コロ助・ピー子のコンビが情報をおとどけ!

ペットのモノシリ

ペットフード お役立ち

9割以上が間違っています。ペットフードの成分表示の見方。

投稿日:

こんにちは!

ペット栄養管理士歴10年のピー子センパイです。

 

コロ
ねえピー子。このフードとこのフードはどっちの栄養バランスがいいんだ?
栄養バランスを気にするなんて珍しいね。(笑)

どれどれ見せて。

ピー子センパイ

 

どこかのお店やネット上でドッグフードやキャットフード同士を比較するときに

値段、原材料、原産国などをよく比較しますよね?

また成分をきちんと見る方もいるかと思います。

 

ただ実は成分の比較をきちんとできる方はほとんどいません。

なぜなら表記の仕方が複雑だからです。

 

今後フードの成分の意味を理解したい方向けに今回は記事を書いていきます。

 

なお、成分以外の原材料や原産国の表示について知りたい方はこちらの記事をお読みください。

ドッグフードの国産は嘘?みんなの誤解、スーパーで買える国産品

ドッグフードの原材料表示は本当に信じていいの?

 

ドッグフード・キャットフードの成分表示には2種類ある

ペットフードの成分を表示する際には

「保証分析値」と「乾物量分析値」という2つの方法のどちらかで記載されます。

文字にしただけだとややこしいので、まずはどんな感じか見てください。

 

保証分析値

【保証分析値の例】

たんぱく質 26.0%以上
脂質 14.0%以上
粗繊維 3.1%以下
灰分 5.5%以下
水分 10.5%以下

記載されている栄養素がざっくりどれだけ(何%)入ってますよ

というのを示しています。

 

乾物量分析値

【乾物量分析値の例】

たんぱく質 23.7%
脂質 15.7%
粗繊維 1.9%
炭水化物 53.6%
カルシウム 0.82%
リン 0.72%
ナトリウム 0.26%
カリウム 0.69%
マグネシウム 0.119%
ビタミンE 733IU/kg

乾物量分析値は保証分析値に比べて項目が多いことが分かります。

また「水分」という項目が抜けています。

乾物量分析値とはその名の通り、フード中の水分を除いた後の栄養バランスを示すものです。

 

フード中の水分量についてはこちらの記事でくわしく解説しています。

ピー子が食べくらべして違いを解説。ドライフード、セミモイスト、缶詰

 

 

保証分析値と乾物量分析値はどちらがいいのか?

上の例を見るだけだとなにが言いたいのかわからないですよね?

 

まず簡単な部分をお伝えすると、

証分析値は「以上」「以下」とつくのに対し、乾物量分析値はそれがつきません。

以上と書いてあればそれ以上はとりあえず入ってますよ、ただ上限も定めてませんよ、

っていうざっくりした感じを受けると思います。

 

実はその通りで、この2つは

ざっくりとした表示(保証分析値)か正確な表示(乾物量分析値)かの違いといえます

よってできれば乾物量分析値で見るほうがいいです。(正確です)

ただ市販のペットフードを見てみると乾物量分析値を掲載しているメーカーは少なく、

圧倒的に保証分析値のみを掲載していることのほうが多いです。

 

コロ
ぼくはざっくり派でもいいけどな。

脂肪分をできるかぎりいっぱい入れてほしいから。

ピー子センパイ
考えるポイントが違う!

 

乾物量分析値がなぜ存在しているのか?

表示しているメーカーは少ないけれど、

でもなぜ乾物量分析値というものが存在しているかというと

フード同士の栄養バランスを比較しやすいから

という理由があります。

 

どういうことかを簡略化して解説します。

 

フードに入っている水分量はフードのタイプによって違います。

ドライフード = 水分量は10%

缶詰 = 水分量は80%

くらいと決まっています。

 

仮にフードに含まれる栄養素が「水分」と「タンパク質」と「脂質」の3つだけだったとします。

さらにタンパク質と脂質は同じ量が入っていると仮定します

その時にドライフードAと缶詰フードBの「保証分析値」は以下のようになります。

 

ドライA 缶詰B
たんぱく質 45%以上 10%以上
脂質 45%以上 10%以上
水分 10%以下 80%以下

 

この保証分析値を見ると全く違う栄養バランスに見えます

 

しかし水分を除いた乾物量分析値で見ると次のようになります。

ドライA 缶詰B
たんぱく質 50% 50%
脂質 50% 50%

 

乾物量分析値だと実はまったく同じ栄養バランスだったということが分かります

ペットフードに入っている水分はドライと缶詰のようにかなり違いがあります。

水分はもちろん重要なものですが、水を飲むことでも補給できます。

ですので栄養バランスを見る上では水はあまり重要ではなく

水分を除いたあとのバランスを見ることが大切です。

栄養バランスを比較するときには乾物量分析値のほうじゃないと正確ではないのです。

 

コロ
人間たちも食卓の栄養バランスを考えるときに、

食材に含まれる水の量は考えてないもんね。

 

まとめ

ペットフードの表示を見る際には2つの表示の仕方があります。

ポイントは

成分比較のポイント

  • 保証分析値どうし、または乾物量分析値どうしで比較する
  • 水分量が大きく違うフードの比較をするときは保証分析値で見ると正確さがかなり欠ける
  • よってできれば乾物量分析値で比較する

 

ということです。

 

なかなか文章だと分かりづらいところもあったかもしれませんが、

まとめの部分だけでも理解していただければ少しお役に立つかなと思います。

-ペットフード, お役立ち

Copyright© ペットのモノシリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.