フード

【腎ケア】メリット・デメリット、口コミ、最安値の購入法をレビュー。

 

飼い主Aさん
「腎ケア」っていうフードに興味があるんだけど・・・

メリット・デメリットとか口コミを知っておきたいな!

 

このような疑問を持つ方に向けて、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

腎ケアとは?

腎ケアは、イースター(株)の療法食「ベッツセレクション」シリーズのフードです。

PPレーベルとBPレーベルという、2つのラインナップがあります。

  • PPレーベル:ポーク味(頭文字のPはPorkのP)
  • BPレーベル:ビーフ味(頭文字のBはBeefのB)

 

見分け方はパッケージの色です。

真ん中の色が「赤ならPPレーベル」「青ならBPレーベル」です。

ロイヤルカナンやヒルズほどの知名度はありませんが、動物病院で20年近く取扱いのある歴史あるフードです。

概要を説明していきます。

 

成分

腎ケアは、その名の通り「慢性腎臓病の時につかえる療法食」です。

公式サイトでは、以下のように記載されています。

腎臓の健康維持に配慮し、活性炭(ヘルスカーボン(R))配合

 

この活性炭入り、というのが大きな特徴です。

また成分を見ると、腎臓の健康維持のために「リン」「ナトリウム」なども調整されていることが分かります。

 

【腎ケアの成分】

成分
たんぱく質 27.0% 以上
脂肪 15.0% 以上
粗繊維 2.6% 以下
灰分 8.0%  以下
水分 10.0% 以下
カルシウム 0.6% 以上
リン 0.5% 以上
マグネシウム 0.1%
ビタミンA 11,000IU/kg 以上
カロリー 370kcal以上/100g

※PPレーベルの成分値。BPレーベルもマグネシウム以外は同じ。

 

ただ腎臓ケアの他の療法食と比べると、カロリーが低く、タンパク質は多い部類です。

カロリーの低さから、やせてきている猫には不向きです。

 

サイズと価格

腎ケアは、ドライフードのみで、ウェットタイプはありません。

それぞれのサイズと、メーカー希望小売価格(税抜)をまとめてました。

【腎ケアの希望小売価格】

サイズ 価格
300g 1,200 円
1.5㎏(300g×5袋) 3,600 円

 

 

粒の形

腎ケアの粒は、

  • PPレーベルはやや三角形のうすい形
  • BPレーベルは、丸くてうすい形

になっています。

 

原材料

腎ケアの原材料は、以下の通りです。

PPレーベル

米粉、ポークミール、チキンミール、米糠、動物性油脂、タピオカ澱粉、ビートパルプ、ビール酵母、卵黄粉末、精製魚油(DHA・EPA源)、植物性油脂、酵母エキス、チーズパウダー、鰹粉末、鰹・鮪エキス、チキンエキス、オリゴ糖、活性炭、酵母抽出物(ヌクレオチド源)、殺菌処理乳酸菌、乾燥カモミール、乾燥ローズマリー、ミネラル類(塩化カリウム、未焼成卵殻カルシウム、食塩、硫酸亜鉛、第二リン酸カルシウム、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、A、パントテン酸、イノシトール、B2、B1、B6、葉酸、K、B12、ビオチン、D3)、酸味料(クエン酸)、香料(ローストガーリックオイル)

BPレーベル

米粉、ビーフミール、動物性油脂、タピオカ澱粉、米糠、チキンミール、ビートパルプ、卵黄粉末、酵母エキス、精製魚油(DHA・EPA源)、ビール酵母、植物性油脂、チーズパウダー、オリゴ糖、鰹粉末、鰹・鮪エキス、チキンエキス、活性炭、酵母抽出物(ヌクレオチド源)、殺菌処理乳酸菌、乾燥カモミール、乾燥ローズマリー、ミネラル類(塩化カリウム、未焼成卵殻カルシウム、塩化アンモニウム、硫酸亜鉛、食塩、第二リン酸カルシウム、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、パントテン酸、A、イノシトール、B2、B1、B6、葉酸、K、B12、ビオチン、D3)、酸味料(クエン酸)、香料(バターオイル)

 

どちらにも「活性炭」が使われているのが、大きな特徴です。(後述)

 

原産国

腎ケアの原産国は、日本です。

国産フードにこだわりのある方は、特に魅力に感じる部分でしょう。

 

腎ケアのメリット・デメリット

メリット

腎ケアのメリットは、大きく3つあります。

  • 活性炭配合
  • 小分けパックで高い鮮度を保てる
  • 尿石にも配慮

 

【活性炭配合】

腎ケアの原材料には、「活性炭」が入っています。

これは血中のリンに配慮するためと思われますが、活性炭が原材料に入っているフードは、腎ケア以外にはありません。

ちなみに粒の色が黒いのも、活性炭が入っているためです。

 

【小分けパックで高い鮮度を保てる】

腎臓病になると、食欲に変化が出る猫も多いです。

結果、「開封して時間がたったフードは食べなくなる」ということがよくあります。

そんななか腎ケアの1.5㎏サイズは、「300g×5袋」に小分けされています。

銀色のアルミ包装で小分け

このように小分けしてあることで風味の低下は最小限になります。

さらに大袋の方にはチャックが付いています。

 

