コロ助・ピー子のコンビが情報をおとどけ!

ペットのモノシリ

お役立ち

犬に食物繊維を増やしたほうがといいケース5つ

更新日:

jill111 / Pixabay

 

 

コロ
わーいわーい!レタスだレタス♪
コロ助は食いしん坊で野菜も好きだよね。
ピー子センパイ
コロ
レタスはあのシャキシャキ感がたまらん!ヘルシーだしな。
ヘルシーとか意外にコロ助も気にしてるんだね(笑)
ピー子センパイ

 

食物繊維の多い食品といえば健康にいいイメージがあるものです。

ということで今回は食物繊維をたくさん食べたほうがいいケース、あまり食べないほうがいいケースなどをペット栄養管理士歴10年の私が紹介していきたいと思います。

 

食物繊維とは何?

食物繊維は体内で消化、吸収されることがほとんどないものです。

イメージとしては「食べた分がそのままの形で便になってでてくる」といった感じです。

よっていくら食べてもカロリー0です。

また消化吸収されない分、便の量が増えます。

これだけ聞くと体にいいのかよくわからないかもしれませんが、消化されないがゆえに体にもたらす効果があります。具体的な効果は次の章で解説していきます。

 

ちなみに食物繊維にも2種類あります。

不溶性食物繊維」と「可溶性食物繊維」です。

食品中にはこの2つの食物繊維が異なるバランスで含まれています。

ざっくりとした作用は次の通りです。

 

不溶性食物繊維

体内でまったく分解されません。

腸の中の余分な水分を吸収してくれるため下痢の時に有用です。

 

可溶性食物繊維

腸内細菌によって分解(発酵)され腸の環境を整えてくれます

便に適度な水分を与えます。

 

コロ
食物繊維にも2種類あるんだね。知らなかった―。
ピー子センパイ
どっちも犬の役に立ってくれるんだよ。

 

食物繊維を増量したほうがいいケース

そんな食物繊維ですが、以下の5つのようなケースでは食物繊維を増量して与えることがとても有効に働きます。

ダイエット

ダイエットをするときには食べるもののカロリーを下げる必要があります。ですが犬は食べ物を食べたがりますので、単にフードを減らすだけでは生活するのが大変になります。

そこで食物繊維(0cal)の多いものを与えます

すると物がたくさんおなかに入ってくるけどカロリーはあまり生み出さないという状態を作り上げることができます。

 

ダイエット用のフードであれば、フードの中に食物繊維が増量されています。

ダイエットフードについてはこちらの記事で解説しています。

失敗しない。犬のダイエットフード10選

 

糖尿病

糖尿病のときには、体内で血糖値の変動が激しくなることで体に負担がかかるのが問題です。

食物繊維の多いものを食事と同時に、または直前に食べておくと、食後の血糖値の変動が抑えられることが分かっています。

よって糖尿病の犬には食物繊維の多いもの(フード)を与えるのが効果的です。

 

下痢

不溶性食物繊維は腸の余分な水分を吸収してくれます。イメージとしてはスポンジが腸の中に入り込んで水を吸収するイメージです。

よって下痢の時に食物繊維の多いものを食べると下痢が止まりやすくなります

 

便秘

腸は便を下へ下へ(肛門のほうへ)押し出す動きをして、便を排泄しています。

ですが便秘のときにはこの動きが弱くなっています。

そんなときに分解されない食物繊維が腸に入ってくると、腸の壁をつっつくような働きをして(腸を刺激して)、運動能力を回復させてくれることが分かっています。

人間も便秘の時に野菜を食べたりして食物繊維を摂ろうとしますよね。あれと同じです。

 

腸内環境を整えたいとき

可溶性食物繊維は腸内で発酵されるということを冒頭で書きました。可溶性食物繊維が発酵されると短鎖脂肪酸という物質ができます

短鎖脂肪酸は腸の細胞のエネルギーになることや善玉菌を増やすことが分かっていて、結果的に腸内の状態がよくなります。

 

食物繊維を増量しないほうがいいケース

反対に食物繊維を増量しないほうがいいケースもあります。

腸の手術後など

腸の手術後や重度の便秘などの時には消化管の動きが鈍っています

そんなときに消化吸収されない食物繊維を増量すると、腸の中に便が詰まってしまう状態になります

腸の運動性が回復するまでは食物繊維はあまり摂らせないほうがいいですね。

 

手術後など、カロリーがたくさん必要なとき

またひどいけがからの回復途上や手術後など、カロリーをたくさん必要とするケースでも食物繊維はNGです。

こういった状態の時は少ない量でたくさんカロリーを摂れるものが必要です。

よってカロリー0の食物繊維は不向きで、回復を遅らせる原因になります。

 

食物繊維の多い食べ物

ダイエットや糖尿病、便秘などの時に使えると書かれたフードにはもれなく食物繊維が増量されています。よって食物繊維を増やしたいときはそのようなフード使うのが簡単です。

たとえば以下の商品はダイエット、糖尿病、便秘いずれにも効果を見込めるフードです。

 

≪最大350円OFFクーポン配布中!≫ 【犬】ヒルズプリスクリプションダイエット食事療法食 w/d レギュラー粒/小粒 3kg ヒルズ w/d 小粒 3 療法食 ドッグフード ダイエット ドッグフード ドライ 体重管理 糖尿病 送料無料【D】 楽天

created by Rinker
¥4,401 (2019/08/23 05:38:58時点 楽天市場調べ-詳細)

 

一方、フードは使わずにおやつなどで食物繊維を増量したいということであれば以下のような食材を使うのがおすすめです。

犬に与えられる食物繊維の多い食材

レタス

シュウ酸という成分が多いので、シュウ酸カルシウム尿石のときは控えましょう。

 

キャベツ

芯の部分は与えると腸に詰まる可能性があるので与えないでください。

またシュウ酸という成分が多いのでシュウ酸カルシウム尿石のときは控えましょう。

 

こんにゃく

小さく食べやすいサイズに切って与えましょう。

またシュウ酸という成分が多いのでシュウ酸カルシウム尿石のときは控えましょう。

 

ちなみにこれらは食物繊維が多いですが、カロリーが0というわけではありません。なのでダイエットなどのときでも与えすぎるとその分やせづらくなります。

野菜のカロリーについてはこちらの記事でも解説しています。

犬のダイエット。野菜に頼りすぎると失敗する理由

-, お役立ち

Copyright© ペットのモノシリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.