フード 病気

【猫の糖尿病フード】獣医師たちが選ぶ・効果のあるフード3選

【公開日:2019年1月26日】

【更新日:2020年4月30日】

飼い主さん
うちの猫が糖尿病になったんだけど・・・

これからどんなフードを食べればいいの?

 

上記のような疑問に、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

また、獣医師100人以上の意見も参考にしています。

 

※ちなみにこちらでは、糖尿病のときの栄養バランスについて詳しく解説しています。

【2019年版】猫の糖尿病フードはこうやって選びましょう。

続きを見る

 

糖コントロール(ロイヤルカナン)

ポイント

  • 糖質が圧倒的に少なく、血糖値の上昇を抑えやすい
  • 糖質源も大麦を使っているため、さらに血糖値が上がりにくい
  • 便秘になりにくい食物繊維を増量

 

糖コントロールは、ロイヤルカナンの療法食です。

猫の糖尿病に使うフードとしてかなり優秀な製品です。

血糖値の急激な上昇は体にとって大きな負担となります。

そうならないよう、

  • 糖質の量
  • 糖質の種類
  • 食物繊維

すべてにこだわりがあるからです。

血糖値のコントロールはかなりしやすいと言えます。

 

公式サイトでは、次のように書かれています。

猫用 糖コントロールは、糖尿病の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、糖吸収速度が穏やかな炭水化物(大麦)を原料として使用することで、安定した血糖を維持し糖尿病に配慮しています。またタンパク質を増量しています。

 

ピー子センパイ
ただ、少しカロリーが高いです。(387kcal/100g)

与える量をきちんとしないと太るかのうせいがあります。

肥満は糖尿病に悪影響を与えますから気を付けましょう。

 

 

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥4,164 (2020/09/25 05:50:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

パウチタイプもあります。

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥4,022 (2020/09/25 14:43:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

m/d(ヒルズ)

ポイント

  • 糖質が圧倒的に少ないため、血糖値の上昇を抑えられる
  • タンパク質、脂質が多いため、味がおいしい

 

m/dは、ヒルズから発売されている療法食です。

糖質を少なくするという点で、糖コントロールと類似の設計ですが、m/dのほうが糖質は少ないです。

糖コントロールよりも販売の歴史は古く、治療実績も豊富です。

 

またタンパク質や脂質が多く、肉食性が強い猫にとっては「おいしい」と感じやすいフードです。

こちらもカロリーは高いです。(395kcal/100g)

 

公式サイトでは、次のように書かれています。

低炭水化物、高たんぱく質、食物繊維、高レベルのアルギニンとタウリンを配合することで、糖尿病と体重管理に役立つことが科学的に証明された栄養です。

 

ピー子センパイ
いちばん小さい袋のサイズが2㎏です。

500gとか小さいのがないので、鮮度を重要視する猫ちゃんは使いづらいかも。

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥3,836 (2020/09/25 14:44:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

ポークを主原料とした、粗びき缶もあります。

 

w/d(ヒルズ)

ポイント

  • 食物繊維を増量することで、血糖値のコントロールをできる。
  • カロリーが低いので、体重の管理もラク。

 

w/dは、ヒルズの療法食です。

上で紹介した2つの製品と少し毛色が違います。

 

w/dは食物繊維を増量しています。

食物繊維は、食後の血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるからです。

それにより、カロリーも低いため、体重の管理もしやすくなっています。

 

公式サイトでは、以下のように書かれています。

  • 低脂肪・低カロリー、可溶性繊維と不溶性繊維のバランスの良い組み合わせ
  • 高食物繊維に調整
  • 糖尿病の管理に配慮しています。

 

ピー子センパイ
糖尿病の時には体重がすごく落ちてしまうケースもあります。

そんなときはカロリーの低いw/dは使いづらいです。

 

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥3,156 (2019/05/29 17:02:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

チキンを主原料とした、粗びき缶もあります。

 

糖尿病ケア(アニモンダ)

ポイント

  • 低糖質で、血糖値の上昇を抑える
  • グレインフリーで、穀物アレルギーにも配慮
  • トレータイプのウェットが6種類

 

糖尿病ケアは、アニモンダの療法食です。

ロイヤルカナンやヒルズに比べると、メジャーではありませんが、ドイツ産の信頼できる療法食を作っています。

グレインフリーのメーカーなので、穀物アレルギーにも配慮されています。

 

糖質をおさえることで、血糖値の上昇を抑えます。

食物繊維は増量されていません。

 

公式サイトでは、次のように書かれています。

INTEGRA®PROTECT糖尿ケアは、糖尿病を患うネコのため特別に開発されています。食物摂取後できるだけ血糖値を一定に維持するためには、タンパク質が高く炭水化物が少ないフードでなければなりません。INTEGRA®PROTECT糖尿ケアは糖尿病のネコに必要なケアのニーズを満たしています。このフードは同時にグレインフリーなので、穀物不耐性のネコにも適しています。

 

また、ウェットタイプが6種類と豊富です。

食べムラがある猫にとっては、トッピングでも使えるウェットが豊富なのはうれしいですね。

  1. 鶏レバー
  2. ウサギ
  3. サーモン
  4. 七面鳥心臓

 

ピー子センパイ
ドライフードは300gしかありません。

なのでドライフードのコストは、少し高くなりがちです。

 

 

 

ウェットタイプ(6種類)です。

アマゾンなどで、1つから購入できます。

 

アクティウェット

ポイント

  • トレーのウェットタイプのみ。
  • 糖質を制限。
  • 海藻や植物成分で、抗酸化成分を強化

 

アクティウェットは、フォルツァ10の療法食です。

フォルツァ10は、植物由来の成分により抗酸化力を強化するというコンセプトのメーカーです。

 

アクティウェットは、ウェットタイプのみしかありません。

なのでトッピングや、短期使用がメインになります。

ただウェットタイプであることにより、主原料を魚だけでき、糖質の量を抑えています

 

公式サイトでは、以下のように書かれています。

  • 糖の吸収や肥満傾向が気になる愛猫の為のバランスの取れたウェットフード
  • 食後の血糖値に関連する炭水化物と糖類に配慮

 

ピー子センパイ
コストが許せば、ウェットタイプだけを長期で使うことも可能です。

 

 

猫の糖尿病フードの与え方のルール

どのフードを使っていただくにしても

なるべく回数を分けて少量ずつ与える

毎日一定の時間に与える

ということを守っていただくとより血糖値の管理がしやすくなります。

家族で協力し合いながら猫ちゃんの治療をしていきましょう!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※紹介しているフードには療法食も含まれます。療法食は、獣医さんとも相談のうえで使用することをすすめます。

-, フード, 病気

Copyright© 療法食チャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.