フード

【ヒルズの尿ケア】cdとsdの5つの違いをペット栄養管理士が解説

 

飼い主さん

ヒルズの尿ケアには「c/d」と「s/d」の2種類があるみたいなんだけど、どう違うの??

 

尿石や膀胱炎をケアするためのヒルズの療法食には「尿ケア」という名前がついています。
しかしこの尿ケアシリーズには「c/d」と「s/d」の2つの商品があります。

この2つの違いは何なのか、ペット栄養管理士の筆者が分かりやすく解説していきます!

 

性能の違い

まずいちばん重要なのが「性能の違い」かと思います。「どんな猫に与えるべきかの違い」とも言い換えられます。

結論から言うと以下のようになります。

  • c/dがおススメの猫
  • ストルバイト尿石を溶かしたい時
  • ストルバイト尿石を予防したい時
  • シュウ酸カルシウム尿石を予防したい時
  • 膀胱炎をケアしたい時

 

  • s/dがおススメの猫

ストルバイト尿石を、急いで溶かしたい時

 

s/dは、ストルバイト尿石を溶かす時のためだけに作られた専用フードです。
最短6日、平均13日間でストルバイト尿石を溶かすことができる強力なフードです。

一方c/dはストルバイト尿石を溶かすことができますが、強力さはs/dより劣ります。
溶かすのに最短7日、平均28日間かかります。

 

s/dのパッケージの記載

 

c/dのパッケージの記載

 

ただc/dは、シュウ酸カルシウム尿石を含めて長期的な予防ができますし、膀胱炎のケアもできます。

一方s/dは、尿のpHが酸性になりすぎることもあり、使うのは「最長6か月以内まで」がすすめられています。(後述)

 

成分の違い

上記の性能の違いは、成分の違いを見ると分かります。次の成分に着目して比較してみます。

ストルバイト尿石

  • リン、マグネシウムはストルバイト尿石の元になるため、少ないほうが良い
  • 尿のpHが酸性になるほど溶けやすい(食べるフードによって、尿のpHは変化する)

シュウ酸カルシウム尿石

  • カルシウムはストルバイト尿石の元になるため、少ないほうが良い

膀胱炎

  • 炎症をしずめるオメガ―3脂肪酸が多いほど良い

 

c/d s/d
リン 0.7% 0.8%
マグネシウム 0.07% 0.062%
尿のpH 6.2-6.4 5.9-6.1
カルシウム 0.79% 0.93%
オメガ-3脂肪酸 0.75% 非公表

 

これを見ても

  • s/dは、ストルバイトを溶かすことに特化している
  • c/dは、3つの尿路疾患を幅広くケアできるようになっている

ということの一端が見れるのではないでしょうか。

 

価格の違い

価格については、その特殊性によりs/dのほうがやや割高になっています。

【c/dとs/dの希望小売価格】

c/d s/d
500g 1,635 円 1,802 円
2kg 5,024 円 5,503 円
4kg 8,600 円 なし
82g缶 244 円 なし

※税込み価格

ただし、アマゾンや楽天市場などのネット通販では、価格が逆転していることもよくあります。なので上記の表は参考程度とお考え下さい。

 

 

 

ラインナップの違い

s/dには、500gと2㎏のドライフードしかありません。
一方、c/dには4㎏のドライフードとグルメ缶※(82g)があります。※製品名は「シチュー缶」

またそもそも、c/dのドライフードには、3つのタイプがあります。

  1. c/dチキン
  2. c/dフィッシュ
  3. c/dコンフォート

 

1と2の違いはシンプルに「味の違い」です。

3はc/dの中でも「特発性膀胱炎のケアをより強力にできる」タイプです。

c/dとc/dコンフォートの違いについて、さらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして見て下さい。

【ヒルズ】c/dとc/dコンフォートの5つの違いをペット栄養士が解説。

続きを見る

 

ちなみに、グルメ缶の中身は以下のような感じになっています。

 

粒の形の違い

c/dとs/dは粒の形にも違いがあります。

s/dは円柱形をしていますが、c/dは平べったい形をしています。(※c/dフィッシュのみ円柱形)

 

 

猫によって、食べやすい形はそれぞれです。使いたいフードが好みの形だといいですね。

 

c/dとs/dの違いについての記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード

Copyright© 療法食チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.