い物での還元率は、以下の通りです。

 

値段が高いのは痛いところですが、私たち消費者にはどうすることもできません。

このような工夫で、「安心感」と「おとく」を両立させていきましょう。

 

「消化ケア・i/d」の、別のシリーズにする

消化ケア・i/dには、「ドライフード」「シチュー缶」というタイプもあり、これらに変更することも可能です。

犬用・i/dドライとシチュー缶

 

犬用・i/dローファットドライとシチュー缶

 

猫用・i/dドライとシチュー缶

 

同じメーカーの違うタイプに変更する、という方法なら、安心感はかなり保たれます。

それぞれのメリット、デメリットは以下の通りです。

 

メリット デメリット
ドライフード
  • グラム単価が安くなる
  • 一般的に、ウェットフードのほうが喜んで食べてくれる
  • 水分摂取がしにくい
シチュー缶
  • 1缶あたりの金額が安くなる。
  • グルメタイプでおいしい
  • グラム単価は高くなる

 

表の通り、ドライフードであれば「グラム単価」が、シチュー缶であれば「1缶あたりの金額」が安くなります。

「一定の安心感を保ったまま、なんらかのコストダウンをしたい」という方には、この方法がおススメです。

 

\ 犬用・i/dドライをさがしてみる /

 

\ 犬用・i/dシチュー缶をさがしてみる /

 

\ 犬用・i/dローファットドライをさがす /

 

\ 犬用・i/dローファットシチュー缶をさがす /

 

\ 猫用・i/dドライをさがす /

 

\ 猫用・i/dシチュー缶をさがす /

 

他のメーカーにする

また、他のメーカーの缶詰に変更するという方法もあります。

この方法は、以下のような方に向いていると言えます。

「いままでの消化ケア・i/d缶の中身の質感がよかった」

「他のメーカーに代えるのを検討していた」

 

消化ケア・i/d缶はやや固めの、パテのような質感で作られています。

消化の良い、パテのような質感の缶詰となると、以下のようなものが候補になります。(療法食)

犬用・i/d缶 ⇒ アニモンダ「胃腸ケア」

i/d缶よりすこし柔らかめの質感です。

七面鳥がメインで、味はおいしいという評判が多いです。

150gとサイズも小さく、トレイに入っているため、取扱いや廃棄もしやすいです。

 

犬用・i/dローファット缶 ⇒ ロイヤルカナン「消化器サポート低脂肪」

i/dローファット缶より、脂肪分をさらに下げることができます。

質感はすこし柔らかめで、サイズはやや小さくなります(200g)。

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥4,600 (2022/11/27 23:18:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

猫用・i/d缶 ⇒ アニモンダ「胃腸ケア」

i/d缶よりすこし柔らかめの質感で、七面鳥がメインです。

サイズがi/d缶より小さくなりますが(150g)、トレイなので廃棄がしやすいです。

 

個人的には上記の選択肢がよいかと思いますが、実際は上記以外にも胃腸ケアのウェットフードは存在しています。

他の候補も参考にしたい方は、以下の記事も読んでみてください。

【胃腸が弱い愛犬に】胃腸ケアのドッグフードおすすめ12選まとめ

続きを見る

 

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、本記事をまとめると以下のようになります。

  • 消化ケア・i/d缶は、売切れではないが値段が高くなった
  • 今後の購入には、3つのパターンがおすすめ
    ー今まで通り続ける(ポイントサイト併用)
    ーヒルズ「消化ケア」の、別のシリーズにする
    ー他のメーカーにする

 

以上、読者さんたちの参考になるとうれしいです。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, , フード
-, , ,

Copyright© ペットのモノシリ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.