フード 病気

【ロイヤルカナン】犬のアレルギー用療法食、全12製品を徹底比較!

【公開日:2020年12月24日】

 

飼い主さん
ロイヤルカナンのアレルギーフードを使おうと思ってるんだけど、いくつか種類があるみたいで。

違いとか、どれがおすすめなのか知りたいな。

 

ロイヤルカナンのアレルギーフードは、全部で12種類あります。

それぞれの違いや、どんな時におすすめなのかを、ペット栄養管理士に筆者が解説していきます。

全商品の比較から見たい方は、まとめから先にご覧ください。

アミノペプチドフォーミュラ

アレルゲン なし
粒の形と味
チキン味
購入方法 動物病院、ネット通販
価格 2,955円(1㎏)
6,844円(3kg)

※価格は記事公開時の、Amazon最安値

アミノペプチドフォーミュラは、アレルゲンになる原材料がないため、どんなアレルギーがあっても与えることができます。
日本で入手できるフードの中で、いちばんアレルギーへの対応力が高いです。

その理由を解説します。

食物アレルギーの原因はタンパク質ですが、タンパク質が一定以下のサイズだとアレルギー反応を起こさないことが分かっています。

そこでアミノペプチドフォーミュラは、入っているタンパク質がすべて「アレルギーを起こすサイズより小さく」分解されています。

 

原材料を見てみます。
タンパク質にはフェザーミールが使われており、それを「加水分解」という製法で分解しています。

原材料

コーンスターチ、加水分解フェザーミール(アミノ酸およびオリゴペプチド)、ココナッツオイル、大豆油、植物性繊維、チコリーパルプ、フラクトオリゴ糖、魚油、動物性油脂、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、タウリン、L-トリプトファン、DL-メチオニン、ヒスチジン)、ミネラル類(K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se、ゼオライト)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 

加水分解フェザーミール以外は、タンパク質が入っていません。
コーンスターチも「トウモロコシからタンパク質を99.9%除去したもの」なので、とうもろこしアレルギーのリスクもほぼありません。

ただフェザーミール=鳥の羽、であり、正直イメージはよくないです。
とはいえ畜産飼料としても使われており、使うことに問題があるわけではありません。

「アレルギーのリスクを下げることが最優先」という状況の時には、もっともおすすめできるフードと言えます。

 

低分子プロテイン

アレルゲン
粒の形と味
大豆、チキン味
購入方法 動物病院、ネット通販
価格 2,398円(1㎏)
5,314円(3kg)
10,700円(8㎏)

※価格は記事公開時の、Amazon最安値

 

低分子プロテインも、加水分解タンパク質をつかったアレルギーフードです。
原材料を見てみます。(赤の文字がタンパク源)

原材料

加水分解大豆タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、加水分解レバー(鶏、七面鳥)、ビートパルプ、大豆油、魚油(ω3系不飽和脂肪酸(EPA/DHA)源)、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-チロシン、タウリン)、ゼオライト、ミネラル類(Ca、Cl、P、K、Na、Zn、Mg、Mn、Fe、Cu、Se、I)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B6、B2、B1、A、葉酸、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

大豆とレバーを加水分解しているのが分かります。
くりかえしですが、加水分解されているので大豆やレバー(鶏・七面鳥)のアレルギーがあっても、問題なく使えます。

ただし原材料の先頭に「米」があります。
米にもタンパク質が入っていますが、「加水分解」とは書いてありません。
つまり米のタンパク質が入っているということを意味します。

つまり低分子プロテインは、米アレルギーには使うことができない、ということです。

それはデメリットにも感じますが、メリットもあります。
「お米アレルギーがある場合だけは使えない」という制約がある代わりに、価格はアミノペプチドフォーミュラより2~3割ほど安くなります。

お米アレルギーがない犬であれば、価格から判断してもいちばんおススメできる製品です。

 

低分子プロテイン ライト

アレルゲン
粒の形と味
大豆、チキン味
購入方法 動物病院、ネット通販
価格 2,398円(1㎏)
5,354円(3kg)
10,782円(8㎏)

※価格は記事公開時の、Amazon最安値

 

上で紹介した低分子プロテインには、低カロリータイプもあります。「低分子プロテイン ライト」です。
低分子プロテインは、カロリーが10%カットされています。

低分子プロテイン 408kcal
低分子プロテイン
ライト
373kcal

※100gあたりのカロリー量

アレルギー用のフードは、脂肪が多く入っていることが多く、カロリーも高くなりがちです。
よって体重を気にしたい方にとっては、低分子プロテインライトは貴重な存在です。

「カロリーが低めの食物アレルギー用を探している方」に最適なフードです。

 

