コロ助・ピー子のコンビが情報をおとどけ!

ペットのモノシリ

ペットフード 病気

【猫の糖尿病フード】獣医師たちが選ぶ・効果のあるフード3選

更新日:

Alexas_Fotos / Pixabay

こんにちは!

ペット栄養管理士のピー子センパイです。

 

こちらの記事では猫の糖尿病の食事選びのポイントについて解説しました。

https://pet-monosiri.com/2019/01/26/catdm/

 

こちらの記事では実際に効果のある商品を紹介していきたいと思います。

猫の糖尿病で効果が保証されているフードは多くありませんが、

100人以上の獣医師から聞き取りした結果での厳選した3商品になります。

 

※紹介しているフードは獣医さんで販売されている病院食も含まれます。

病院食は治療の一環ですので、獣医さんと相談のうえでご使用することを進めます。

 

糖コントロール(ロイヤルカナン)

ポイント

  • 糖質が圧倒的に少ないので血糖値の上昇を抑えやすい
  • 糖質源も大麦を使っているため、さらに血糖値が上がりにくい
  • 便秘になりにくいタイプの食物繊維を増量している

 

猫の糖尿病に使うフードとしてかなり優秀な製品です。

血糖値の急激な上昇は体にとって大きな負担となります。

そうならないように糖質の量と種類、食物繊維すべてにこだわりがあり、

かなり血糖値のコントロールがしやすくなります。

 

コロ
少しカロリーが高いよ。(387kcal/100g)

与える量をきちんとしないと太ってしまって、

糖尿病に悪影響の可能性があるから気を付けよう。

 

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥3,501 (2019/08/23 16:46:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

m/d(ヒルズ)

ポイント

  • 糖質が圧倒的に少ないため血糖値の上昇を抑えられる
  • タンパク質、脂質が多いため、味が良い

 

糖質を少なくするという点で、糖コントロールと類似の設計のフードです。

歴史的には糖コントロールよりも古く、糖尿病管理の実績も豊富です。

 

コロ
いちばん小さい袋のサイズが2㎏だよ。

500gとか小さいのがないから、鮮度がよくないと食べない猫ちゃんは使いづらいかも。

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥3,627 (2019/08/23 16:46:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

w/d(ヒルズ)

ポイント

  • 食物繊維をかなり増量することで血糖値のコントロールをできる。
  • カロリーが低いので、体重の管理もラク。

上で紹介した2つの製品と少し毛色が違います。

食物繊維は食後の血糖値の上昇をゆるやかにしてくれますが、

その食物繊維を豊富に入れたフードです。

それによりカロリーも低いため体重の管理もしやすくなっています。

 

コロ
糖尿病の時には体重がすごく落ちてしまうケースもあるけど、

そんなときはw/dはカロリーが低いから逆に使いづらいね。

 

created by Rinker
プリスクリプションダイエット
¥3,156 (2019/05/29 17:02:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

猫の糖尿病フードの与え方のルール

どのフードを使っていただくにしても

なるべく回数を分けて少量ずつ与える

毎日一定の時間に与える

ということを守っていただくとより血糖値の管理がしやすくなります。

家族で協力し合いながら猫ちゃんの治療をしていきましょう!

 

 

いかがだったでしょうか。

糖尿病の猫ちゃんのフード選びのお役に立てば幸いです!

-, ペットフード, 病気

Copyright© ペットのモノシリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.