フード 病気

「pHコントロール+CLT」「pHコントロール」の5つの違いを解説。

【公開日:2020年1月19日】

 

飼い主さん
ロイヤルカナンの「pHコントロール+CLT」って、「pHコントロール」と何が違うの?

 

ロイヤルカナンのpHコントロールシリーズはたくさんの種類があるので、違いが分かりにくい点があります。

 

この記事では上記の疑問について、ペット栄養管理士歴10年以上のピー子が解説させていただきます。

 

注意ポイント

pHコントロール+CLTは2019年に「ユリナリーS/O+CLT」に製品名がリニューアルしました。

性能は同じです。

 

 

「pHコントロール」と「pHコントロール+CLT」の違い

性能の違い

2020年1月現在、pHコントロールのシリーズには以下の4種類があります。

  1. pHコントロール+CLT(現ユリナリーS/O+CLT)
  2. pHコントロール1
  3. pHコントロール1 フィッシュ
  4. pHコントロール2
  5. pHコントロール+満腹感サポート

 

「pHコントロール」という名前の付く製品はすべて、「ストルバイト尿石」と「シュウ酸カルシウム尿石」の治療ができます

その中で、pHコントロール+CLTだけが「特発性膀胱炎」も同時に治療ができます

 

つまりpHコントロール+CLTは

  • ストルバイト尿石
  • シュウ酸カルシウム尿石
  • 特発性膀胱炎

の治療ができる療法食、ということになります。

 

猫の尿路疾患をほとんどすべてカバーできるということですから、非常に価値の高い製品です。

 

飼い主さん
特発性膀胱炎の対応は、どうしてできるの?

 

特発性膀胱炎の発症には「猫が感じるストレス」が関係していると言われています。

pHコントロール+CLTには、「ストレスを軽減できる」ことが証明された成分が増量されています。(加水分解ミルクタンパクとL-トリプトファン)

 

以下の内容が、公式HPにも明記されています。

CLT特発性膀胱炎の食事療法食として加水分解ミルクタンパク(加水分解アルファS1トリプシンカゼイン)を配合し、L-トリプトファンの含有量を調整しています。

 

 

成分の違い

上記の通り、pHコントロール+CLTの最大の違いは「ストレス軽減ができる成分」です。

ですが、その他の細かい成分も記載しておきます。

 

pH+CLT pH1 pH1

フィッシュ

pH2 pH+満腹感
タンパク質 38.2 g 32.9g 32.9 g 32.8 g 44.6 g
脂肪 12.4 g 15.4g 15.4 g 15.4 g 11.8 g
食物繊維 14.6 g 6.6g 6.5 g 6.7 g 30.9 g
灰分 10.3 g 9.0g 9.3 g 8.3 g 12.6 g
水分 6.2 g 5.7g 5.7 g 5.6 g 7.2 g
炭水化物 39.0 g 37.5g 37.4 g 37.8 g 36.6 g
カルシウム 1.2 g 0.9g 0.9 g 1.0 g 1.7 g
カリウム 0.90 g 1.13g 1.08 g 0.82 g 1.31 g
リン 1.12 g 0.72g 0.69 g 0.81 g 1.51 g
マグネシウム 0.08 g 0.06g 0.07 g 0.07 g 0.09 g
15.5 mg 17.4mg 12.5 mg 12.6 mg 20.5 mg
1.68 mg 1.64mg 1.54 mg 1.54 mg 1.97 mg
亜鉛 19.1 mg 24.3mg 17.3 mg 17.4 mg 20.6 mg
ナトリウム 1.35 g 1.23g 1.39 g 1.23 g 1.44 g
EPA+DHA 719 mg 308mg 319 mg 318 mg 184 mg
タウリン 22.5 mg 0.17g 0.21 g 0.22 g 26.3 mg
アルギニン 0.25 g 1.53g 1.65 g 1.68 g 0.34 g
ビタミンE 1.95 g 61.7mg 51.4 mg 61.6 mg 2.31 g
ビタミンC 61.8 mg 20.6mg 20.6 mg 20.5 mg 93.2 mg
エネルギー(/100g) 356kcal 389kcal 389kcal 390kcal 305kcal

 

 pHコントロール+CLTは「EPA+DHA」の量がもっとも多くなっています。(赤字)

EPA+DHAは炎症をしずめる作用があります。

つまり膀胱の炎症をしずめる大きな効果が期待できる、ということです。

 

粒の違い

pHコントロールシリーズの粒は、以下のようになっています。

 

 

すべて丸い粒になっています。

その中でもpHコントロール+CLTは、わずかですが一番小さいという感じがします。

 

 

味の違い

pHコントロールシリーズの主なタンパク源は以下のようになっています。

pHコントロール+CLT 鶏、七面鳥
pHコントロール1 鶏、七面鳥
pHコントロール1フィッシュ 鶏、七面鳥、ダック、魚肉
pHコントロール2 鶏、七面鳥
pHコントロール+満腹感サポート 鶏、七面鳥

 

なのでpHコントロール+CLTは「トリ肉味」と言えそうです。

 

 

原産国の違い

ロイヤルカナンの製品が続々と韓国産になり、気になっている方も多いと思います。

上記のpHコントロールシリーズの原産国は以下のようになっています。

 

pHコントロール+CLT フランス
pHコントロール1 韓国
pHコントロール1フィッシュ 韓国
pHコントロール2 韓国
pHコントロール+満腹感サポート フランス

 

ロイヤルカナンの原産国について興味のある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

飼い主さん
原産国も韓国じゃないし、よさそうな製品ね!

あれ、でもAmazonで調べても出てこないよ?

 

 

pHコントロール+CLT(ユリナリーS/O+CLT)は通販では買えない

 

pHコントロール+CLTはAmazonや楽天市場などのネット通販では購入できないです。

ロイヤルカナンによる流通の規制がかかっているからです。

 

動物病院に買いに行くか、動物病院でもらった専用パスワードを使ってロイヤルカナンの公式サイトで買うしかありません。

 

飼い主さん
そうなんだ。

でもポイントも貯めたいし、少しでも安く買いたいのが本音・・・

 

 

ネット通販での購入にこだわる場合は、別の選択肢があります

療法食で有名なヒルズから、pHコントロール+CLTと同等以上の能力を持った製品が販売されています。

c/dマルチケアコンフォートという療法食で、ネット通販で買えます

 

pHコントロール+CLTと同様に、2つのストレス軽減成分が増量されています。

もちろん、尿石もケアできます

 

・ストルバイト尿石溶解時の管理に、最短7日間(平均27日間)で役立つことが科学的に証明されています。

ストルバイト尿石シュウ酸カルシウム尿石形成、および特発性膀胱炎に配慮しています。

ヒルズ公式HPより引用

 

成分をしっかり比較しても、尿石の対応力についてはpHコントロール+CLTと同等以上と言えます。

 

またそれ以外の点でも、pHコントロール+CLTと比較して以下のメリットもあります。

  • 価格が1割~3割安い
  • 4㎏の袋がある(pHコントロール+CLTは500gと2㎏のみ)
  • 缶詰もあるので、トッピングや味変を楽しめる

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥3,836 (2020/05/25 03:56:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

成分や価格について、詳しくはこちらの記事で比較しています。

詳細を知りたい方や心配な方はぜひ読んでみてください。

 

pHコントロール+CLTの違いについての記事は以上となります!

猫オーナーさんたちの少しでもお役に立つとうれしいです。

-, フード, 病気

Copyright© 療法食チャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.