ただし、米が加水分解されない状態で入っているので、米アレルギーの犬には使うことはできません。

原材料

加水分解大豆タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、加水分解レバー(鶏、七面鳥)、ビートパルプ、大豆油、魚油、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン、L-チロシン)、ゼオライト、ミネラル類(Ca、K、Cl、P、Na、Zn、Mg、Mn、Fe、Cu、Se、I)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B6、B2、B1、A、葉酸、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 

ここから3商品は、「他の病気もケアできる」低分子プロテインのシリーズです。
食物アレルギー以外に病気がない場合には、読み飛ばしてOKです。

スキップする

 

ユリナリーS/O+低分子プロテイン

アレルゲン
粒の形と味
大豆味
購入方法 動物病院、公式サイト
価格 3,394円(1㎏)
8,309円(3kg)

※価格はメーカー希望小売価格

 

ユリナリーS/O+低分子プロテインは、「食物アレルギー」と「尿石症」を同時にケアできる療法食です。

食物アレルギーについては、米のタンパクが入っているため、米アレルギーがある犬は使えません。
逆に米アレルギー以外であれば対応できます。

原材料

加水分解大豆タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、チコリー、大豆油、植物性繊維、魚油、フラクトオリゴ糖、脂肪酸塩、ルリチシャ油、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、Na、K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、D3、E、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B6 、B2 、B1、葉酸、A、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 

尿石症は「ストルバイト尿石」と「シュウ酸カルシウム尿石」の治療ができます。

以下3つの工夫で尿石に対応しています。

  • 尿のpHを酸性にする
  • 尿石の成分を少なくする
  • 塩分を増やし、尿の量を増やす

加水分解のアレルギーフードで、尿石症にも使えるものはほとんどありません。
食物アレルギーと尿石ケアが必要な犬におすすめです。

ただし、Amazonなどのネット通販では販売できないように規制がかかっています。よって価格もかなり高くなります。

動物病院か、療法食専用の公式サイトから購入できるようになっています。公式サイトからの購入には、病院から発行されるIDが必要です。

ネット通販で買えて、アレルギーも尿石もケアできるフードだと、ヒルズのz/dがあります。
以下の記事で解説していますので、興味のある方は読んでみてください。

【買う前に読むべき】ヒルズ食物アレルギー & 皮膚ケアの長所と短所

続きを見る

 

満腹感サポート+低分子プロテイン

アレルゲン
粒の形と味
大豆、チキン味
購入方法 動物病院、公式サイト
価格 3,394円(1㎏)
8,309円(3kg)

※価格はメーカー希望小売価格

 

満腹感サポート+低分子プロテインは、「食物アレルギー」と「減量や高脂血症」を同時にケアできる療法食です。

食物アレルギーについては、米のタンパクが入っているため、米アレルギーでは使えません。
逆に米アレルギー以外であれば対応できます。

原材料

超高消化性加水分解大豆タンパク(消化率90%以上)、植物性繊維、、動物性油脂、ビートパルプ、魚油、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、サイリウム、大豆油、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、酪酸ナトリウム、ベニバナ油(γ-リノレン酸源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Ca、K、Mg、Zn、Mn、Cu、Fe、Se、I、P)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B6、B2、B1、A、B12、葉酸、D3)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

 

また「低脂肪・低カロリー」になっているため、減量はもちろん高脂血症でも使えます。
※高脂血症とは、中性脂肪やコレステロールが高い状態のこと。

上で「低分子プロテインライト」も低カロリーだと紹介しましたが、違いを比較してみます。

カロリー 脂肪
低分子プロテイン
ライト
373kcal 10.0%
満腹感サポート
+低分子プロテイン
273kcal 8.0%

※100gあたりのカロリー量

低分子プロテインライトよりも、圧倒的にカロリーが低いことが分かります。

よって「アレルギーをケアしつつ、(早めに)減量をしたい。」という時におススメです。

ただし、Amazonなどのネット通販では販売できないように規制がかかっています。よって価格もかなり高くなります。

動物病院か、療法食専用の公式サイトから購入できるようになっています。公式サイトからの購入には、病院から発行されるIDが必要です。

 

腎臓サポート+低分子プロテイン

アレルゲン
粒の形と味
大豆味
購入方法 動物病院、公式サイト
価格 3,394円(1㎏)
8,309円(3kg)

※価格はメーカー希望小売価格

 

