コロ助・ピー子のコンビが情報をおとどけ!

ペットのモノシリ

雑学

ビーグルのかわいさが分かる象徴的エピソード(写真、動画付き)

更新日:

created by Rinker
¥1,730 (2019/08/23 10:17:26時点 Amazon調べ-詳細)

こんにちは。ピー子センパイです!

 

私は過去2頭のビーグルを赤ちゃんから育てました。

ほかの犬種(柴犬やシュナウザー、ラブラドールなど)も飼った経験はありますが、ビーグルほど「おもしろい」犬種はいないなーと思っています。

 

「おもしろい」はもちろんいい意味です!

 

今日はビーグルらしさを、かわいいエピソードを交えながらご紹介していきます。

 

 

泥棒ばかり

ビーグルといえばやっぱりこれでしょう。

ビーグルの代名詞は「泥棒」です。

 

ビーグルのすぐれた能力

するどい嗅覚

アナグマ狩りに使われていたことからもわかる「獲物への執着心

人が持っているタオルにかじりついてそのままぶら下がれる「咬む力

地上70㎝くらいはいける「ジャンプ力

 

これを見ていただければ、いかにビーグルが泥棒向きかわかっていただけるのではないでしょうか。

台所に片隅に落ちている料理のごみを見つけ出したり、届かないように高い所に置いてある食べ物をジャンプ一番とってしまうなど日常茶飯事です。

ひどいとドッグランや散歩中に、他犬の飼い主さんのおやつを盗むこともあります。

 

ビーグルオーナーは一緒に暮らしていくのは常に「油断大敵」なのです。

それができないようであればビーグルオーナーは務まりません!

 

 

散歩が気分しだい

気まぐれなのもビーグルのいいところです。

基本的には人が喜ぶツボを確実におさえており、かまってほしいときは存分に発揮してきます。

しかし気分が乗らないときは、まったくといっていいほどさっぱりしています。

 

うちのビーグルは冬の朝の散歩は起こすのが本当に大変でした!

たいていはリードを見せればケージから喜んで出てくるのですが、冬の朝はテコでも動きません。

呼びかけても起きない、リードをつないでも起きない・・・

おやつを見せて「仕方ない。起きてやるか」といった具合です。

こちらがその動画です。

 

 

冷たい足はこうやってあっためる

冬の散歩は犬も寒いです。

ちなみにわたしの家は北海道にあるので一段と寒いです。

よく犬がストーブの前に居座っている光景も見るのではないでしょうか。

かわいい光景ですよね。

 

ただビーグルはさらに一歩上を行きます。

散歩から帰ると、人が座っている膝の上にのってオスワリをします

 

え?おりこうさんですって?

 

だまされないでください!そうではありません!

彼らは肉球を人間におしつけ、人の体温を利用して足の裏を温めているのです!

 

 

たいして寒くない日はこんなことをしませんから、あたためるために座っているので間違いありません。

ほんとかしこいものです。

またこれも人間が喜ぶツボだとわかっているため「一石二鳥」の精神でやっているのかもしれません。

 

 

口の周りが赤くなった理由

冒頭にビーグルの嗅覚がすぐれていることと、食べ物への執着心が強いと書きました。

ですのでビーグルの散歩は常に「食べ物のニオイはないか」のパトロールになります。

必然的に散歩中は常に下を向いて歩いています。

ほんと、大げさでなく「常に」です。

 

うちのビーグルはそれでアスファルトに口をすりすぎて赤くなり、ちょっとだけ出血したことがあります。

その時の画像がこちら。

 

ヒリヒリ痛そうなのが伝わるでしょうか?

体の痛みより食べ物をとる

それがビーグルの生きざまです。

 

 

バイバイがいちばん嫌いな言葉

きまぐれで食べ物第一のビーグルですが、愛嬌たっぷりのところもあります。

飼い主がいなくなる、見えなくなるのを極端に嫌います。

うちのビーグルが2階にいるときに、

1階からわたしが「バイバーイ」というと

 

ドドドドドドドッ!

 

とものすごい足音を立てながらとんできます。

 

また彼が台所で食べ物を探しているときに、私がリビングのカーテンの陰に隠れて

「バイバーイ」

というとこれまた急に不安になって探し回ります。

 

食べ物も欲しいけど飼い主にもそばにいてほしい、という自分の欲に忠実なのがビーグルです。

他人にどう思われようが関係ありません。自分の希望を常に押し通してきます。

サラリーマンのわたしとしては、そんなところが逆にうらやましくなったりするんだよなー・・・

 

 

いかがだったでしょうか?

世の中にはたくさんの犬種がいて、それぞれがそれぞれのかわいさを持っています。

元気な子、おりこうな子、おくびょうな子、など十人十色です。

そんな中わたしはこのビーグルの天真爛漫さが大好きです!

きっと生涯ビーグルにかかわって生きていくのではないかと思います。

 

特に意味のある記事ではありませんが、このビーグルの良さに共感していただける方、ビーグル飼ってみたいなーと思ったかたはぜひいいね!またはシェアをいただければ嬉しいです!

またコメントもお待ちしております!

 

-, 雑学

Copyright© ペットのモノシリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.