TOPペット栄養管理士によるお役立ち情報

ペットのモノシリ

グッズ

ペットの便利な洋服3選。必ず着せなきゃいけないことも?

更新日:

Sky-High / Pixabay

 

ペット業界10年・1000人以上の専門家とお仕事をしてきたピー子センパイです。

タイトルにもありますが、そもそもペットに洋服は必要なのでしょうか?

 

正直なところこれには答えがありません。

個人的には外へのアピール、インスタ映えも狙って着せることに大賛成なのですが(笑)、

生物学的には必要だと言えば必要ですし、必要ないと言えば必要ありません。

もともと10年以上前までは洋服を着ている犬猫はほとんどいませんでしたが、それでも全く問題なく生きてこれました。

ですので個人的には「飼い主側の愛情表現のひとつだなー」ということと、「ペットメーカーのやり方のひとつだなー」思っています。

 

いや、正確には「思っていました。」ですね。

 

ペット業界で過ごすうちに、たくさんのペット用の洋服(ペットウェアのカテゴリー)に触れてきました。

そこで個人的に思う便利なアイテムと絶対に服を着なければいけないケースをご紹介します。

 

ペットウェア便利な3タイプ

①保冷剤が入れられるタイプ

最近は夏の気温が猛烈に高くなりますよね。

人と同様もちろんペットにも熱中症があります。(熱中症については別の記事で書きます)

熱中症対策に今まで私は「人用のバンダナに保冷剤を入れて、ペットの首に巻いて散歩に行く」ということをしていました。

ただ最近は保冷剤が入れられるポケットがいくつかついた洋服が出ていますね。

これであれば体全体を効率的に冷やすことができるのでとてもいいですね!

 

②ダウン生地でできたタイプ

①の反対で、厳しい冬に重宝するアイテムですね。

これに犬が慣れると「これ着ないと散歩に行かない!」なるケースもあります。

また寒さに弱くなって「散歩行きたくないよ~」というのもあるそうで、こうなると困ったものですね。

(飼い主からするといいこと?笑)

 

③レインコートタイプ

おそらく時代的に犬の洋服のスタートはこのレインコートだったのではないでしょうか?

雨の日、雪の日の散歩から帰った時の体のふき取りはなかなかストレスのたまるものです。(特に大型になればなるほど)

このふき取りの手間を減らすためにできたのがレインコートでした。

今ではフード付きタイプ、足まで覆うタイプなどが出ており、さらに便利になりました。

飼い主が使う傘とおんなじデザインにしたりすると、雨の散歩も少し楽しくなりますね!

congerdesign / Pixabay

服を着させる、慣らすには?

便利ウェアを紹介してきましたが、もともとは犬猫には服を着るという概念がありませんのでイヤがる子もいます。

むしろ最初はイヤがることの方が多いのではないでしょうか。

そこで強引に着せようとするとその後着てくれなくなってしまう可能性もあります。

慣らすにはステップ、時間が必要です。

 

①服を「見る」ことに慣らさせる

リビングに置いておく→ケージの中に入れる→エサで誘導し服をまたがせる

というふうに少しずつ身近にしていきます。

そこで「この服は怖いものではない」という記憶をつけさせます。

 

②服を「触る」ことに慣らさせる

①ができたら次は服に触れることに慣らさせましょう。

足でタッチさせる、背中に触れさせる、とします。

その都度ごほうびでおやつを与えていくと「この服に触るといいことがある」という記憶をしてくれます。

 

③実際に着させる

それぞれの足ごとに、洋服の足の部分に足を通してみる、おなかの部分を覆ってみるという風に部分ごとに着させる練習をします。

その都度またごほうびを使いましょう。

これに慣れたらもう着ることにはほとんど抵抗を示さないでしょう。

 

以上が簡単なステップです。

小さなころからやっておくとより着させるのが簡単になります。

 

 

【番外編】洋服が必ず必要な犬?

盲導犬(目が不自由な方のアシストをする犬。道路の段差や信号を飼い主に伝える、など)

聴導犬(耳が不自由な方のアシストをする犬。やかんの音などを飼い主に知らせる、など)

介助犬(体が不自由な方のアシストをする犬。飼い主が落としてしまったものをひろう、など)

 

これらは補助犬と呼ばれますが、洋服を着ているのを映像などで見たことがある方も多いと思います。

これは必須ではありませんが、利用者の方が外出中の施設などで「ほかの方に毛が舞わないように」という配慮で行っています。

また仕事中であることを外の方に分かってもらう、雨や汚れなどが体につかないようにする、という意味もあります。

私も仕事柄、補助犬とも接することがありますが、補助犬たちが仕事上のハーネスや服をつけたときにはいつも感動します。

普段はどこにでもいるやんちゃなわんちゃんたちが、それを着た途端180度仕事モードに変身し飼い主さんたちを支えていくからです。

楽しいことも、大変なことも支えている、それが補助犬たちです。

まだまだ認知度が低いですが、ボランティアや寄付、イベントへの参加などいろいろな関わり方があります。

また補助犬については別の記事でも紹介させていただきますが、以下のリンクもご覧になってみてください。

http://www.hojyoken.or.jp/

 

最後は洋服と少し違う話になりましたが、

少しでもお役にたつようであればシェアお願いします。

 

-, グッズ

Copyright© ペットのモノシリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.