腎臓サポート+低分子プロテインは、「腎不全」と「食物アレルギー」を同時にケアできる療法食です。

食物アレルギーについては、米のタンパクが入っているため、米アレルギーでは使えません。
逆に米アレルギー以外であれば対応できます。

原材料

、動物性油脂、加水分解大豆タンパク(消化率90%以上)、チコリーパルプ、魚油(EPA/DHA源)、大豆油、植物性繊維、フラクトオリゴ糖、脂肪酸塩、ルリチシャオイル、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、タウリン、DL-メチオニン、L-トリプトファン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、K、Ca、Na、Zn、Mg、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、A、ビオチン、D3、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 

原材料によるアレルギー対応に加え、栄養バランスが腎臓病に対応できるようになっています。

  • リンが少ない
  • タンパク質が少ない
  • ナトリウムが少ない

食物アレルギーの犬が、年をとって慢性腎臓病になることも珍しくありません。

加水分解のアレルギー対応で、慢性腎臓病に対応できる栄養バランスなのは、私の知る限りこのフードだけです。
両方の病気を抱える場合は、現時点でこの一択と言っていいでしょう。

ただし、Amazonなどのネット通販では販売できないように規制がかかっています。よって価格もかなり高くなります。

動物病院か、療法食専用の公式サイトから購入できるようになっています。公式サイトからの購入には、病院から発行されるIDが必要です。

 

 

低分子プロテイントリーツ

アレルゲン
粒の形と味
レバー味
購入方法 動物病院、公式サイト
価格 851円(150g)

※価格はメーカー希望小売価格

やや番外編となりますが、低分子プロテインのシリーズにはおやつもあります。それが「低分子プロテイントリーツ」です。

米アレルギー以外であれば、どんなアレルギーの時にも使えるおやつです。

原材料

、超高消化性植物性タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、加水分解レバー(鶏、七面鳥)、大豆油、ビートパルプ、魚油、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン)、ゼオライト、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Ca、Zn、Mg、Mn、Cu、Fe、Se、I、Na、P、K、Cl)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B6、B2、B1、A、B12、葉酸)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

アレルギーのある犬にとって、使えるおやつは限られてきます。
そんなときに療法食のおやつである「低分子プロテイントリーツ」は、大変貴重な存在と言えるでしょう。

購入は動物病院か、療法食専用の公式サイトからできるようになっています。(公式サイトからの購入には、病院から発行されるIDが必要)

 

ここまでが「加水分解タンパクがメイン」となっているフードでした。

ここからは、加水分解を使っていない(もしくは加水分解がメインではない)フードになります。ロイヤルカナンでは「セレクト」という製品名がついたシリーズです。

 

セレクトプロテイン ダック&タピオカ

アレルゲン タピオカ、ダック
粒の形と味
ダック味
購入方法 動物病院、ネット通販
価格 2,218円(1㎏)
5,400円(3kg)
10.336円(8kg)

※価格は記事公開時の、Amazon最安値

セレクトプロテイン ダック&タピオカには、タピオカとダックのタンパク質が入っています。
なので、タピオカまたはダックにアレルギーがある犬には使うことができません。

※参考
タピオカ:キャッサバ(イモの一種)
ダック:カモ、アヒル

原材料

タピオカ、ダック、植物性繊維、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、動物性油脂、ビートパルプ、魚油(ω3系不飽和脂肪酸(EPA/DHA)源)、サイリウム、大豆油、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(L-チロシン、DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)、ミネラル類(Cl、K、Na、P、Ca、Zn、Mg、Mn、Fe、Cu、Se、I)、ビタミン類(E、コリン、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B6、B2、B1 、A、葉酸、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 

ただ、タピオカやダックに対してアレルギーをもっている犬は少ないと考えられます。

アレルギーは「過去に食べたものがあるものにしか起こらない」という性質があります。そのうえで。タピオカやダックが入っているドッグフードは少ないため、アレルギーリスクが少ないと言えるのです。
このような原材料のことを「新奇タンパク質」といいます。

上記より、タピオカとダックにアレルギーがない、もしくはなさそうという犬にはおススメです。
価格も、加水分解のフードより安い傾向があります。

 

セレクトプロテイン チキン&ライス

アレルゲン チキン、米
チキン味
購入方法 動物病院、ネット通販
価格 3,540円(12缶入り)

※価格は記事公開時の、Amazon最安値

セレクトプロテイン チキン&ライスは、新規タンパク質のフードです。
チキンと米のタンパクが入っているため、「チキンアレルギー」「米アレルギー」が考えられる場合には使うことができません。

原材料

鶏肉、セルロース、サンフラワーオイル、魚油、調味料(アミノ酸等)、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、グリシン)、増粘安定剤(増粘多糖類)、ゼオライト、ミネラル類(Na、P、Ca、K、Cl、Mg、Zn、Fe、Cu、Mn、I)、ビタミン類(コリン、D3、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B1、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)

 

