フード

【2022】ロイヤルカナンのリキッドが欠品、品薄?代用品など解説

【公開日:2022年3月11日】

 

飼い主
ロイヤルカナンの「リキッド」をいつも使ってるんだけど、ネット見たら出品がない・・・

そういえばこの前買った時も「値段上がってる?」て感じたんだけど・・・

 

2022年に入り、ロイヤルカナンのリキッドシリーズが品薄や欠品になることが続いています。

その背景や対策について、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

 

ロイヤルカナンのリキッドが欠品・品薄

ロイヤルカナンの「リキッド」は、犬猫のための液体状の流動食です。

以下の5種類があり、それぞれの病気のときの強制給餌に大変役に立つものです。(※シリンジやカテーテルで栄養補給をすること)

商品名 用途
犬用 消化器サポート低脂肪リキッド 膵炎やリンパ管拡張症
消化器サポート高栄養リキッド 慢性の下痢や消化不良
腎臓サポートリキッド 慢性腎臓病
猫用 腎臓サポートリキッド 慢性腎臓病
犬猫兼用 クリティカルリキッド 手術の前後や、回復期

※詳しくは以下の記事でも解説

ロイヤルカナンの流動食は5種類!症状別のおすすめを解説。

 

ペットフードの中で「完全な液体」になっていて、かつ「病気のための栄養バランス」になっているものはほとんどないため、リキッドシリーズは大変人気があります。

ですが2022年に入り、このリキッドシリーズが品薄・欠品になることが続いています。

実際にその影響がSNS上でも散見されています。

 

 

リキッドは5種類とも品薄になっているようです。

それにともない、Amazonなどの通販サイトでも、

  • 出品がない
  • 出品があっても値段が高い※

という状況が続いています。

Amazonの出品
(通常は1本あたり1,000円前後)

 

このリキッドシリーズの欠品・品薄の理由は何なのでしょうか?

※決してメーカーが値上げをしたわけではありません。

 

リキッドが欠品・品薄になっている理由は?

リキッドシリーズの品薄について、その理由など公式サイトでの発表はありません。

ですが2022年3月現在、ロイヤルカナン以外のメーカーも含め、療法食や動物薬が全体的に不安定な流通状態になっています。

ヒルズの発表(欠品リスト)

 

品薄や欠品は、「海外からの輸入品」で多発しています。

輸入品のほとんどは「船」で運ばれていますが(海上輸送)、「新型コロナウイルス」によってコンテナが不足し、発送の遅延がおこっています。

この問題はペットフードや動物薬だけの問題に限りません。(参考記事

 

2022年2月下旬からは、ロシアのウクライナ侵攻も始まってしまったため、さらなる輸送の混乱が起こる可能性があります。

よって個人的には、以下のスタンスでいるのが最善だと考えています。

  1. 切らしたらまずいものは、あるうちに多めに買っておく
  2. 代用品を事前に知っておき、いざという時のために試しておく

 

1については、大手通販サイトで、適宜確認するとよいでしょう。

【犬用】消化器サポート低脂肪 ↓↓

【犬用】消化器サポート高栄養 ↓↓

【犬用】腎臓サポート ↓↓

【猫用】腎臓サポート ↓↓

【犬猫兼用】クリティカルリキッド ↓↓

 

2については、「それぞれのリキッドの代用品」をこれから解説していきます。

 

スポンサーリンク

リキッドの代わりの商品

「最初から完全な液体になっている療法食」は、ロイヤルカナンのリキッドしかありません。

よって「ジェネリックのような、まったく同じものはない」というのが前提として必要です。

そのうえで

  • 栄養バランスの調節で、病気のケアをしてある
  • 流動食として使えるもの

という2つの視点で、リキッドの代用品を紹介していきます。

 

【犬用】消化器サポート低脂肪の代用品

「消化器サポート低脂肪」の代用品としては、チューブダイエット 低脂肪(森乳サンワールド)がおすすめです。

チューブダイエット低脂肪は粉末状で、お湯に溶いて使います。

そして入れるお湯の量によって流動性が変化し、シリンジ(注射器)やカテーテルでの給与を行えます。

以下、参考です。

粉末20gに対し、水を50m~100lいれると液体状になる(左の2つ)

 

脂質は3.0%とかなりの低脂肪なので、栄養バランスは全く問題ありません。

カロリーも385kcal/100gで、ドライフードとおなじくらいのカロリー濃度です。エネルギー補給の面でもばっちりです。

※そもそもチューブダイエットは「消化器サポート低脂肪」よりずっと前から発売されている歴史のある商品です。

 