【尿石にも配慮】

腎ケアは、マグネシウム量を調整することで、尿石にも配慮しています。

「尿路と腎臓の健康維持の、両方をケアしている」というのは、あって損はないポイントです。

     パッケージの裏面を拡大

 

 

デメリット

一方、腎ケアのデメリットは2つあります。

  • 多頭飼いには向いていない
  • ウェットタイプがない

 

【多頭飼いには向いていない】

腎ケアのサイズは、いちばん大きいもので「1.5㎏」です。

他のメーカーでは、大きなサイズ(4㎏など)をそろえていることもありますが、腎ケアにはありません。

よって多頭飼いで、1度に与える量が多い場合にはコストが高くつきます。

逆に言うと、常に鮮度が高いものをあげられるともいえます。よってコストを許容できる方にはメリットとも言えます。

※参考:腎ケアの給与量

体重 給与量
2~3㎏ 40~60g
3~4㎏ 60~80g
4~5㎏ 80~100g
5~6㎏ 100~120g
6~7㎏ 120~140g

※PPレーベルもBPレーベルも同じ

 

【ウェットタイプがない】

くり返しですが、腎ケアにはウェットタイプはありません。

パウチや缶詰などのウェットタイプがあると「味の変化」をつけやすく便利です。

またウェットは水分補給を効率的にできるので、脱水もケアしやすくなります。

よって、ウェットタイプがないのは残念なポイントと言えます。(少し欲張りかもしれませんが)

ウェットタイプがある腎臓フードだと、以下のフードが代表的です。

  • 腎臓サポート(ロイヤルカナン)
  • k/d(ヒルズ)
  • 腎臓ケア(アニモンダ)

気になる方は、以下の記事も参考にしてみてください。

【腎臓サポート猫用】メリットや口コミ、最安値の購入法を徹底解説!

続きを見る

k/dのメリット・デメリットをペット栄養士が解説【口コミあり】

続きを見る

【アニモンダ腎臓ケア】メリットや口コミ、最安値の購入法を解説!

続きを見る

 

スポンサーリンク

腎ケアの口コミ

Amazonレビューの、腎ケアの口コミを集めてみました。

評価は4以上のものが多いようでしたが、当然ですが、あうあわないもあるようです。

かなり美味しそうに食べます。うちの場合食べ過ぎに注意しないといけないくらいです。

 

我が家には好みに厳しいにゃんがいて悩ましいですが
これは食べてくれてます。
パクパク食べる姿が見れ嬉しく思います。

 

いつもはロイヤルカナンですが、あきないように時々このくらいのサイズの療養食を混ぜて味変してます。
食いつきはよかったです。

 

腎臓悪くない仔も好きで食べます
さらに食いつき悪い療養食の上に、これをふりかけると食べてくれます。

 

今までロイカナやヒルズなど様々なブランドの療養食を試しましたがにおいを嗅いでそっぽ向かれるか一口食べて違うされることが多かったのに、このご飯だと好んで食べてくれました。
ロイカナやヒルズと比べて粒が小さめで薄く、甘いクッキーのような香りがしておいしそうです。
追加でPPも購入するとそちらもおいしいみたいです。

 

全然食べてくれなかった

 

ポークは結構食べてくれましたが、こちらは全然ダメでした

 

1/4袋も食べないうちに、このフードを食べると吐くようになってしまい、結局挫折して他のフードに変えました。成分が合わないのか、形状が薄い円盤状だからなのか、不明です。

 

とても食いつきがよく、食べない時の救世主!と思ってあげてたんですが。
よく吐きます。
食べて、水を飲んだら吐きます。
毎回ではないのですが。
残念です。

 

現在では、Amazonだけでも500件以上のレビューがあります。

さらなる口コミ情報を見たい方は、よく使うサイトで見てみてください。

 

\ さらに口コミを見てみる /

created by Rinker
イースター
¥3,000 (2023/01/30 12:15:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

腎ケアの最安値の購入法

腎ケアは、「動物病院」または「Amazonなどの大手通販サイト」で購入できます。(ただし、動物病院では取り扱いがないこともあるため、事前に確認するのがおススメです。)

大手通販サイトだと、希望価格より10%~20%くらい安くなっていることが多いです。

よって価格を重視する方は、Amazonや楽天などの通販サイトを探してみるのがおススメです。

 

\ 腎ケア PPレーベル(ポーク)/

created by Rinker
イースター
¥3,000 (2023/01/30 12:15:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

\ 腎ケア BPレーベル(ビーフ) /

created by Rinker
イースター
¥3,000 (2023/01/30 16:28:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

そして通販サイトで購入される方で、「さらにお得に買いたい方」はポイントサイトも使いましょう。

ポイントサイトを経由してから、Amazonや楽天市場で買い物をすると、さらにポイントがたまります。

そのポイントは、いろんなものに交換をして使えます。

  • アマゾンギフト券
  • マイル
  • 電子マネー など

 

\ ポイントサイトの使い方イメージ /

 

大手ショッピングサイトの買い物でポイントを貯めるには、それぞれ以下がおススメです。
カッコ内が、ポイント還元率です。

 

腎ケアを「最安値かつ一番おトクに購入する」方法まとめ

  • ポイントサイト経由で、通販サイトにアクセス
  • 通販サイト上で価格順に並べ替えて、最安値のものを購入

ぜひ試してみてください。

腎ケアのレビュー記事は、以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

-, フード

Copyright© ペットのモノシリ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.