またドライフードはなく、缶詰だけのフードです。
そのためランニングコストはやや高くなりますが、おいしく食べてくれる可能性も高いです。

チキンや米に対してのアレルギーが疑われないようであればおススメです。

 

セレクトプロテイン カンガルー&オーツ

アレルゲン カンガルー、オーツ麦
粒の形と味  
カンガルー味
購入方法 動物病院、公式サイト
価格 2,720円(1㎏)
6,712円(3kg)

※価格はメーカー希望小売価格

セレクトプロテイン カンガルー&オーツには、カンガルーとオーツ麦のタンパク質が入っています。

よって、「カンガルーアレルギー」「オーツ麦アレルギー」がある犬には使うことができません。
逆に、それらのアレルギーがなければ使うことができます。

原材料

オーツ麦カンガルー、キャノーラミール、動物性油脂、ビートパルプ、魚油(EPA/DHA源)、フラクトオリゴ糖、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン)、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Ca、P、Na、Cl、K、Zn、Mn、Fe、Cu、Se)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B6、B2、B1、A、葉酸、B12、D3)、酸化防止剤(ローズマリーエキス、ミックストコフェロール)

 

ただ1点、注意したほうがいいポイントがあります。

食物アレルギーには「交差反応」という現象があります。
種(しゅ)が近い食材はタンパク質(アレルゲン)の形も似ているため、食材が違ってもアレルギーを起こすことがある現象です。

交差反応の例

  • チキンアレルギーの犬が、七面鳥を食べてアレルギーが起きる(どちらも「鶏」のため、アレルゲンが似ている)
  • サーモンアレルギーの犬が、他の魚を食べてアレルギーが起きる(魚同士のため、アレルゲンが似ている)

このフードでいうと、小麦アレルギーをもつ犬は、アレルギー反応が出る可能性があります。

オーツ麦と小麦はどちらも「麦類」なので、アレルゲンの形が似ていると考えられるからです。「オーツ麦アレルギー」は少ないですが、「小麦アレルギー」は比較的多いので、油断はできません。

そう考えると「麦のアレルギー」と「カンガルーアレルギー」がない犬におススメと言えます。

セレクトプロテイン カンガルー&オーツは、Amazonなどのネット通販では買えないように規制がかかっています。

動物病院か、療法食専用の公式サイトから購入できるようになっています。(公式サイトからの購入には、病院から発行されるIDが必要)

 

セレクトプロテイン フィッシュ&ポテト

アレルゲン ポテト、魚
粒の形と味
魚味
購入方法 動物病院、公式サイト
価格 2,720円(1㎏)
6,712円(3kg)

※価格はメーカー希望小売価格

セレクトプロテイン フィッシュ&ポテトには、魚とポテトのタンパク質が入っています。
よって、「魚アレルギー」「ポテトアレルギー」の犬には使うことができません。それらのアレルギー以外の犬なら使えます。

※何の魚を使っているのかは、公表されていません。

原材料

ポテト魚肉ポテトタンパク、動物性油脂、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、植物性繊維、魚油(EPA/DHA源)、フラクトオリゴ糖(FOS)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン)、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B6、B2、B1、A、葉酸、 B12、K3、D3)、酸化防止剤(ローズマリーエキス、ミックストコフェロール)

 

購入にあたっては、Amazonなどのネット通販では販売されないよう規制がかかっています。

動物病院か、療法食専用の公式サイトから購入できるようになっています。(公式サイトからの購入には、病院から発行されるIDが必要)

 

セレクトスキンケア

アレルゲン 七面鳥、米
粒の形と味
七面鳥
購入方法 動物病院、ネット通販
価格 1,427円(1㎏)
3,102円(3kg)
7,366円(8㎏)

※価格はメーカー希望小売価格

セレクトスキンケアには、「米」と「七面鳥(ターキー)」のタンパク質が入っています。
よって、米または七面鳥にアレルギーのある犬には使えません。

原材料

七面鳥加水分解動物性タンパク、動物性油脂、大豆油、ビートパルプ、ミネラル類(K、Cl、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 

米にアレルギーをもつ犬は少なくないため、このフードを使えない犬は多いかもしれません。
ですが、セレクトスキンケアは価格が安い設定になっているため、米と七面鳥にアレルギーがなければ強くおすすめできるフードです。(「療法食」ではなく「準療法食」のベッツプランシリーズのため、価格設定が安い)

また「食物アレルギーになっているわけではないけど、皮膚のケアをしたい」という、ライトな使い方もしやすいフードです。

動物病院またはネット通販で販売されています。

 

まとめ

最後に、ロイヤルカナンのアレルギーフード12種類のまとめを作りました。商品名をタップすると、説明の段落に移動します。

 

本記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード, 病気

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.