フード

【消化器サポート(猫)あげると吐く】原因・対策をやさしく解説

 

うちの猫は「消化器サポート」を食べると吐いちゃうんだけど、なんでかな?

いい対策ってないの?

 

猫の消化器サポート可溶性繊維は、便秘の猫に配慮したフードとして人気があります。

 

ですが、「食べると吐く」ということがあります。

この原因対策について、ペット栄養管理士が解説していきます。

※本記事内の「消化器サポート」は「消化器サポート可溶性繊維」のことを指します。

 

消化器サポートで吐いてしまう原因

 

「消化器サポートをあげると吐いてしまう」原因としては、4つ考えられます。

 

便秘の時は、通常より吐きやすい

便秘は「消化管に便がつまっている状態」です。

なので食べ物が通りづらくなり、吐きやすくなると考えられます。

ですが、「消化器サポート以外のフードなら吐かない」なら、他の原因である可能性が高いです。

 

 

食物アレルギーがある

食物アレルギー=皮膚のかゆみ

と思われることが多いです。

 

しかし実は、食物アレルギーでは消化器症状もよく見られます。

消化器症状とは簡単に言うと

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 排便回数の増加

などです。

 

なので、吐いてしまう原因は食物アレルギーなのかもしれません。

消化器サポート可溶性繊維の原材料うち、アレルゲンになる可能性があるものを赤字にしています。

肉類(鶏、七面鳥)、コーン、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、コーングルテン、サイリウム、加水分解動物性タンパク、チコリー、パウダー、魚油、酵母、大豆油、フラクトオリゴ糖、酵母エキス(マンノオリゴ糖含有)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン)、ミネラル類(KClCaPZnMnFeCuISe)、ビタミン類(コリン、EC、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2B6B1、葉酸、A、ビオチン、B12D3)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 

まとめると以下のようになります。

消化器サポートのアレルゲンになりそうなもの

  • 七面鳥
  • トウモロコシ
  • 小麦

 

吐いてしまう原因は、上記のいずれかにアレルギーをもっているからかもしれません。

 

 

フードが合わない

犬や猫は、ードが合わないと吐くことがあります

そもそも人と比べ、犬と猫は「吐きやすい」動物で、健康な状態でも吐くことがあります。

原因はそれぞれによって違いますが、個人的には

  • 粒の形
  • メーカーごとの味やニオイの好き嫌い
  • 油っぽさ

が影響することが多いと感じます。

 

特に消化器サポート可溶性繊維は、独特なブーメランのような形をしています。

この影響も大きいのではないかと考えられます。

 

 

添加物が合わない

フードに入っている添加物が消化器症状を起こすこともあります。

猫で実証はされていませんが、人ではBHAが消化器症状をおこすという報告があります。(小動物の臨床栄養学715ページより)

メモ

BHAとは酸化防止剤(添加物)の一種です。

フードの油の酸化を遅らせ、長期保存しやすくするものです。

 

消化器サポート可溶性繊維には、BHAが使われています

これが吐いてしまう原因なのかもしれません。

BHAはつかわれなくなりました。よってこれが原因ということはなさそうです。

肉類(鶏、七面鳥)、米、コーン、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、コーングルテン、サイリウム、加水分解動物性タンパク、チコリー、卵パウダー、魚油、酵母、大豆油、フラクトオリゴ糖、酵母エキス(マンノオリゴ糖含有)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン)、ミネラル類(KClCaPZnMnFeCuISe)、ビタミン類(コリン、EC、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2B6B1、葉酸、A、ビオチン、B12D3)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

米、肉類(鶏、七面鳥)、コーン、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、コーングルテン、サイリウム、加水分解レバー(鶏、七面鳥)、チコリー、卵パウダー、魚油(EPA/DHA源)、大豆油、酵母および酵母エキス、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、ミネラル類(Cl、K、Ca、Na、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I 、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス

 

4つの原因がありえるのね。

それぞれにいい対策はないの?

 

ではここから具体的な対策を紹介していきます。

 

消化器サポートを吐いてしまう時の対策

食物アレルギーの場合

もし食物アレルギーの原因(アレルゲン)が分かっていないなら、病院でアレルゲンを特定する必要があります。

逆にアレルゲンが分かっているなら 「排便をケアするサプリ + アレルギーケアフード」ということもできるでしょう。

「サイリウム」などのサプリメントが、よくつかわれるものです。

※ちなみに消化器サポートの中にも、サイリウムは使われています。

米、肉類(鶏、七面鳥)、コーン、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、コーングルテン、サイリウム、加水分解レバー(鶏、七面鳥)、チコリー、卵パウダー、魚油(EPA/DHA源)、大豆油、酵母および酵母エキス、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、ミネラル類(Cl、K、Ca、Na、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I 、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス

 

 

もう1つの低アレルギーフードですが、

アレルギーケアのフードとして個人的におすすめなのは、2つあります。

1つ目はヒルズのz/dです。療法食です。

食物有害反応に配慮して加水分解チキンを使用した療法食です。

加水分解という技術を使って、食物アレルギーに配慮しています。「除去食試験」につかうこともあるフードです。

  • 500g
  • 2㎏

のラインナップです。

 

 

z/dについては、以下の記事でくわしくレビューしています。

【猫用z/dレビュー】メリットや口コミ、最安値の購入法まとめ

続きを見る

 

2つ目は、HAPPYCATのストマック&インテスティン(胃腸ケア)です。

療法食ではなく総合栄養食です。

 

ストマック&インテスティンをおススメできるのは、以下のようなコンセプトだからです。

  • グルテンフリーの低アレルゲン
  • 高い消化率で、おなかの弱い猫に使える

 

ストマック&インテスティンは、アレルゲンになりづらい珍しい食材を使っています。(ただし、ダックと米アレルギーには配慮されていない)

また50gのお試しサイズ(330円)もあるため、「食べるかどうか心配」という方にも対応しやすいです。

ストマック&インテスティンのサイズ

  • 50g
  • 300g
  • 1.3㎏
  • 4㎏

 

HAPPY CAT センシティブ グレインフリー カニンヘン (ラビット&ビーフ) 穀物不使用 全猫種 成猫〜高齢猫用 (300g)
ハッピーキャット (HAPPY CAT)

 

ちなみにHAPPY CATは、Amazonや楽天でも安くは買えません

おそらく、メーカーが制限をかけているからです。

逆に公式サイトでは最大15%のポイントでお得に買えるようになっています。

 

HAPPY CAT公式サイトを見る

 

 

フードが合わない場合

吐いてしまう原因が

  • フードが合わない

だと考えられる場合には、

「消化器サポート」から「便秘ケアの他のフード」に変えてみるのがよいかもしれません。

便秘の猫に配慮したフードは、以下の記事で紹介しています。

便秘ケアのおすすめキャットフード10選!【一般食・療法食あり】

続きを見る

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード

Copyright© ペットのモノシリ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.