\ チューブダイエット低脂肪の栄養バランス /

タンパク質 25.0% 以上
脂質 3.0% 以上
粗繊維 0.3% 以下
灰分 5.0% 以下
水分 3.0% 以下
エネルギー 385kcal/100g

 

さらに消化器サポート低脂肪リキッドに比べ、以下の点もメリットになります。

  • 粉末が「20gごと」の小分けになっているため、保存性が高い
  • ランニングコストが安い(5包で1,500円程度)※

※体重4㎏の犬で、1日に2~3包を消費。
くわしい給与量は公式サイトの「1日当りの標準給与量(g)」をご確認ください。

 

「お湯に溶く手間」が必要になってしまいますが、気になる方は一度試してみるのもよいかと思います。

 

 

 

【犬用】消化器サポート高栄養の代用品

「消化器サポート高栄養」の代用品としては、以下の2つがおすすめです。

チューブダイエットハイカロリー

まず「チューブダイエットハイカロリー」ですが、粉末状で、お湯に溶いて使います。

入れるお湯の量によって流動性が変化し、シリンジ(注射器)やカテーテルでの給与を行えます。

以下、参考です。

粉末20gに対し、水を50m~100lいれると液体状になる(左の2つ)

 

「タンパク質43.0%」「カロリーは510kcal/100g」と、かなりの高タンパク&高カロリーの設計です。

栄養補給をたっぷり必要な犬に最適です。

また「中鎖脂肪酸」や、デンプンを酵素処理した「デキストリン」を主原料にしているため、消化性も高いです。

 

\ チューブダイエットハイカロリーの栄養バランス /

タンパク質 43.0% 以上
脂質 28.0% 以上
粗繊維
灰分 4.0% 以下
水分 3.5% 以下
エネルギー 510kcal/100g

 

さらに消化器サポート高栄養リキッドに比べ、以下の点もメリットになります。

  • 粉末が「20gごと」の小分けになっているため、保存性が高い
  • ランニングコストが安い(1包で250円程度)※

※体重4㎏の犬で、1日に2包を消費。
くわしい給与量は公式サイトの「1日当りの標準給与量(g)」をご確認ください。

 

「お湯に溶く手間」が必要になってしまいますが、気になる方は一度試してみるのもよいかと思います。

 

 

もう一方の「退院サポート」はロイヤルカナンの缶詰です。

完全な液体ではありませんが、流動性がとても高いため、注射器やシリンジでの給与が可能です。

退院サポート

中身

 

水分量が70%をこえるため、それ以外の栄養素が少なく見えます。

ですが、水分以外を除いて考えると(乾物量分析値)、かなりの高タンパク&高脂肪です。

\ 退院サポートの栄養バランス /

タンパク質 12.7%
脂質 6.4%
粗繊維 2.4 %
灰分 2.3%
水分 73%
エネルギー 124kcal/100g

 

体重4㎏の犬に、1日に1缶くらいを与えます。

1缶は400~500円で販売されているため、リキッドよりかなり割安になります。

同じメーカーですし、「完全な液体」にこだわりがないのであれば、十分に検討する価値があります。

 

 

【犬用】腎臓サポートの代用品

「腎臓サポート」の代用品としては、キドナ(森乳サンワールド)がおすすめです。

ちなみにキドナは「猫用」もあるため、間違えないよう注意が必要です。(袋の色が黄色:犬用、緑:猫用)

犬用キドナ

キドナは粉末状で、お湯に溶いて使います。

そして入れるお湯の量によって流動性が変化し、シリンジ(注射器)やカテーテルでの給与を行えます。

以下、参考です。

粉末20gに対し、水を50m~100lいれると液体状になる(左の2つ)

 

腎臓に負担をかける「タンパク質」「リン」「ナトリウム」を制限してあります。

よって、慢性腎臓病の犬に安心して与えることができます。

カロリーは「572kcal/100g」なので、エネルギー補給も効率的におこなえます。

 

\ キドナの栄養バランス /

タンパク質 22.0% 以上
脂質 39.0% 以上
粗繊維 2.0% 以下
灰分 4.0% 以下
水分 3.0% 以下
エネルギー 572kcal/100g

 

さらに腎臓サポートリキッドに比べ、以下の点もメリットになります。

  • 粉末が「20gごと」の小分けになっているため、保存性が高い
  • ランニングコストが安い(1包で300円程度)※

※体重4㎏の犬で、1日に2包くらいを消費。
くわしい給与量は公式サイトの「1日当りの標準給与量(g)」をご確認ください。

 

