病気

腎臓病や腎数値の高い犬に、ささみは危険?ペット栄養士が解説。

 

飼い主Aさん

うちの犬は「ささみ」が好きなんだけど、この前腎臓の数値が高くなっちゃってて・・・

今まで通り、ささみをあげて大丈夫かな?

 

ささみを「おやつ」や「フードへのトッピング」としてあげている方も多いかと思います。

ただ腎臓のケアにとって、それはよいのでしょうか?

ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

※この記事では便宜的に、腎臓の数値が高いこともまとめて「腎臓病」と表記しています。

犬の腎臓病では食事管理が重要

腎臓病は完治することはなく、「進行を遅らせること」が治療の考え方になります。

治療には食事管理が重要です。

なぜなら、栄養分が腎臓病にダイレクトに関わっているからです。

 

腎臓は「リン」と「タンパク質」が元でできる老廃物を処理しています。

つまりこれらの栄養素は、腎臓に負担をかけやすいということです。

なので腎臓の健康維持のためは、リンとタンパク質の量に配慮すること必要です。

また、血圧の維持にも配慮し、ナトリウム(塩分)も同様です。

 

まとめると、以下の栄養素に気を付けることが必須だということです。

腎臓病の犬が配慮すべき栄養素

  • リン
  • タンパク質
  • ナトリウム

 

では「ささみ」は、これらの栄養素の含有量についてどうなのでしょうか?

 

腎臓病の犬にささみをあげるのは危険?

結論から書くと「腎臓病の犬にささみをあげないほうがいい」です。

栄養バランスが偏っているためです。

「ささみの栄養バランス」と「腎臓病の時におすすめの栄養バランス」を比較してみます。

ささみ 腎臓病のときの推奨
タンパク質 91% 17.5%
リン 0.91% 0.35%
ナトリウム 0.15% 0.3%

※乾物量分析値
※ささみの成分は、食品成分データベースを参照

 

ささみは圧倒的に「高タンパク・高リン」であることが分かります。

よって、犬の健康を第一に考えるのであれば、ささみはあげないほうがよいです。

もしどうしてもささみを使いたい!ということであれば、「ささみのゆで汁」を使いましょう。

フードにかけたり、飲み水に混ぜるだけでささみの風味を感じ、満足度がUPします。

タンパク質やリンの過剰にもつながりにくいです。

ポイント

ただ症状が悪化して「他のものは何も食べないけれど、ささみだけは食べる」という状況なら、ささみも選択肢になります。

何も食べない、というのがいちばん良くないことだからです。

※上記は一般論であり、その時の状態も異なるため、かかりつけ医の指導をうけることをおすすめします。

 

また参考までに、タンパク質やリン、ナトリウムが多い食材を一覧にまとめておきます。

タンパク質が多いもの

  • 鶏肉
  • 牛肉
  • 豚肉
  • 砂肝
  • レバー
  • ハム
  • ソーセージ など

ざっくりいうと「肉類」。

腎臓病の時に避けるべきなのは特に「動物性タンパク質」です。
大豆や乳製品もタンパク質は多いですが、「植物性タンパク質」に分類されるので、ここでは割愛しています。

リンが多いもの

  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • チーズ
  • ナッツ
  • アーモンド
  • 小魚(骨ごと食べる魚) など

ざっくりいうと「乳製品」「豆類」「魚類」。
肉類もリンは多めです。

ナトリウムが多いもの

  • チーズ
  • ハム
  • ソーセージ
  • 煮干し など

ざっくりいうと「人間用の加工食品」はすべて、犬にとっては高ナトリウムです。

 

飼い主Aさん

うちの犬はささみが好きだったから残念・・・

じゃあどんなものならあげて大丈夫なの?

 

ではここから、「おやつやトッピングとして、腎臓病に配慮しやすい食べ物」を紹介してきます!

 

スポンサーリンク

腎臓ケアのためにあげやすいおやつ

まず、まとめを書きます。

腎臓の健康に配慮しやすい食べ物

  • 腎臓ケアのおやつ
  • 野菜
  • 果物

 

ひとつずつ解説していきます。

※いずれのおやつも、あげすぎには注意しましょう。与える量は、「あげているフード量の1割くらい」を目安にすると安心です。

 

腎臓ケアのおやつ

いちばん安心してあげられるのは「腎臓病の犬に配慮されていることが明記されたおやつ」です。

たとえば「療法食おやつ」や「獣医師監修のおやつ」などです。

一例としては、トリーツ(ヒルズ)というクッキータイプのおやつがあります。

腎臓用の療法食フードとセットで使える、長い販売歴のある商品です。

ヒルズのトリーツ・200g入り

 

公式サイトでは以下のように書かれています。

  • リン、ナトリウム、たんぱく質を調整。
  • 心臓と腎臓の健康のサポートします。
  • k/d製品を給与している犬へおやつとして与えることができます。

※k/d:ヒルズの慢性腎臓病に配慮された療法食

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥990 (2023/01/30 16:55:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

これ以外のおやつも知りたい方は、以下の記事で紹介しています。

【犬の腎臓病ケアのおやつ】おすすめ7選をペット栄養士が徹底比較!

続きを見る

 

野菜

  • 「腎臓用のおやつだけだと味気ない」
  • 「人間が食べられるもので、何かあげられるものないかな」

と思う方もいるかもしれません。

そんなとき、「野菜」は使いやすい食材です。

ほとんどの野菜は、ビタミンや食物繊維が主成分であり、タンパク質やリンの含有量は少ないからです。

画像はイメージです

 

以下の野菜は、 抗酸化作用のあるビタミンも豊富です。

  • ミニトマト
  • ブロッコリー(茎は避ける)
  • かぼちゃ(皮は避ける)

 

ブロッコリーとかぼちゃは、ゆでるなど加熱してから与えましょう。

 

果物

野菜と同様、果物もタンパク質やリンの含有量が少なく、使いやすい食材です。

また果物には食物繊維が多いものもあります。

腎臓病になると便秘気味になることがありますが、食物繊維によりケアできる可能性があります。

 

画像はイメージです

 

 

「腎臓病の犬にささみは危険?」は、以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, 病気

Copyright© ペットのモノシリ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.