フード

ロイヤルカナン「胃腸が弱い犬用」は5種類!違いをペット栄養士が解説

 

飼い主Aさん

ロイヤルカナンには「胃腸が弱い犬のフード」がいくつかあるみたいなんだけど、何が違うんだろう?

 

上記のような疑問を持つ方に向けて、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

 

ロイヤルカナンの「胃腸が弱い犬用」は、5種類

まずロイヤルカナンの「胃腸が弱い犬のドッグフード」には、5種類あります。

  1. ミニ ダイジェスティブケア
  2. 消化器サポート
  3. 消化器サポート 低脂肪
  4. 消化器サポート 高繊維
  5. 消化器サポート パピー

 

①ミニダイジェスティブケア

 

②消化器サポート

 

③消化器サポート   低脂肪

 

④消化器サポート   高繊維

⑤消化器サポート   パピー

 

⑤消化器サポートパピーは成長期の犬にのみ、使用できます。

それ以外の4種類は、成犬(めやすは1歳)以上で、長期で与えていくことができます。

そのなかで①は一般食、②~⑤は治療用フード(療法食)として、販売されています。

 

それぞれの違いは?5つのポイント

では、上記5つのフードの違いはなんなのでしょうか?

まず5つの共通点としては、以下の2つがあります。

  1. 高消化性
  2. プレバイオティクス

胃腸が弱い犬の場合は、消化機能が低いことが多いですから、「高消化性」は必須の機能です。

さらに「プレバイオティクス」により、腸内環境を整えることが可能です。

 

そのうえで5つの違いがあり、以下のポイントでまとめてみました。

※リンクをタップすると、該当の箇所にジャンプします。

 

成分の違い

まず主要な栄養成分とカロリーを表にしてみました。

 ①ミニダイジェスティブケア②消化器サポート③消化器サポート低脂肪④消化器サポート高繊維⑤消化器サポートパピー
タンパク質
(%以上)
0.280.230.20.210.27
脂質
(%以上)
0.20.180.050.140.2
食物繊維
(%)
0.070.0670.0840.2080.062
カロリー
(/100g)
426kcal412kcal347kcal323kcal423kcal

 

上記の表より、特徴と製品をまとめると、以下のようになります。

高タンパク・高脂肪・高カロリーで、栄養たっぷり!

① ミニ ダイジェスティブケア

⑤ 消化器サポート パピー

消化器サポートパピーは子犬用ですが、ミニダイジェスティブケアもかなり似た栄養バランスです。
成長期や、体を大きくしたい(太らせたい)時に使いやすいと言えます。

低脂肪!

③ 消化器サポート 低脂肪 

消化器サポート 低脂肪だけが、脂肪分10%を大きく下回っており、圧倒的に低脂肪です。
脂でおなかを下しやすい犬や、膵炎などの胃腸障害があるときに使いやすいです。

食物繊維が豊富!

④ 消化器サポート 高繊維

食物繊維には、大腸にはたらきかけて便を固めたり、便通をよくする作用があります。
大腸炎の傾向(血便や粘液が混じる)がある場合や、便秘気味の犬におすすめです。

中間的なフード!

② 消化器サポート 

全ての製品の中で、中間のバランスを取ったものが消化器サポートです。
シンプルに消化が良く、脂肪やカロリーを大幅に増減させていないものがほしい時におすすめです。

 

原材料の違い

同じメーカーのフードということだけあって、使っている原材料に大きな差はありません。

並んでいる順序(多く使っている順)が違うくらいでしょうか。

ミニダイジェスティブケア

肉類(鶏、七面鳥)、米、動物性油脂、植物性分離タンパク*、小麦、小麦粉、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、大麦、コーングルテン、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、魚油、大豆油、植物性繊維、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン)、ゼオライト、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Cl、K、Mg、Ca、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、A、ビオチン、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

消化器サポート

米、肉類(鶏、七面鳥)、コーン、動物性油脂、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、卵パウダー、酵母および酵母エキス、ビートパルプ、大豆油、魚油(EPA/DHA源)、植物性繊維、サイリウム、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、Na、K、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

消化器サポート 低脂肪

米、肉類(鶏、七面鳥、ダック)、小麦、大麦、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、ビートパルプ、動物性油脂、酵母および酵母エキス、魚油(オメガ3系不飽和脂肪酸〔EPA+DHA〕源)、サイリウム、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、Na、K、Zn、P、Mn、Fe、Ca、Cu、Se、I)、ビタミン類(コリン、E、C、ビオチン、A、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B12、B2、D3、葉酸)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

