コロ助・ピー子のコンビが情報をおとどけ!

ペットのモノシリ

ペットフード 病気

【2019年版】猫の糖尿病フードはこうやって選びましょう。

更新日:

 

こんにちは!

ペット栄養管理士のピー子センパイです。

 

ピー子センパイ
どうしたコロ助。今日はなんだか元気がないね。
ぼくの数少ない猫ともだちのミャー助が糖尿病になっちゃったんだって。
コロ
ピー子センパイ
そうだったんだ。それは大変だったね。

確かにミャー助はちょっと太り気味だったもんね。

それがかわいいところだけど・・・

太ってるのが関係あるの?じゃあ僕のパパもやばい?
コロ
ピー子センパイ
犬はそれほどでもないんだけど、

猫の肥満は糖尿病になりやすくなることが分かってるんだ。

 

つまり猫の糖尿病は食事内容、フードのチョイスがとても大事ということです。

こちらの記事で猫の糖尿病のフードについて、その道10年以上の私が解説していきます。

 

猫の糖尿病の原因

糖尿病を図解するとこんな感じです。

糖尿病には1型と2型があります。

 

1型糖尿病

血糖値を下げるインスリンが出ない、または量が足りないことで起こる糖尿病。

 

2型糖尿病


インスリンは出ているが、インスリンが何らかの理由で効きづらくなることで起こる糖尿病。

 

猫は2型糖尿病が圧倒的に多いです。

そしてインスリンが効きづらくなる要因としてもっとも多いのが「肥満」です。

また高齢になることによってもインスリンが効きづらくなるのが猫です。

年齢はどうすることもできませんが、肥満はフードでコントロールできます。

糖尿病のことを考えれば、

糖尿病になる前にきちんと体型を維持しておいたほうがいいですね。

 

 

猫の糖尿病にはどんなフードを選べばいい?

薬などを使わずフードの管理のみで糖尿病をコントロールできる猫も多いです。

猫の糖尿病に置いてはフード選びはとても重要です。

猫の糖尿病を治療するうえでは2つのポイントがありますので解説します。

ちなみにまずは先に「猫の糖尿病用のおすすめフードを知りたい」という方は

こちらの記事を先にご覧ください。

【猫の糖尿病フード】獣医師たちが選ぶ・効果のあるフード3選

 

食物繊維の多いもの

食物繊維は食後の血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます

それによってインスリンの節約にもつながります。

また太っていたことによって糖尿病になっているケースでは、

ダイエットにもつながるため一石二鳥です。

 

注意ポイント

多ければ多いというものではありません。

多いことによって便秘になったりビタミンの吸収不足になったします。

糖尿病用に作られたフードを選ぶべきです。

 

タンパク質はやや多め

フードの中のタンパク質の比率を高めることも

食後の血糖値上昇を抑えることにつながります。

ただし、腎臓病などを併発しているケースではあまり増量しないほうがいいでしょう。

猫の慢性腎臓病についてはこちらの記事で解説しています。

 

 

猫の糖尿病フードのおすすめの与え方

上記のようなフードを与える際は可能な限り以下の2点を実践しましょう。

1日量をこまかく分割して与える

できるだけ時間は等間隔で与える

 

現実的には

8時間間隔で1日3回、できても6時間間隔で1日4回くらいがいいところでしょう。

ただより細かくできるのであればそれがベストです。

このようなやり方を「少量・頻回・等間隔」といいますが、

少量・頻回・等間隔であればあるほど血糖値の上昇は抑えられます

仮に糖尿病用のフードをあげられない事情があったとしても、

少量・頻回・等間隔であればある程度血糖値の上昇が抑えられるという研究もあります。

 

 

猫の糖尿病のフードのまとめ

 

猫の糖尿病フードまとめ

  • 食物繊維の多いフード
  • タンパク質もやや多めのフード
  • フードは少量・頻回・等間隔で与える

 

上記3点を実践していけば猫の糖尿病はかなり楽に管理できます。

1頭でも多くの糖尿病の猫ちゃんの治療のお役に立てば幸いです。

こちらの記事では猫の糖尿病フードのおすすめ商品も紹介しています。

-, ペットフード, 病気

Copyright© ペットのモノシリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.