フード お役立ち

【大型犬の子犬限定】食事で知らなきゃまずい常識あります

 

大型犬を一度飼いたい方もいるでしょう。

ただ現在は小型犬を飼う方が圧倒的に多いため、大型犬に向けた情報がとても少ない状況です。

実はフードにおいて、大型犬の子犬は小型犬・中型犬とは違う、特殊なものが必要です。

解説していきます。

 

大型犬の子犬と小型犬・中型犬の子犬の違い

そもそも、どれくらいの体重が大型犬に該当するのでしょうか?

実はこれには明確な規定がありません。

一般的には、20kgを越えるものが大型犬として扱われることが多いです。

 

そして意外に思われるかもしれませんが、大型犬の子犬は、小型犬・中型犬の子犬に比べて成長のスピードがゆっくりで時間がかかります。

小型犬・中型犬の子犬

→生後10か月から1年で成長が止まる(成犬になる)

大型犬の子犬

→生後1年半くらいで成長が止まる(成犬になる)

 

寿命は大型犬のほうが短いです。

それなのに成犬になるのは大型犬のほうが時間がかかるんですね。

 

大型犬の子犬に必要な食事

正確には体の成長にはすべての栄養素が大切です。

ただその中で、「子供の時はカルシウムを多くとったほうがいい」という刷り込みが私たちにはあります。

また体を大きくするために、「フード自体もたくさん与えるほうがいい(カロリーを摂らせたほうがいい)」という気持ちも起こりやすいです。

ですが大型犬の子犬の食事では、それはNGです。

 

大型犬の子犬では、以下のような栄養バランスのほうがよいのです。

カルシウムは控えめに与えたほうがいい

カロリーも控えめに与えたほうがいい

 

大型犬の子犬がカルシウムを摂りすぎると、「発育期整形外科不全」になってしまう可能性があります。

上でも書きましたが、大型犬の子犬の成長はゆっくりです。

骨もゆっくり成長していきます。

骨が成長途中の段階でカルシウムを多く摂ってしまうと、骨が無理に固まる(成長がとまる)ようになり骨が変形するリスクが出てくると言われます。

またカロリーを必要以上に摂らせすぎることによっても骨の負担が高まります。」

ポイント

発育期整形外科疾患は、遺伝的な要因が主だと言われており、栄養は環境的なリスク要因です。

 

大型犬の子犬の食事のポイント

  • カルシウムは控えめ。サプリや牛乳なども✖
  • カロリーも控えめ。

 

注意ポイント

控えめ、与えすぎないとは、

「体重1kgあたり」に与える量が、小型犬・中型犬より少ないという意味です。

1日トータルでの摂取量(絶対量)はもちろん小型犬・中型犬より多くなります。

 

それだけ聞くと「じゃあどうしたらいいの?」と思う方もいるかもしれません。

ただあまり多くはないですが、「大型犬の子犬用のフード」もいくつか販売されているので、それを選ぶのがよいでしょう。

以下は、個人的にも信頼しているメーカーのメジャーな商品です。

 

\ ニュートロ /

 

\ ヒルズ /

created by Rinker
ヒルズ サイエンス・ダイエット
¥17,922 (2023/01/30 16:40:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

\ HAPPY DOG /

 

本記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-, フード, お役立ち

Copyright© ペットのモノシリ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.