サプリ フード

【犬にも必要?オメガ―3脂肪酸】おすすめの食品、サプリを解説。

 

私もオメガ―3脂肪酸を多く摂るようにしてるんだけど、犬にも与えたほうがいいのかな?

 

上記のような疑問を持つ方に向けて、ペット栄養管理士の筆者が解説していきます。

 

オメガー3脂肪酸とは

オメガ―3脂肪酸はだいぶ身近になってきた栄養成分ですが、中身についてはあまり知られていないかもしれません。

食品中の脂肪は「中性脂肪」+「脂肪酸」という構造でできており、後ろの脂肪酸にいくつかの種類があります。

その1つがオメガ-3脂肪酸です。

オメガ―3脂肪酸はグループ名のようなもので、具体的な種類としてはαーリノレン酸、EPA、DHAがあります。

おまけ

オメガ―3脂肪酸は「ω-3脂肪酸」や「n-3脂肪酸(エヌ3脂肪酸)」と呼ばれることもあります。

どれでも意味は同じです。

 

ちなみに「オメガ―6脂肪酸」や「オメガ―9脂肪酸」もあり、それぞれ体内での役割が違います。

どれでも共通することとして、脂肪酸は体の細胞膜に取り込まれたり、体のエネルギーを生み出すときの原料として使用されるなどの役割があります。

ポイント

脂肪酸は空気(酸素)に触れると酸化しやすいため、保存の際には空気にさらさないようにすることがポイントです。

酸化すると下痢や嘔吐などの原因になるからです。

実際にオメガー3脂肪酸の多いアマニ油も空気に触れづらいようなボトルで販売されています。

 

 

オメガ―3脂肪酸でわかっていること

 

オメガ―3脂肪酸て健康にいいイメージがあるけど、どんな効果があるの?

 

人間界ではオメガ―3脂肪酸の効用として宣伝されているのは以下の2つが多いです。

  1. 動脈硬化や心筋梗塞の予防
  2. コレステロール値を下げる

ですが犬の場合には動脈硬化や心筋梗塞がありません

またコレステロールと病気の関連が、人間ほど解明されていません

 

じゃあ犬にはオメガ―3脂肪酸を与えても意味ないの?

 

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

実際に以下のようなケアのために、利用されることが少なくありません。

  • 皮膚の健康維持
  • 関節の健康維持
  • 腎臓の健康維持

 

 

スポンサーリンク

オメガ―3脂肪酸の多い食品

 

すごく大切な栄養成分なのね。どんなものに多く含まれるの?

 

身の回りでオメガ―3脂肪酸が多い食品としては以下のようなものが挙げられます。

  • アマニ油、エゴマ油
  • 魚(特にさんま、いわし)
  • 大豆

 

実際に100gあたりのオメガ―3脂肪酸の量を見てみます。

比較対象として卵やキャベツなどもいれてあります。

 

食品名 オメガ―3脂肪酸の量(g)
えごま油 58.31
あまに油 56.63
大豆油 6.1
さんま 5.59
いわし 2.24
大豆 1.54
あじ 1.05
サケ 0.92
オリーブ油 0.6
ごま油 0.31
まぐろ 0.21
ごま 0.15
0.17
牛肉 0.03
キャベツ 0.01

 

オメガ―3脂肪酸の摂取量を増やしたいときはエゴマ油やアマニ油、もしくは食品であればさんまなどを利用するといいですね。

 

でも犬が病気だったら、他の栄養バランスも気をつけないといけないんじゃない?

 

確かにその通りで、オメガ―3脂肪酸がガンなどのいろんな病気の時に効果があるといっても、それ以外の栄養バランスも重要です。

実際にエゴマ油やアマニ油はカロリーが高くなりますし、さんまなどの魚でもタンパク量やミネラル量が高くなります

 

そういった場合には、上記のような「食品」でなく「サプリメント」を使うことも可能です。

動物の世界ではオメガ―3脂肪酸のサプリメントとして「アンチノール」が有名です。

興味のある方は、以下の記事もあわせて読んでみてください。

参考記事

【アンチノール】どんなサプリ?口コミは?ペット栄養士が解説。

 

本記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-サプリ, , フード

Copyright© ペットのモノシリ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.