フード

【ヒルズのトリーツ】評判や原材料、成分などをペット栄養士が解説

 

ヒルズのトリーツって、使ってる人たちの評判ってどうなのかな?

 

ヒルズの犬用トリーツ療法食タイプのおやつです。

その評判アレルゲン1粒当たりのカロリーといった細かい点まで、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

 

ヒルズ・トリーツの評判

 

まずTwitterなどのSNSや、Amazonレビューなどでのトリーツの評判をまとめてみました。

いい評判

  • おいしい
  • 療法食と併用している

いまいちな評判

  • 固い
  • 大きい

 

どんな食べ物でもそうですが、いい点・よくない点がありますね。

 

 

ヒルズ・トリーツの画像

せっかくなので、より正確にお伝えするためサイズを測定してみました。

3粒をピックアップしてみました。

 

測定結果は以下の通りです。

厚み
4.0㎝ 2.5cm 1.3㎝
4.0cm 2.6cm 1.5cm
4.5cm 2.9cm 1.3cm
平均 4.17cm 2.67cm 1.37cm

 

  • 横4.17㎝
  • 縦2.67㎝
  • 厚み1.37㎝

というのが平均のようです。

 

ちなみにうちの愛犬(柴犬)も噛んでいるうちに、粒が割れてこぼれていました。

質感はけっこう固く、女性だと割るのに苦労するレベルでした。

代わりにハサミで切ったらすんなり切れました

 

 

 

スポンサーリンク

ヒルズ・トリーツの特徴

ヒルズのトリーツについて、以下のポイントで特徴をまとめました。

 

どんな時に使える?

主食に療法食を使っているときには、あげられるおやつにも制限が出てきます。

その中でヒルズのトリーツは、以下のような記載があります。

c/dマルチケア、i/dローファット、i/dコンフォート、k/d、l/d、w/dの製品を給与している犬へおやつとして与えることができます。

また全ての健康な成犬、高齢犬にも与えることができます。

  • リン、ナトリウム、たんぱく質を調整

 

c/dマルチケア 尿席の形成に配慮したフード(ミネラル量の調整など)
i/dローファット 消化に優れた原材料で低脂肪なフード
i/dコンフォート 消化に優れた原材料で低脂肪なフード。精神的な健康維持に配慮(加水分解ミルクプロテイン)
k/d 腎臓の健康維持に配慮したフード(リンやナトリウムの制限など)
l/d 肝臓の健康維持に配慮したフード(高品質なタンパク質の使用など)
w/d 体重管理に配慮したフード(カロリーや脂肪の調整など)

 

 

入っている粒の数、カロリーは?

1袋(200g)の中に38粒前後入っています

1粒当たり約15kcalです。

 

 

原材料、アレルゲンは?

原材料は以下の通りです。

【ヒルズ・トリーツの原材料】

トウモロコシ、小麦、大豆、セルロース、チキンエキス、チキン、植物性油脂、ポーク、全卵、ミネラル類(カルシウム、カリウム、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(AB1B2B6B12D3E、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、着色料(カラメル、酸化鉄)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

 

上記より、アレルゲンになりそうなものを抜き出すと以下のようになります。

 

トリーツのアレルゲン

  • トウモロコシ
  • 小麦
  • 大豆
  • チキン
  • ポーク

 

 

添加物は?

上記の原材料より、着色料と酸化防止剤が使われています

ただ酸化防止剤にはミックストコフェロールやローズマリー抽出物、緑茶抽出物が使われています。

BHAなどの合成酸化防止剤ではないので安心です。

 

 

原産国は?

ヒルズのトリーツの原産国はアメリカです。

国産ではありませんが、ペットに対する食品基準も厳しい国ですので、個人的には安心度は高いと思います。

 

 

ヒルズ 犬用 トリーツ ドライ 200x12
ヒルズ

 

ヒルズのトリーツに関する記事は以上になります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード

Copyright© ペットのモノシリ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.