TOPペット栄養管理士によるお役立ち情報

ペットのモノシリ

ペットフード 病気

【保存版】猫pHコントロール2021年に販売終了。後継品は?理由は?

投稿日:

【公開日:2020年2月15日】

 

飼い主さん
pHコントロールが製造中止になるって聞いたんだけど、ホントなの?

うちの猫、長年愛用してきたんだけど・・・

 

 

2020年2月、ロイヤルカナンから動物病院あてに以下の情報が発表されました。

 

猫pHコントロール3種類が、2021年初旬をもって販売終了

 

療法食の販売終了はひんぱんに起こることですが、今回は影響が大きそうです。

なぜならpHコントロールは、最も売れている療法食だからです。

 

この記事では「pHコントロールがなくなると困る」「尿石の再発はもうコリゴリ」と考える方に向けて、情報提供をさせていただきます。

(当サイトの情報源の方針についてはこちら

 

記事のまとめ

  • 「pHコントロール」は、ほぼすべてなくなる
  • 効果が劣らない後継品があるから、心配しなくていい!
  • 後継品への切り替えは「なるべく早く」行った方がいい

 

販売終了になるpHコントロールの種類

pHコントロールにはいくつかの種類がありますが、以下の製品が販売終了になります。

【販売終了になる製品】

  • pHコントロール1
  • pHコントロール1フィッシュテイスト
  • pHコントロール2

※すべて猫用です。

 

これにより「pHコントロール」という名前が付くものは、「pHコントロール+満腹感サポート」と「pHコントロール+CLT」だけとなります。

一時期は10種類以上あったこのシリーズも残り2つ、というわけです

 

pHコントロールは2019年から、「ユリナリーS/O」というシリーズへのリニューアルが進んでいました。

リニューアルが始まった時点では、今回終売になる3製品は対象にはならず、販売が続いていました。

理由は「上記3製品の販売量が多く、オーナーさんたちに混乱を招くため」です。

 

 

飼い主さん
でも今回の終売で、結局混乱させられるのね。(笑)

それにしても困った。うちの猫はpHコントロール1じゃないと尿石が出ちゃうのよ・・・

 

終売する製品を使っている方はとても不安で、「できればフードの変更はしたくない」と思うでしょう。

とはいえ「販売終了」ではどうすることもできないので、必然的に何かのフードに切り替えていかなければいけません

 

メモ

個人的には、なるべく早いうちに切り替えをしていくのがおススメです。

販売終了の情報がでると買い占めが起こりやすくなり、在庫切れの目安(2021年初旬)が早まることがあるからです。

「年末くらいから新しいフードを探していこう」と考えいざ切り替えようとした時、すぐに合うフードが見つからないと大変です。

 

ただ、今ならpHコントロールが潤沢に流通しています。

新しいフードを試して、良くなさそうだったら再度いったんpHコントロールに戻そう」ということができるんです。

なので今のうちに切替を始めることがおススメです。

 

ということで早めに行動される方に向けて、pHコントロールの後継品をしっかり解説させていただきます!

 

pHコントロールの後継品

ロイヤルカナンは、「後継品は、ユリナリーS/Oシリーズの中から合うものを見つけてね!」というスタンスでいます。

やや乱暴な感がありますね。(笑)

 

ユリナリーS/Oの中で考えると、以下のように切替をするのがよさそうです。

 

現在の製品 後継品
pHコントロール1 ユリナリーS/O
pHコントロール1フィッシュテイスト ?? (※)
pHコントロール2 ユリナリーS/O

※商品名をタップすると目的の段落までスキップできます。

※pHコントロールフィッシュテイストについてはひっかかるポイントがあるので、詳細をお読みください。

 

pHコントロール1を使っている方

pHコントロール1を使っている方には、ユリナリーS/Oが一番おススメです。

ユリナリーS/Oはストルバイト尿石・シュウ酸カルシウム尿石どちらにも対応できます

 

2つの製品の成分を比較してみます。(400kcalあたりの量)

 

pHコントロール1 ユリナリーS/O
リン 0.73g 0.90g(↑)
マグネシウム 0.07g 0.06g(↓)
カルシウム 0.9g 0.9g(→)
カロリー(/100g) 390kcal 387kcal

リン、マグネシウム:ストルバイトの原因

カルシウム:シュウ酸カルシウムの原因

※矢印は現在のフードと比べての増減を示す。

 

ユリナリーS/Oにするとリンの量は増え、マグネシウムの量は減ります。

よってストルバイト尿石への対応力は同等と言えそうです。

 

カルシウムの量も同じなので、シュウ酸カルシウム尿石への対応力も同等と言えるでしょう。

 

よってpHコントロール1を使っている方は、ユリナリーS/Oにして問題は起こりにくいでしょう。

 

ユリナリーS/Oの情報

【サイズ】500g, 2kg, 4kg

【原産国】韓国

【アレルゲン】米、小麦、チキン、七面鳥、ダック

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥3,890 (2020/02/22 12:48:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

pHコントロール1フィッシュテイストを使っている方

pHコントロール1フィッシュテイストを使っている方は、「魚味」にこだわっている方が多いはずです。

ユリナリーS/Oには魚を使ったものが2つあるのですが、2種類ともストルバイト・シュウ酸カルシウム尿石への対応力は、少し落ちると考えられます

 