「お湯に溶く手間」が必要になってしまいますが、気になる方は一度試してみるのもありかと思います。

森乳サンワールド
¥7,500 (2022/05/29 14:14:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

【猫用】腎臓サポートの代用品

「腎臓サポート」の代用品としては、以下2つがおすすめです。

  • キドナ(森乳サンワールド)
  • k/d(ヒルズ)

 

まずキドナですが、粉末状になっています。

※ちなみにキドナは「犬用」もあるため、間違えないよう注意が必要です。(袋の色が緑:猫用、黄色:犬用)

猫用キドナ

そして入れるお湯の量によって流動性が変化し、シリンジ(注射器)やカテーテルでの給与を行えます。

以下、参考です。

粉末20gに対し、水を50m~100lいれると液体状になる(左の2つ)

 

腎臓に負担をかける「タンパク質」「リン」「ナトリウム」を制限してあります。

よって、慢性腎臓病の猫に安心して与えることができます。

カロリーは「495kcal/100g」なので、エネルギー補給も効率的におこなえます。

 

\ キドナの栄養バランス /

タンパク質 32.0% 以上
脂質 25.0% 以上
粗繊維
灰分 4.5% 以下
水分 3.0% 以下
エネルギー 495kcal/100g

 

さらに腎臓サポートリキッドに比べ、以下の点もメリットになります。

  • 粉末が「20gごと」の小分けになっているため、保存性が高い
  • ランニングコストが安い(1包で300円程度)※

※体重4㎏の猫で、1日に3包くらいを消費。
くわしい給与量は公式サイトの「1日当りの標準給与量(g)」をご確認ください。

 

「お湯に溶く手間」が必要になってしまいますが、気になる方は一度試してみるのもよいかと思います。

 

 

もう一方の「k/d」ですが、ヒルズの缶詰です。

液体状ではないですが、混ぜるととろみが強くなり、シリンジ(注射器)での給与くらいなら対応できます。

猫用k/d

タンパク質やリン、ナトリウムが制限されています。

療法食のなかでもいちばん歴史があり、安心感としてはピカイチです。

\ k/dの栄養バランス /

タンパク質 7.2 %
脂質 5.5 %
粗繊維 0.4 %
灰分
水分 78.0% 以下
エネルギー 109kcal/100g

 

4㎏の猫で、1日に1.5缶くらいを与えます。

1缶250円くらいですので、腎臓サポートリキッドよりかなり割安になります。

「完全な液体」にこだわなければ、十分試す価値があります。

 

※k/dの缶詰には「シチュー(82g)」もありますが、流動状になるのは「156g缶」のほうです。

間違えないよう注意しましょう。

また156g缶には「チキン味」もありますが、欠品しているようで出品がありません。「ツナ味」のみが出品されています。

 

 

【犬猫兼用】クリティカルリキッドの代用品

クリティカルリキッドの代用品としては、チューブダイエット ハイカロリー(森乳サンワールド)がおすすめです。

チューブダイエットハイカロリー

粉末状で、お湯に溶いて使います。

入れるお湯の量によって流動性が変化し、シリンジ(注射器)やカテーテルでの給与を行えます。

以下、参考です。

粉末20gに対し、水を50m~100lいれると液体状になる(左の2つ)

 

「タンパク質43.0%」「カロリーは510kcal/100g」と、かなりの高タンパク&高カロリーの設計です。

栄養補給をたっぷり必要な犬に最適です。

また「中鎖脂肪酸」や、デンプンを酵素処理した「デキストリン」を主原料にしているため、消化性も高いです。

 

\ チューブダイエットハイカロリーの栄養バランス /

タンパク質 43.0% 以上
脂質 28.0% 以上
粗繊維
灰分 4.0% 以下
水分 3.5% 以下
エネルギー 510kcal/100g

 

さらにクリティカルリキッドに比べ、以下の点もメリットになります。

  • 粉末が「20gごと」の小分けになっているため、保存性が高い
  • ランニングコストが安い(1包で250円程度)※

※体重4㎏の犬で、1日に2包を消費。
くわしい給与量は公式サイトの「1日当りの標準給与量(g)」をご確認ください。

 

「お湯に溶く手間」が必要になってしまいますが、気になる方は一度試してみるのもよいかと思います。

 

「ロイヤルカナンのリキッドが品薄・欠品?」の記事は、以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, , フード

Copyright© 療法食チャンネル , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.