消化器サポート 高繊維

肉類(鶏、七面鳥、ダック)、米、植物性繊維、動物性油脂、コーン、小麦、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、コーングルテン、ビートパルプ、大豆油、魚油(EPA/DHA源)、小麦粉、サイリウム、酵母および酵母エキス、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、K、Na、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、Se、I)、ビタミン類(コリン、E、C、ビオチン、A、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B12、B1、B2、D3、葉酸)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

消化器サポート パピー

米、肉類(鶏、七面鳥)、動物性油脂、コーン、豚タンパク、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、ビートパルプ、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、卵パウダー、大豆油、魚油、酵母および酵母エキス、サイリウム、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖及びβーグルカン源)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン、L-リジン)、ゼオライト、β-カロテン、ミネラル類(Cl、P、Ca、K、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

 

ほぼ共通して、アレルゲンになりやすい原材料として、以下のものが使われています。

つまり5種類とも、特に食事アレルギーに配慮されているわけではありません。

  • 鶏(チキン)
  • 小麦
  • コーン

 

食物アレルギーが原因で胃腸が弱いと考えられる場合には、以下の記事を参考にしてみてください。

【ロイヤルカナン】犬のアレルギー用療法食、全12製品を徹底比較!

続きを見る

 

粒の形・大きさの違い

※こちらに掲載している粒の画像は、実物サイズではありません。

 

「なるべく小さめの粒をあげたい」という場合は、

⑤ 消化器サポートパピー

が子犬にも与えられるよう、小粒タイプになっています。

② 消化器サポート パピー

また、それより少し大きくなりますが、

① ミニダイジェスティブケア

は、粒が平ためにできています。

① ミニダイジェスティブケア

 

それ以外の3種類は、いずれも上記2製品よりも大きく、厚みがあります。

③ 消化器サポート

 

③ 消化器サポート 低脂肪

 

④ 消化器サポート 高繊維

 

ラインナップの違い

5種類のフードのラインナップ(袋のサイズ、缶詰の有無)は、以下の通りです。

 ①ミニダイジェスティブケア②消化器サポート③消化器サポート低脂肪④消化器サポート高繊維⑤消化器サポートパピー
袋サイズ1kg
3㎏
8㎏
1kg
3㎏
1kg
3㎏
8㎏
1kg
3㎏
8㎏
1kg
缶詰なしなしありなしあり

 

8㎏の特大サイズがある3種類は、複数飼いや大型犬を飼っている場合に使いやすいと言えます。

① ミニダイジェスティブケア

③ 消化器サポート 低脂肪

④ 消化器サポート 高繊維

 

また、③消化器サポート 低脂肪と⑤消化器サポート パピーには缶詰があるので、トッピングや缶詰だけであげたい時に便利です。

異なるドライフードと混ぜるのであれば、③消化器サポート 低脂肪のほうがおススメです。

低脂肪になっていて損をすることは、あまりないからです。(高エネルギーを摂取させたいとき以外)

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥4,848 (2022/09/25 02:39:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

価格と購入方法の違い

5種類のうち、Amazonなどの通販サイトで買えないようになっているものもあります。(消化器サポート パピー)

それも踏まえて、「1㎏サイズの価格」と「購入できる方法」を表にまとめてみました。

 ①ミニダイジェスティブケア②消化器サポート③消化器サポート低脂肪④消化器サポート高繊維⑤消化器サポートパピー
1㎏の価格1,648円2,037円1,939円2,084円2,960円
Amazon×
楽天市場×
ペットショップ××××
動物病院×
公式サイト×××

※①~④は、記事公開時のAmazonまたは楽天市場の最安値。消化器サポートパピーは、公式サイトの価格。

 

見てみると、①ミニダイジェスティブケアが、頭1つ安くなっていました。

反対に、⑤消化器サポート パピーはAmazonなどの通販サイトで販売されないようになっているため、価格がかなり高くなっています。(メーカー公式サイトまたは動物病院でのみ販売)

それ以外の3種類は、おおむね「1㎏で2,000円くらい」になっていることが多いです。

 

\ ①ミニダイジェスティブケア /

 

\ ②消化器サポート /

 

\ ③消化器サポート 低脂肪

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥5,218 (2022/09/24 21:35:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

\ ④消化器サポート 高繊維

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥5,436 (2022/09/24 16:54:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみにAmazonや楽天市場で購入する方は、ポイントサイトを経由してから購入する方がお得です。

ポイントサイトを経由するだけでポイントがたまり、ポイントは、いろんなものに交換をして使えます。

  • アマゾンギフト券
  • マイル
  • 電子マネー など

 

\ ポイントサイトの使い方イメージ /

 

大手ショッピングサイトの買い物でポイントを貯めるには、それぞれ以下がおススメです。
カッコ内が、ポイント還元率です。

 

「ロイヤルカナンの、胃腸が弱い犬向けフードの違い」についての記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード

Copyright© ペットのモノシリ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.