【魚味のユリナリーS/O】

  • ユリナリーS/O オルファクトリー
  • ユリナリーS/O オルファクトリーライト

 

成分を比較してみます。

 

pHコントロール1

フィッシュテイスト

ユリナリーS/O

オルファクトリー

ユリナリーS/O

オルファクトリーライト

リン 0.69g 0.93g(↑) 1.04g(↑)
マグネシウム 0.07g 0.08g(↑) 0.08g(↑)
カルシウム 0.9g 1.0g(↑) 1.0g(↑)
カロリー(/100g) 389kcal 386kcal 346kcal

リンとマグネシウム:ストルバイトの原因

カルシウム:シュウ酸カルシウムの原因

※矢印は現在のフードと比べての増減を示す。

 

魚味のユリナリーS/Oはどちらも、尿石の成分がすべて増えてしまうんです

つまり尿石への対応力が落ちることが懸念されます。

 

尿石症がしばらく安定している猫であればいいですが、少しでも心配な方はロイヤルカナン以外を検討するほうがよさそうです。

 

そこで個人的にはヒルズの「c/dマルチケア フィッシュ」が一番使いやすいのではないかと思います。

 

名前通り魚味ですし、尿石成分についても優れた設計になっています。

 

pHコントロール1

フィッシュテイスト

c/dマルチケア

フィッシュ

リン 0.69g 0.72g(↑)
マグネシウム 0.07g 0.06g(↓)
カルシウム 0.9g 0.8g(↓)
カロリー(/100g) 389kcal 388kcal

リンとマグネシウム:ストルバイトの原因。

カルシウム:シュウ酸カルシウムの原因。

※矢印は現在のフードと比べての増減を示す。

 

 

リンはほんの少しだけ増えますが、マグネシウム量は減ります。

なのでストルバイト尿石への対応力は、ユリナリーS/Oと同等と言えます。

 

そしてカルシウムの量は減ります。

よってシュウ酸カルシウム尿石への対応力は少し上と言えます。

 

c/dマルチケアフィッシュの情報

【サイズ】500g, 2kg, 4kg

【原産国】オランダ

【アレルゲン】米、チキン、ターキー、フィッシュ

 

 

pHコントロール2を使っている方

後継品としては、ユリナリーS/Oがロイヤルカナンの中でおススメです。

ユリナリーS/Oはストルバイト尿石・シュウ酸カルシウム尿石どちらにも対応できます

 

成分を比較してみます。(400kcalあたりの量)

 

pHコントロール2 ユリナリーS/O
リン 0.81g 0.90g(↑)
マグネシウム 0.07g 0.06g(↓)
カルシウム 1.0g 0.9g(↓)
カロリー(/100g) 390kcal 387kcal

リンとマグネシウム:ストルバイトの原因。

カルシウム:シュウ酸カルシウムの原因。

※矢印は現在のフードと比べての増減を示す。

 

ユリナリーS/Oにするとリンの量は増え、マグネシウムの量は減ります。

よってストルバイト尿石への対応力は同等と言えそうです。

 

カルシウムの量は少ないので、シュウ酸カルシウム尿石への対応力は上と言えるでしょう。

 

pHコントロール2を使っている方は、ユリナリーS/Oにして問題は起こりにくいと考えられます。

 

ユリナリーS/Oの情報

【サイズ】500g, 2kg, 4kg

【原産国】韓国

【アレルゲン】米、小麦、チキン、七面鳥、ダック

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥3,890 (2020/02/22 12:48:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

飼い主さん
ユリナリーS/Oは「韓国産」なのね。

あんまりいいイメージがない・・・

 

 

ユリナリーS/Oのシリーズはほとんどが韓国産です。

それが気になって「他の療法食も候補に考えたい」という方は、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

またロイヤルカナンの韓国工場について知りたい方は、以下の記事で解説しています。

 

 

 

pHコントロール販売終了の理由

今回の販売終了の明確な理由は、メーカーから明かされていません

 

これは推測ですが、販売終了の真の目的は「韓国産に切り替えて流通コストを下げること」だと考えています。

「リニューアルという名目で、同時に原産国を変える」ことで、イメージダウンを少しでも減らそうとしているんだと思います。

韓国産はよくないイメージを持たれることもありますからね。

 

ピー子センパイ
Twitterなどで「ロイヤルカナン 韓国」で調べると、フードを変えた方も多数見られます。

 

最終的にロイヤルカナンは、「運送コスト削減のため、日本に入る療法食すべてを韓国工場産にしたい」のだと考えています。

実際に今回の「pHコントロール」や「満腹感サポート」という、販売量の多いフードから韓国産にしているからです。

その推測が正しかったかどうかは数年後に明らかになりますね。

 

 

「pHコントロール販売終了」についての記事は以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, ペットフード, 病気

Copyright© ペットのモノシリ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.